June 20, 201807:54【英語表現】断られない質問の方法
Comments(0) 英語・English★ 
「説明会開催・東京7/15(日)、大阪7/16(月・祝)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
暦の上ではすっかり冬のはずのオークランドですが、
冬らしく寒い日もあれば、びっくりするほど暖かい日もあって、
相変わらず天気予報も外れてばっかりな毎日です

さて、今日は「ちょっとしたニュアンス」のおはなし

ピリ辛留学の生徒さんはホームステイ先での話として
「ホストマザーの手伝いをしたいんだけど、しなくて大丈夫だよと言われちゃう」
という話題が良く出ます。

ホストマザーからしたら、お客様だし、お勉強もあるだろうし・・・
と気を使って断っているのでしょうが、生徒さんの中には
「むしろお手伝いしながら英語とか文化を学びたい」
という人も結構いて。

そんな時のために、「断られにくい」言い方をお教えします
※これで断られてもクレームは受け付けません

「お手伝いしましょうか?」

を言いたいとき、みんながたぶんパッと思いつくのが、

"Can I help you?"

とか、ちょっとステップアップした言い方だと、

"Do you need a hand?"

だったりすると思います。

そして両方とも正解

なーんだけれども、言われる側からすると「そこまで大した手伝いはない」
場合は、つい"That's OK"と断ってしまう感じ。

なんか、こういう質問に対して"Yes, please"と手助けをお願いする場合、
ある程度「がっつり目な規模」のお手伝いをお願いしないと、逆に悪いなって
思うというか。(とても個人的な意見です)

じゃあ「ほんのちょっと」なお手伝いでも、「あ、じゃあお願い!」
と言いやすい、こちらからの質問の仕方って

私が良く耳にするのは、

"Can I please have something to do?"(お願い、何かやらせて〜!)

"(Is there) anything I can do (to help)?" (なにか、私に出来る事ある?)


といった表現

そう、共通するのはどちらも「お手伝いする気満々です」とか
「お手伝いすべきことが存在する」ことを前提とした質問のしかた

こういう聞き方をされたら、聞かれた方も
「じゃあちょっとテーブル拭いてもらえる?」とか、
「そこのケチャップ片付けて」とか、

「手伝いと呼ぶには足りないレベルの小さな用事」もちょちょっと
頼みやすくなるのです

私は友人以外にも、子どもの学校の先生によくこういう声かけをすることで、
「切ったり貼ったり」の気楽なお手伝いをよくさせてもらっています
IMG-1932





コメントする

名前
 
  絵文字