July 27, 201517:30懲りずに今年もフィルムフェスティバル!
Comments(0) ピリ辛スタッフのひとりごと 
「9月開催決定!第2弾ニュージーランド縦断弾丸ツアー」只今ご予約受付中
今回は10名様限定のため先着順とさせていただきます。
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
みなさん、こんにちは
【ピリ辛留学】のマダムことAKIKOです。
今週はいかがお過ごしですか

今年も例年どおり懲りもせずNZIFFに通っている私です
(New Zealand International Film Festivalのことよん)
例年だと7〜8本かる〜く観ているのですが
今年はこれだ!というのがあんまりなくて
いまんとこ3本どまり。あと数日でclosing nightになるっていうのに・・゜(´Д`)゜。

日本の映画「海街Diary」 英語タイトル「Our little sister」も
みてきましたよ〜
私は日本の映画を英語字幕で読むのが結構お気にで
自分だったらこんな風に訳すかな〜と
ちょこっと考えながら観ているんですが(暇ですかね)
結構いろいろ勉強になってよかったです

そして例年日本語ができる外人のお友達と日本の映画を見るのですが
やっぱり長女役の綾瀬はるかは綺麗だ・・といっていました
でも彼氏役の堤真一はカッコ良くないよ・・って
(私は個人的に好きですけどぉっ)

映画をみていて思うのは、言葉や文化は違っても感情はシェアできるということ
やはり心温まるシーンではみんなジーンときているようだし
悲しい場面ではそろって鼻をすする音も聞こえてくる
誰が教えるわけでもないけど感情って万国共通な一面があるんですよね

よく生徒さんに英語ができなくても頑張ればコミュニケーションはとれる!というのですが
これも「相手を知りたい」「知って欲しい」という気持ちがあれば伝わるもの。
言葉ももちろん大事だけれど、言葉以上に気持ちは大事なんですよね。

・・とまぁ、つぶやいてみたものの
正面に座っているDr.Kと横に座っているFred氏にも
好きな映画を聞いてみました。

Dr.K 邦画部門 輝く1位は 武士の一分
     洋画部門はバグダッド・カフェ

わぁ〜、バグダッド・カフェ私と一緒ですね〜!といったら
ふんっ、世代が一緒なだけだよ・・・って オチはそこですか〜〜〜
でも、はい残念ながら確かに世代一緒です

そしてわれらが癒しのFred氏は
洋画部門 Before Sunrise
邦画部門 鮫肌男と桃尻女だそうです
名前が何だか妖しいと思いつつ、今度チェックしてみよう〜っと!

ではみなさんごきげんよう

index2






---------------------------------------------------------------------
女性のためのピリ辛留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

コメントする

名前
 
  絵文字