December 12, 201806:50【卒業生】帰国、遠恋、結婚、出産!
Comments(0) 留学生活のネタ帳 
さあ、今回のブログは、【ピリ辛留学】卒業生で、
現在はオークランドから南に1時間ほどの町に住み、
3人のお子さん(双子ちゃんも!)の育児に大忙しなCさんが、
育児と家事の合間を縫って、【ピリ辛留学卒業後】について
まとめてくれました

========================================

はじめまして。
私は今ニュージーランドの田舎町で、
NZ人の主人と3人の子ども達と暮らしています。
IMG-4418

私がワーホリでピリ辛留学したのは、かれこれ10年前になります。

留学中は、ホームステイしながら語学学校に少し通って、
その後フラットに住みながらアルバイトしたり、
南島のバックパッカーでエクスチェンジしたり、と一年間満喫しました。

ピリ辛留学も終わりに差し掛かった頃に立てた目標は、
外資系企業で英語を使って仕事をする、ということでした。

とはいえ現実は厳しく就職活動はすごく難航しました。
が、運良く、派遣社員として、とても忙しいアメリカ系の医療機器の会社で、
アシスタント兼翻訳の仕事につくことができました。

私以外の日本人は殆どバイリンガルで、英語で恥ずかしい思い大変な思いも
沢山しましたが、周りの人達に助けられて約3年間働きました。
これが私の日本でのピリ辛留学卒業後です。

そして、ワーホリから3年後、再びニュージーランドに
戻ってくることなったのです。

というのも、ワーホリの最後に住んでいたフラットメイトと、
帰国後も遠距離恋愛
をしていて、何回かお互い行き来したり、
毎日連絡を取り合ったりしていました。

当時学生だった彼も、3年経って社会人になり仕事も落ち着いてきた、
ということで、試しにニュージーランドで一緒に暮らしてみよう
という流れになりました。

私は30過ぎて結婚を意識していたし、上手くいかなければさっさと
別れて帰ってくればいいや
、と思い切って、再びニュージーランドに
渡る決意をしました。

日本でやりたかった仕事もしたし、家族とも濃い時間を過ごしたし、
あまり迷いはありませんでした。

一緒に生活してみてからは、楽しいこともあれば喧嘩も沢山しましたが、
なんとか無事に(?)結婚に至りました。

今はかわいい子ども達三人に囲まれて、忙しい毎日を送っています。

20代後半でピリ辛留学することに決めてから、その時は想像できなかった
ような色んな新しい経験
をして、今に至ります。

あまり深く悩まずに行動してみることが大切かなと思います。
うまくいかないことも多いですが、何かしら次のステップに繋がっていく
気がします。


コメントする

名前
 
  絵文字