ニュージーランドの魅力

June 27, 201811:23【女性首相】出産、そして産休と主夫
PermalinkComments(0)
「説明会開催・東京7/15(日)、大阪7/16(月・祝)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
-------------------------------------------------------------------
気温が一桁の朝が増えてきたオークランドからこんにちは

さて、先週からニュージーランドはジャシンダ・アーダーン首相の出産
で祝福ムードに溢れています
Jacinda baby

首相になって、妊娠を公表して、産休に入って、
公立の病院で出産して、なんだか「首相になって」以外のパートは、
普通にお仕事をする女性と同じで、日本人の私からするとびっくりがいっぱい
出産した病院は私と同じ病院!(って、オークランドシティに住む人は大多数が
ここで出産

6週間の産休の間は副首相がそのポジションを努め、
その後は旦那さまが主夫となって主に子育てを頑張るとの事

現職の女性首相が出産するのは、世界で2番目とのこと。

「首相であること」

はもちろんとんでもなく特別なことなんだけど、

「キャリア継続中に出産する」「産休を取る」「復職する」
「お母さんではなく、お父さんがメインとなって子育てをする」


など、「普通の女性たちが直面すること」を彼女がしてみせることにより、
いまでもすでに「子育てしながら働く」「家族ファースト」を実現しやすいNZが、
さらに心地の良い国になっていくことを期待しちゃいます

同時に、彼女は自分の特殊な環境をとても現実的に見ており、
「私には周りの手厚いサポートがあるから、かなりラッキーで特別なケース。
みんなが(仕事と育児を両立させる)スーパーウーマンであるべきとは
思って欲しくない」というような発言も、出産直前にしています。
きっとこういうところも、一般市民の共感を得てるんだろうな〜

そして、NZのこのニュースが日本でも結構報道されたようで。
日本の友人から「天声人語」にも取り上げられていたよ、と聞きました

一部引用すると・・・
【首相が不在となることに、批判の声はほとんど聞こえてこない。
この国には家庭を大切にする価値観と、女性が社会に出るのは当たり前という感覚がある。
二つが組み合わさり、祝福ムードが生まれているのだろう。】


まさに、そういう国なんです

日本にも、こういう「みんなが生きやすい」ニュージーランドのニュースが
伝わって、何か良い変化が起きるといいなあと個人的に思った日でした



May 16, 201710:23シティのど真ん中に、公共の冷蔵庫?!
PermalinkComments(0)
そろそろ冬のコートが必要になってきたオークランドから
こんにちは(ご無沙汰です!)
補習講師・Harukaです。

先日新聞記事で見て気になっていた、「Community Fridge」という存在。
そう、訳すと「公共の冷蔵庫」

新聞記事によると、一人の女性の発案で「廃棄処分になる食べ物を少しでも減らそう」
「食べ物に困っている人の助けになりたい」という二つの思いが繋がり、
この冷蔵庫が出来上がったそう。

要は、「余剰の食べ物がある人」がその食べ物をこの冷蔵庫に入れ、
「食べ物が必要な人」がこの冷蔵庫から取っていくという仕組み
IMG_4489

私はこれ、システム的に実現(というより運営)が難しいと思っていましたが、
「とりあえずやってみようよ」と動く人々も、それを許可するオークランド市も
素晴らしいと思いました
IMG_4491

もちろん入れる側の人には、入れていいものなどのルールがあり、
受け取る側の人も基本自己責任で「◯時間以内に食べてください」などの
お願いも存在します。
IMG_4490

これってよく考えたら、オークランドが安全で、これを利用する人々が
「ちゃんと大人」であるという証明。
いたずらをする残念な人や、いちゃもんをつけるクレーマー、
常識から大きく外れる範囲で重箱の隅をつつくような人が存在したら、
成り立たないシステムですもんね。

