September 26, 201708:51【総選挙】マリファナ合法化党もございます
Comments(0) 留学生活のネタ帳 
「説明会開催・東京11/12(日)、大阪11/11(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
Daylight savingsが始まり、日本との時差は4時間になりました
そんな春を迎えている南半球で、アムロスを感じている補習講師・Harukaです

さて、日本では衆議院解散が大きなニュースとなっていますが、
先週末のニュージーランドではGeneral election(総選挙)投票日でした
IMG_7168

ニュージーランドの議会は任期3年、一院制の定数120人となっています。
そして、小選挙区比例代表併用制という、文字で見るとなんのこったいという制度が
取られていますが、これは英語でMixed Member Proportional Representation=MMP
と言います。英語の方が意味的にはむしろ分かりやすいかもしれないですね。
説明は英語ですが、絵で分かりやすくシステムを解説している動画がここにあります。

上記のシステム、正直かなり分かりづらいです。
また、よくこれを理解している人は「本当に支持するのは◯◯だけど、
××に勝たれることを避けたいので、△△に投票して××の勝利を阻止する」
みたいな戦略を言います。正直「ほ〜う」な意見しか言えない自分が
情けないですが、私はシンプルに支持政党と、支持する地域の代表に入れました

今回は国民党(National party)と労働党(Labor party)の激戦で、
辛勝したのは変わらず国民党でした。ただ、これも議席過半数に達さず。

そして注目すべきは、日本に比べて投票率の高さ。
今回はなんと78.8%だったとのこと。

争点はやはり「不動産価格の高騰」「移民の数」「子どもの貧困問題」だったかと思います。
特に先の2点に関しては、ここのポリシーがどうかでもう支持政党が決まるというくらい、
大きなポイントになりました。
(まあここ数年の選挙は同じような争点なんですが

また、日本人として驚くのはAotearoa Legalise Cannabis Party(マリファナ合法化)
があったりするところ。政党のロゴがマリファナの葉っぱそのものっていう
IMG_7168

そんなこんな大盛り上がりのうちに、今回の選挙も無事投票終了です
IMG_7174













コメントする

名前
URL
 
  絵文字