October 31, 201611:42【元・ピリ辛留学生】NZに住むことになるまで
Comments(0) モチベーションUP 
「説明会開催・東京11/13日(日)、大阪11/12日(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
はじめまして&こんにちは。
ピリ辛卒業生のRyokoです。

2009年に初めてピリ辛留学を利用させて頂いて、早6年。
今ではすっかり(と言っていいのか?)、オークランドに定着してしまいました。

その時は【激辛コース】を利用し、約9日間の滞在だったのですが、
ピリ辛で出会ったたくさんの人たちに刺激され、
2013年、今度はワーホリビザでピリ辛にもう一度お世話になりました。

留学会社の選択って、すごく大事な第一歩だと思うんです。
「どの会社」を「どうやって」選ぶのか。
この「どうやって」という部分が、とても難しいと思います。
予算の都合、サポートの内容などなど。

名前のとおり、「ピリ辛」なサポートをしてくれるこの会社は、
その分(いや、多分それ以上)の達成感を味わわせてくれました。

忘れもしません。
「じゃあ、今から道行く人に時間を聞いてきてくださーい」
と言われ、外にほっぽり出されたあの寒い日のことは(笑)

サポートというと、「困った時に助けてくれる」というイメージを持ちますが、
ここはそれだけではなかったんです。
もちろん、助けてくれます。
でも、その前に絶対に「自分自身でトライしてみる」というサポートをしてくれます。
これは、私個人としてすごく良いことだと思っています。

だって、誰かの手を借りて解決することは、とても楽だけど、
「成長」とはちょっと違いますよね?

日本語の通じない国に来て、
何もかも一人でやらなきゃいけない状況になって、
でもそれを乗り越えて初めて手に入る「成長」や「自信」


簡単に手に入りそうで、実はそうじゃない。
自分で行動しなきゃ、絶対に手に入らない。

そんなふうにモジモジしている私の背中を、「ドンッ」と押してくれる
そんなサポートをしてくれるのが、ここでした。

そのおかげもあって、
ワーホリ期間が終わっても、私はこの国に残れている・・・
そんな感じがします。
IMG_1872


長くなりましたが、
私のニュージーランド生活は、このような感じで最高の一歩を踏み出したのです。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字