April 29, 2007

FF12RWと武装錬金と時をかける少女

今日は充実した引き篭もりライフだった。
一歩も外を出なかったんだけどね。
色々やった。
武装錬金を全巻読んで、時をかける少女を見て、FF12RW(ファイナルファンタジーXIIレヴァナント・ウイング)をクリアした。

武装錬金は前から読んでみたかったんよね。
なかなかいい漫画だと思うんだけど、何で打ち切りになったんだろうか?
やはりエロスだろうか?

時をかける少女は、これを大好きな先輩の影響も多少あり是非見たいアニメだった。
これは、あれだね。
甘酸っぱい感じ。
そんで、さわやかな後味の良作だね。

最後らへんの走る描写と、さらに最後の「未来で待っている」あたりのやり取りがもう。
「なんとかするから」が、道具頼みから自分の力で未来を切り開こうと変化したところ。
あれも、なんかハッとさせられました。
あと、エンディングは最凶ね。
あれはやばい。
本編とマッチしてて、別の好きな人ができても……って、アッー!
なんというか、いい時間をすごしたなぁと思った。


そんで、FFね。
なんで、ぜんぜん盛り上がっていないんだろうね?
FF10−2のせいかな?
一通りやった感想では、買いだと思うんだけど。
じわじわくるんだろうか?

シナリオも音楽もドット絵も戦闘も結構自分は好きなんだけどな。
時間は全部で25時間くらいだった。
時間的にもちょうど良いね。
DSソフトだから4000円前半で買えたのもよかった。

というか、FF12よりもFF12RWの方が好きだなと思ったんだが。
これはアレかね。
ある程度制限されていないと自分はだめなのかもしれん。
自由すぎるのも問題だということね。
選択肢が多いと気があっちこっちに行って楽しめないんだよね。
ここら辺に関しては思うところがあるので、明日あたり憶えていれば書いてみようかな。

というわけで、これからシークレットエンディング目指して頑張りますわ。
明日はバイトもあるし、研究室で少しやりたいことあるし脱引き篭もりかな。


ta_ke at 19:06│Comments(2)TrackBack(0)雑記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Aki   May 01, 2007 14:03
武装錬金が打ち切られたときに、僕はジャンプを卒業することを決心したよ。
2. Posted by take   May 04, 2007 23:40
自分はスラムダンクかな。
ジャンプ卒業時のなんともいえない哀愁は、高校卒業に匹敵したなぁ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