May 16, 201710:23シティのど真ん中に、公共の冷蔵庫?!
Comments(0) ニュージーランドの魅力 
そろそろ冬のコートが必要になってきたオークランドから
こんにちは(ご無沙汰です!)
補習講師・Harukaです。

先日新聞記事で見て気になっていた、「Community Fridge」という存在。
そう、訳すと「公共の冷蔵庫」

新聞記事によると、一人の女性の発案で「廃棄処分になる食べ物を少しでも減らそう」
「食べ物に困っている人の助けになりたい」という二つの思いが繋がり、
この冷蔵庫が出来上がったそう。

要は、「余剰の食べ物がある人」がその食べ物をこの冷蔵庫に入れ、
「食べ物が必要な人」がこの冷蔵庫から取っていくという仕組み
IMG_4489

私はこれ、システム的に実現(というより運営)が難しいと思っていましたが、
「とりあえずやってみようよ」と動く人々も、それを許可するオークランド市も
素晴らしいと思いました
IMG_4491

もちろん入れる側の人には、入れていいものなどのルールがあり、
受け取る側の人も基本自己責任で「◯時間以内に食べてください」などの
お願いも存在します。
IMG_4490

これってよく考えたら、オークランドが安全で、これを利用する人々が
「ちゃんと大人」であるという証明。
いたずらをする残念な人や、いちゃもんをつけるクレーマー、
常識から大きく外れる範囲で重箱の隅をつつくような人が存在したら、
成り立たないシステムですもんね。

環境保護であると同時に、きっと誰かの生活も保護してくれるであろう
このシステム。どうか上手くいきますようにとそっと見守っています


コメントする

名前
URL
 
  絵文字