May 23, 201810:28ダンスの力
Comments(0) 英語・English★ 
「7月ピリ辛留学説明会(無料)」ご予約受付中
今回は<東京・新橋><大阪・堺筋本町>の会場にて行います
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
久々の登場、Dr.Kです。

今日は、現在、キラペラ親子留学に参加している関西からお越しのO. K様からレポートいただきました。

以下O K様のコメントです

もともと人見知りでシャイな娘が
唯一ダンスだけは彼女の自己表現として誇れるもの
当初親子留学を決めた時にも難色を示し、
ダンスできる環境を準備するということでようやく納得した彼女

今年はこちらのダンスチームのオーディションに合格し
これまで以上にダンス漬けの日々
先日のホリデー期間は朝から晩まで
丸一日トレーニン
ダンス1







私は送り迎えのみ、もちろん日本人は彼女1人
気づけば英語力が自然と身につき
自己主張しないと気付いてもらえない環境に
どんどんたくましくなってきました

分からないことは自分で質問し解決する
チームのメンバーにフォーメーションの動線で注意してほしいことは自ら伝える
反省会で自分の意見を言う
ダンス2







もちろん最初はYES, NOだけ
ジェスチャーや単語だけだったようですし
遠慮して言いたいことも伝えられずにいたようでした

悔しい思いもしたり
意見がなかなか言えないことでメンバーから
キツく当たられたこともあったようですが
好きなダンスだからこそ負けたくない気持ちで食らいつき
勇気を持って自分の殻を破り始めたようで
気づけば英語力も身につき
みんなともしっかりコミュニケーションを
とり自分の居場所を作っていく姿に成長を感じました
ダンス3








大好きなダンスだからこそ
乗り越えた言葉の壁、内気な自
語学留学のおまけで準備したダンスが
いつのまにか彼女の成長を後押ししてくれる大きな軸になっていました

習うより慣れろ、まさにそれでした
これからどんな彼女の成長が見られるか楽しみです♡
ダンス4








以上、OK様のレポートでした。

私も先週、娘さんのダンスパフォーマンスを観に行ってきました。

娘さんが現在所属しているチームは、
ジャスティンビーバーの『Sorry』を踊った『The Royal Family』という
女の子たちだけを集めたダンサーチームで、
そのチームリーダーが、
ダンサー界ではかなり有名なParris Goebelさんという振り付け師の人で、
ジャスティンビーバーの他にもジャネットジャクソン、
ビヨンセといった超有名アーティストのダンスを手がけているそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=fRh_vgS2dFE

----------------------------------------------------------------------
女性のためのピリ辛留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック

コメントする

名前
 
  絵文字