August 09, 201807:16【ビフォー】Max出川になる準備
Comments(0) 英語・English★ 
例年、8月はまだ寒さに震えるオークランドですが、
今年は「あれ、春になっちゃった?」と感じるような陽気が
続いています

さて、【出川イングリッシュ】シリーズも最終回
もういいかげんにしてくれというほど引っ張りましたが、
これで「出川に始まり、出川から脱皮し、英語上級者になる」
の完成系となります

,發Δ覆鵑任發いいら、「実践・ハート」を合い言葉にぶつかってみる

◆屬舛腓辰搬圓討茵廚伴分の口から勢いで出た英語を振り返ってみる

まで来れたら、もう一息

最後は「未来の実践の場を妄想してみる」

本当に目につくもの、頭にパッと思い浮かぶもの、
なーんでも良いのですが、
たとえば「$5」から妄想を広げていくとして・・・

●友達に・・・「$5貸してもらえるかな?」
⇒"Can I borrow $5?"かな?
⇒"Can you lend me $5"だと同じかな?
日本語だと「$5ある?」って聞き方もするけど、
⇒"Do you have $5?"だと「貸してほしい」って伝わるかな?

じゃあ・・・
●「日曜までに絶対返すね」って付け加えたいな。
⇒"I will return it by Sunday"かな?
⇒"I will pay you back by Sunday"の方がお金の話っぽいかな?
「絶対」の部分を強調したいから・・・
⇒"I will definitely pay you back by Sunday"がいいかな?
⇒"I promise to pay you back by Sunday"とかも約束っぽくていいかな?


という風に、自分の中で連想ゲームを続けていって、
ひとつのシーンの中でも「これ言えるかも」「こっちの方がいいかも」
と、できる限りのアイディアを出していって、
自分の中で「よしこれだを選抜するのです

その選抜された言葉を実践の場で使い、相手の反応や返答を見ながら
「あれ、ちょっと違ったかもとか
「すっごいスムーズに伝わった〜を繰り返し、
どんどん自分の英語に磨きをかけていけば、
日々の生活を変えることなく、確実に、しっかりと、英語力は伸びて行くのです

これは私が英語でも日本語でも、日々実践しているトレーニング
日本語だって「あの敬語おかしかったかもな・・・」とか、
「あのメール、こういう言い回しが適切だったな」とか、
勉強しなきゃいけないこといっぱいなのです
(その前にブログの文章どうにかしてくれというご意見、ごもっともです

今日も出川化すべく、熱くいきます



コメントする

名前
URL
 
  絵文字