環境保護であると同時に、きっと誰かの生活も保護してくれるであろう
このシステム。どうか上手くいきますようにとそっと見守っています


August 08, 201609:00NZ人の新たな生態発見☆Disney On Ice
PermalinkComments(0)
日は明らかに長くなったけど、寒さがちょっと戻ってきた
オークランドから補習講師・Harukaです

さて、昨日は去年9月にチケットを取ってから1年、
待ちに待った「Disney on ice」のイベントに行ってきました

4歳の娘はシンデレラのドレスを着て、生まれて初めてのアイスショー
会場への道のりはドレスアップした子ども達で溢れ返り、不思議な光景でした
IMG_0777

まずイベントが行なわれたのが、国内最大級のイベント会場・Vector arenaということで
開場時間には長蛇の列を覚悟して早めに行ったのですが、

すっごいすんなり入れました。(笑)

やっぱりキウイは「より早く入るために列に並ぶ」ことはしないみたい。

そして、去年行った友人に「グッズ販売あるけど、すっごい高いよ
と聞いていたんですが、高さよりもキウイの散財っぷりに驚き
IMG_0792


だってキウイのみなさんって、普段はお金持ちの人も結構質素な生活をしているので、
「こういうときは大爆発するのねって光景が面白かったです。
IMG_0786


我が家もついついディズニーマジックにやられてしまい・・・
IMG_0794

この光るなんとか、$40弱。

IMG_0788

かき氷が超高級品の$17なり。

その他、ポップコーンがまさかの$16。
金粉でも入ってるのかと思いきや、見つからず。

肝心のショーは、「さすが」の感動。
IMG_0804


台詞も聞き取りやすいし、英語が分からなくてもちゃんと
ショーを楽しめますよ
IMG_0805


そしてもう一つ「キウイらしいな」と思ったのが、観客の大合唱
特にフローズンの「Let it go」は会場が震えてました
私のななめ後ろ辺りのお父さんがほんっきでビブラート聞かせて歌ってるのが
すっごいツボで!(笑) なんか大人も子どももみーんな本気で楽しむって最高ですよね

来年のショーもまた楽しみに、1年頑張ってお仕事します




May 24, 201608:09オークランド上空より10年目のセレブ体験
PermalinkComments(0)
「説明会開催・東京6/5日(日)、大阪6/4日(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは。
好きな食べ物は納豆ごはんと梅干しおにぎり、
補習講師・Harukaです

先日、ご縁あって超豪華体験を出勤前にさせていただきました
ステマとか宣伝じゃないですよ〜。

みなさんは、「Sea plane」って聞いたことありますか
IMG_6561

Viaduct harbourをお散歩したことある人なら目にしたことがあるかもしれませんが、
水上飛行機のことなんです

先日いらしたキラペラ☆親子留学の親子がこれに乗ったというお話を聞いて、
「ううううらやましいと一人震えていたんですが、
そんな私にも乗るチャンス到来

朝11時からとのことでしたが、気合い入りすぎて10時前に到着

でもいいの。
「港沿いで優雅にコーヒーを飲みながらさわやかな風を感じちゃうわたし」
をエンジョイしちゃうもの。ここで主婦くささを抜いていくんだから

と思いきや、コーヒーの蓋がゆがんでいて、その日着ていた白いセーターにボッタボタ
たれていたということに、結構後半になって気付くというアクシデント
IMG_6514

↑犯人このフラットホワイト。

そして11時前に受付に行って、イケメンのスタッフに「名前と体重は?」
と聞かれる、まさかの緊急事態

「私のせいで飛行機が墜落したらどうしよう」と思いつつも、
5キロもサバを読んで申告しちゃったダメ30代女

完全にうそではないの。
だって「I think I'm around.... kg.」って「確かじゃないけど、これくらいかななニュアンスも足しておいたから

序章が長いって
じゃあそろそろいきますか

他に「会社の研修で南島から来て、今日は自由行動だから来たぜ
っていうおじさま4人組と一緒にレッツフライ
IMG_6551

閉所恐怖症の人はたぶん無理

パイロットもこれまたハンサム
もうこの時点ですでに最高じゃないと一人盛り上がる
IMG_6524


今回は40分のRangitoto周遊ツアーで、上空から普段通勤に使っているハーバーブリッジを
見て、その後Rangitotoの火山噴火跡に、Waiheke islandのワイナリーを見下ろして
IMG_6530

