October 11, 201814:42【カタカナ英語】意味の違いに要注意!
Comments(0) 留学生活のネタ帳 
「説明会開催・東京11/18(日)、大阪11/17(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
こんにちは。
夏時間が始まり、一日がちょっと長くなってウキウキしています

さて、今日は聞いていて「おっと!」と思ったことについて。

私たちは日々、日本語の中にもカタカナ語をいっぱい使っていて、
それは時代の移り変わりと共に、割合も種類もどんどん増えている気がします。

でもだからこそ、落とし穴はいっぱい

"I like your style!"(あなたのファッションいいね)と言われた友人が、
"It's just rough."と答えていて、言われた相手は「???」。

日本人の私は「ただラフな格好なだけです〜!」と謙遜したかったのは
分かるけど、roughは英語で「乱暴」とか「雑」という意味なので、
ファッションの話をするときには使いません。

あとあるあるなのが、「(携帯に)メールするね!」を、
"I will send you a mail."と言ってしまう人が多いこと

"mail"は英語で「手紙」を意味するので、
「はて?手紙を送ってくれるのかしら?この時代に?」と
相手を混乱させること必須です

「携帯にメールする」は色々言い方ありますが、
やはり一番スタンダードなのは"I will txt(text) you."です。
テキスト=携帯メールなのです。

あと【ニュージーランド(イギリス英語)】で要注意なのが、
「ジャンパー」
そう、日本では肌寒いときに羽織るあのアウターがジャンパーですよね?

でもこっちでは前開きじゃないかぶって着るセーターや上着を、
"jumper"と呼びます。
日本のジャンパーよりも一枚下に着るものが、
NZでのjumperです

**********************

こういったズレってどこで発生するんだろうというのが
今一番の興味です
せっかく日本語に取り入れるなら、意味も正確に持ってきてくれれば、
どっちにも使えるのにな〜といつも不思議に思います

こういった違いも楽しめるようになったら、また別の角度からも
現地生活を楽しめますよね
イラスト 英語 言葉の壁-1-768x543


コメントする

名前
 
  絵文字