March 21, 201614:14ロードオブザリングス・ホビットン村ロケ地ツアー
Comments(0) ニュージーランドの魅力 
「説明会開催・東京6/5日(日)、大阪6/4日(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは、Dr. Kです。
先週日本から帰ってきました。

寒かったな・・
Dr. Kが日本をでたら急に温かくなったみたいで、
なんかちょっと損した気分です。

さて先週末、激辛コースの生徒さんと
ロードオブザリングス・ホビットン村ロケ地を訪れました。
長年オークランドに住んでいるにも関わらず、、
実は初めての訪問だったんです。

ロードオブザリングス1、2、3、ホビットンもすべて鑑賞して、
大ファンではあるのですが、
映画村はまあ精々ホビットンの家が2,3軒残してあって、
記念撮影するぐらいかなと思ってたのですが
ナメてました・・・・

結構スゴかったです。

ホビットン村ロケ地ツアーは1時間30分くらいの長さで、
ガイドさんが映画のセットを見せながら、
撮影の裏話を面白おかしく話してくれて、
なるほど〜〜っていう話題が満載。

44のホビットンの家のセットが残されていて、
というか、映画の中でも44軒もあったなんて記憶してないけど・・・
とにかく、すべてがリアルでした。

ほとんどのセットは入り口だけの作りでしたが、
下の画像は主人公のフロドの家で、
この中で30名ほどのキャンストと撮影クルーが入って実際に撮影された家です。
フロドの家










実は、今でも監督のピーター・ジャクソン氏がゲストハウスとして使っていて、
家族や友人を呼んでパーティーを開いているとのことでした。

他のセットは大体、下記の画像のように
例の丸いドアの玄関でホビットン使用の小さな作りになっていて、
映画のシーンを彷彿させるます。
hobbitの家










下は、The Green Dragonです。
映画の中では、ホビットン達の溜まり場のパブです。
現在もパブとして使われています。
The Green Dragon










ツアー参加者には最後に
このThe Green Dragonでビールかジンジャエールのサービスがあり、
激辛コース参加者の3名も、
英語でドリンクのオーダーをしてみたり、
バーテンダーの女性に質問してみたりしていました。
The Green Dragon パブ 飲み物










The Green Dragonの内部は非常に重厚な作りで、
とても映画のセットのために作られた建物には見えないです。
The Green Dragon内部










ガイドさんの話によると、ロードオブザリングス1作目のときは、
やはり簡素な建物でいかにもセットという感じだったのですが、
映画が大ヒットした後、この映画村の設立を見据えて、
すべてのセットをしっかりした建物に建て替えたそうです。
The Green Dragon パブ










The Green Dragonの前は小さな池になっているのですが、
その畔には、本物の水車小屋が建っていました。
これがまたかわいい感じです。
水車小屋










ホント、ここはロードオブザリングスのファンにはたまらないところです。
オークランドから車で2時間ほどのMATAMATAという街の近くにあります。
是非、一度行ってみてください。
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

コメントする

名前
 
  絵文字