IMG_6554


「わたしって、すっごい美しいところに住んでいるんだ
IMG_6547


と、オークランド在住10年目にして自分の幸運に改めて気付く

いやー、ほんっとに素敵な体験をさせていただきました
今年は息子の10歳の誕生日があるので、連れて来てあげたいなあ
上空から見るオークランド、本当におすすめです
http://www.aucklandseaplanes.com/



April 04, 201613:07注目のニュージーランド映画が公開されました!!
PermalinkComments(0)
「説明会開催・東京6/5日(日)、大阪6/4日(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは、Dr. Kです。
です、、食材の宝庫ニュージーランドは
これから柿、栗、
フィジョア(Fijoaとい果物、これはマジでうまい)、
Fijoa






金目鯛、シマアジなど、旨いものでいっぱい

そして、芸術の秋です。

日本の人はニュージーランドの映画を
どのくらい知っているだろう

代表的なのは、「ロードオブザリング」シリーズおよび「ホビット」

日本でも公開され話題になった「クジラの島の少女」
この作品では、アカデミー賞 主演女優賞ノミネートされた。

またあまりニュージーランドでの映画と認識されてないが、
不朽の名作「ピアノレッスン」は撮影からキャスティングまで
ニュージーランド人の手で行われ、
アカデミー賞で主演女優賞、助演女優賞、脚本賞の3部門を制覇。

先日、映画「Orphans and Kingdoms」の公開初日に招かれたので行ってきた。
幼馴染がこの映画のプロデューサーで、久しぶりの再会。
Orphans and Kingdoms










さて、肝心のこの作品ついてだが、
結論から言うと、素晴らしい映画だった。

オークランドからフェリーで40分、ワインの島として知られ、
近年は富裕層の人たちが移り住み、
豪邸が立ち並ぶこの島が舞台。

あらすじは
「ある男が自分の豪邸に帰ってくると、
すでに家に中にいた侵入していた3人の若い男女の暴漢に襲われる。
そのまま拉致された男と暴漢たちのヒューマンドラマがそこからスタートする。
そこには父と子の家族愛や、いじめ、富と貧困など
近年ニュージーランドの様々な社会問題をクローズアップさせたストーリー」

娯楽性は全くない、いわゆるニュージーランドの闇を描いた、
非常に考えさせられる映画だった。

日本のメガシアターではおそらく公開されないとは思うが、
渋谷のBUNKAMURAなどでは、公開されるかも。
その際は是非見ていただき作品です
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

March 25, 201617:1728ミリオンで、いらない国旗売ります。
PermalinkComments(0)
「説明会開催・東京6/5日(日)、大阪6/4日(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは。
大人になったからなのか?この国の政治が分かりやすいからなのか?
NZに来てからは、政治ニュースにアンテナを張るようになった
補習講師・Harukaです

さてさて、もう国中で賛否両論の大嵐を巻き起こしていた「国旗変更問題」
ですが、昨夜最終の国民投票の結果が出ました。

国旗は変更しません

私の周りのキウイたちの意見やSNSでの意見のやり取りを見ていたら
「国旗を変えたくない人たちの意見が優勢?」と思っていましたがやはりでしたね。

このことに関して、一番の議論になっていたことが「国民投票に26ミリオンの予算を
つぎ込んだこと」。

「その予算でもっとできることあるだろう

という声がたくさんあがっていました。

ただそんなことも「過ぎればネタにする」このキウイの国民性。
決してそれを許したわけではないですが、ただでは起き上がらないこの感じ

unwanted flag2

NZのヤフオクとも言える、大手オークションサイト・Trademe
早速ネタとして出品されていました。(現在は取り下げられた模様)

即決価格が微妙に「国民投票に使われたと言われる26ミリオン」
とは違って28ミリオンになっちゃっているのが
「ツメが甘くて残念」と思いましたが、
ま、こんなおっちょこちょいなところもキウイっぽいといえばそうでしょうか

日本ではどのような報道がされたのかな?
私も国民投票に参加しましたが、結局「国旗が変わる気持ち」はなんとなく
はっきりつかめないまま、全てが終わった気がします。

世界のみなさま、お騒がせしました

March 21, 201614:14ロードオブザリングス・ホビットン村ロケ地ツアー
PermalinkComments(0)
「説明会開催・東京6/5日(日)、大阪6/4日(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは、Dr. Kです。
先週日本から帰ってきました。

寒かったな・・
Dr. Kが日本をでたら急に温かくなったみたいで、
なんかちょっと損した気分です。

さて先週末、激辛コースの生徒さんと
ロードオブザリングス・ホビットン村ロケ地を訪れました。
長年オークランドに住んでいるにも関わらず、、
実は初めての訪問だったんです。

ロードオブザリングス1、2、3、ホビットンもすべて鑑賞して、
大ファンではあるのですが、
映画村はまあ精々ホビットンの家が2,3軒残してあって、
記念撮影するぐらいかなと思ってたのですが
ナメてました・・・・

結構スゴかったです。

ホビットン村ロケ地ツアーは1時間30分くらいの長さで、
ガイドさんが映画のセットを見せながら、
撮影の裏話を面白おかしく話してくれて、
なるほど〜〜っていう話題が満載。

44のホビットンの家のセットが残されていて、
というか、映画の中でも44軒もあったなんて記憶してないけど・・・
とにかく、すべてがリアルでした。

ほとんどのセットは入り口だけの作りでしたが、
下の画像は主人公のフロドの家で、
この中で30名ほどのキャンストと撮影クルーが入って実際に撮影された家です。
フロドの家










実は、今でも監督のピーター・ジャクソン氏がゲストハウスとして使っていて、
家族や友人を呼んでパーティーを開いているとのことでした。

他のセットは大体、下記の画像のように
例の丸いドアの玄関でホビットン使用の小さな作りになっていて、
映画のシーンを彷彿させるます。
hobbitの家










下は、The Green Dragonです。
映画の中では、ホビットン達の溜まり場のパブです。
現在もパブとして使われています。
The Green Dragon










ツアー参加者には最後に
このThe Green Dragonでビールかジンジャエールのサービスがあり、
激辛コース参加者の3名も、
英語でドリンクのオーダーをしてみたり、
バーテンダーの女性に質問してみたりしていました。
The Green Dragon パブ 飲み物










The Green Dragonの内部は非常に重厚な作りで、
とても映画のセットのために作られた建物には見えないです。
The Green Dragon内部










ガイドさんの話によると、ロードオブザリングス1作目のときは、
やはり簡素な建物でいかにもセットという感じだったのですが、
映画が大ヒットした後、この映画村の設立を見据えて、
すべてのセットをしっかりした建物に建て替えたそうです。
The Green Dragon パブ










The Green Dragonの前は小さな池になっているのですが、
その畔には、本物の水車小屋が建っていました。
これがまたかわいい感じです。
水車小屋










ホント、ここはロードオブザリングスのファンにはたまらないところです。
オークランドから車で2時間ほどのMATAMATAという街の近くにあります。
是非、一度行ってみてください。
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

February 12, 201612:14オークランドのしょぼ水族館が進化した!
PermalinkComments(0)
「説明会開催・東京3月13日(日)、大阪/12日(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは。
ワーキングマザー補習講師・Harukaです。

我が家には9歳と4歳の子どもがいるのでね、
週末は結構子ども中心の行動になるんです。

昨年日本に行ったときは、それはもう色んな商業施設に行きましたが、
品川にあるエプソン水族館にはみんなで感動

だって、オークランドの水族館と言ったら・・・ねえ?
(とうなずいてくれる人たくさんいますよね。苦笑)

しかしつい先日、最近動物への興味が止まらない4歳児を
どこか有意義なところに連れて行ってあげよう!などと思い立ってしまい、
2年ぶりくらいの水族館・Kelly Tarltonsへ。
IMG_5290


中に入って、早速ペンギンコーナーでのひんやり感を満喫。
そうだわ、ここ暑い夏にはもってこいじゃない!と今さら気付いた母。
IMG_5272

こんなにたくさんのペンギンを間近で見られるという点では、
日本の水族館よりイケてるかもしれません!フィーディングタイムも目の前で
お魚を丸呑みする、見た目キュート・食べ方ワイルドなペンギンさんを楽しめます。

そして更に奥に行くと、プレイグラウンドエリアが進化してるー!
色々変わって、前より長い時間をつぶせる楽しめる感じになりました。
だって高い入場料払ってるんだから、ちょっとでも長くいてもらわないと困る。
IMG_5334

水槽に近づいたら巨大なエイに水をかけられて固まる9歳児と、
奥のぐるっと一周、歩くエスカレーターに乗ったままサメもいっぱいいる水槽を見て回れる
エリアにはまった4歳児と、なんだかんだ本気で楽しんじゃった3●歳と
IMG_5298


その後は水族館から比較的近くにある、日本人経営のおいし〜いパンが食べられる
昭和カフェでランチをしましたとさ
http://www.nfield.co.nz/showa.cafe/index.php
IMG_5345


あらら、今日のブログは完全に日記でしたね


February 08, 201613:18コロマンデルのBOYS達はとって優しい!
PermalinkComments(0)
「説明会開催・東京3月13日(日)、大阪/12日(土)」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは、Dr. Kです。

2週連続の3連休、久々にコロマンデル半島に行ってきました。

オークランドとハウラキ湾を挟んで東側に位置するコロマンデル半島は、
青い海と緑の森のコントラストが印象的な自然豊かなエリア。

コロマンデル半島の大部分は原生雨林に覆われ、手付かずの自然が残っています。
また美しいビーチが点在する約400kmの海岸線が、
オークランドやハミルトンなどの都市からアクセスが容易なこともあり、
地元の人に人気の高い観光スポットです。

今回は、連休中日に出かけたので、行きの渋滞は避けられて、快適ドライブ。
一路、whitiangeを目指す。

途中、Tairuaから車で12キロ(約15分)走ったところ、
峠を越え終えて、平らな道になったところで、
なになら、車がいっぱい駐車してある、ガーデンカフェを発見。
時間は14時過ぎになのに、駐車場には20台くらい停車している。

なんだ、ここはと思い入ってみたら、
当たりでした。

"Colenso Garden Cafe"
cafe 看板










ここがEntrance。
cafe entrance










入るとすぐに、ガーデンテーブルが無造作に置かれているが、
とてもガーデンと調和がとれている。
Cafe Garden table












とってもかわいい羊さんがお出迎え。
Cafe 羊










Cafe室内の入口はいくつかあったけど、どうやらここがメインの入口かな。
Cafe










Cafe 机











Cafe コーヒー










ちょっとした、雑貨コーナーもあって、地元のアーティストの絵画クラフト、
オーガニックのジャムなども販売されたいます。
Cafe shop2











Cafe shop1










そして、裏にはとってもキュートなDonkyが
cafe donky













コーヒーもDr. K好みの濃厚かつ旨味があるFlat White。
とってもステキなCafeでした。

車は、さらに北上し、
Whitiangaで宿にチェックイン。
宿の人から、おススメのシュノーケリングポイントを聞いて、
早速、Kuaotunu周辺のビーチを目指す。

このあたりのビーチは、おススメ通り、とってもきれいな砂浜なんだけど、
しかし、あいにく低気圧が通りすぎた後で、
波がちょっと高くて、海面が濁っていたので、
周辺の地形を見ながらシュノーケリングポイントを探していると、
地元のBoys達が声をかけてきてくれた。

Boys達もこの周辺で、
素潜りをしてロブスター、アワビを取り行くらしく、
彼らしか知らない、シークレットポイントを、
なぜかDr.Kに教えてくれた。

Boys達の話をまとめると、
ここから、Black Jack RDをひたすら、行き止まりまで車で行くこと。
そこからは、通行禁止の看板があるが、
実はその先を××××××××××××走り、
××××××が見えたら左折すると
××××××Bayが見ててくる。

そこがまさに地元の人しか知らない楽園。
早速、Google Mapでも探してみたが、
その名の××××××Bayは載ってない。

大丈夫か?
とりあえず、Boys達の言った通りの道順で車を進めてみた。

Black Jack RDは急こう配の狭い道だが、
舗装はされていて、比較的運転はしやすかったが、
突然、舗装は切れて、砂利道に・・・・

うーん、さすがにシークレットビーチ。
なかなか、一筋縄では到達しない目的地。
Dk. Kの冒険魂のアドレナリンの分泌が活発になってきた。

そして、そんな狭い舗装されてない峠道の頂上と思わせる場所に
Look outが
コロマンデル高台










素晴らしいVIEWだ。
ヤバい!
ただ、ここで感動してはいられない。
まだ先に進まなければ。

そして、Boys達の言った通り、
道は行き止まり。

明からに
NO EXIT
DO NOT ENTER
の注意書きが・・・・

目の前の道は、
鬱蒼として森の中。

この先を行くのは、かなり勇気がいる感じ。
どうしよう、やめようかな・・・

イヤ、やっぱり行こう!

そして、進むこと15分
ここはヤバい
Opito Bay










Ooo-La-La

まさかの展開。
今日は、3連休の中日。
どこのビーチも比較的人が多いが、
ここには、地元の人と思われるグループは2組のみ。
す、すごい!!

あのBoys達に感謝。
I love you guys
Coromandel boys
















----------------------------------------------------------------------
女性のためのピリ辛留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

November 30, 201514:37NZ名物マッスルを食す
PermalinkComments(0)
「12月ピリ辛留学 東京・有楽町説明会」ご予約受付中
予約方法・詳しいスケジュールは、こちらのページをご覧ください
----------------------------------------------------------------------
こんにちは
【ピリ辛留学】のマダムことAKIKOです
今週はいかがお過ごしですか?

先日遅ればせながらお誕生日のお祝い!ということで
Green ripple musselで有名なお店
De Postに行ってきました

NZといえばGreen ripple mussle(ムール貝)が有名で
市内にもいくつかお店がありますが
De PostはMt Edenにある人気のお店です

IMG_2147








早速ビールで乾杯!
お誕生日おめでとう〜〜って(Age is just a number よ〜ん)

そしていよいよ待ってました〜よぉっ!
メインのムール貝
今日はブルーチーズソース風味です。
いつもはブルーチーズちょっと苦手なんだけど
こちらは意外にもあっさり。
セロリや香味野菜も入っていてどんどんいけちゃいました

IMG_2150








ちなみに余談ですが、オレンジ色のムール貝は雌で
白いムール貝は♂だそうです。

それから肉肉肉のPlatter

IMG_2149








そしてもちろん、たくさんのベルギービール!!

でお腹もたっぽん、たっぽん、おっと失礼

気がつけば
金曜日の夜もいつしかふけていたのでした

de-post-belgian-beer







みなさんもNZへ来たらぜひMussel召し上がってくださいね
----------------------------------------------------------------------
女性のためのピリ辛留学
ホームページご覧ください
↑ ↑ ↑ コチラ ↑ ↑ ↑ をクリック
-------------------------------------------------------
1日1回、ポチッと応援クリックをお願いします
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