見つめる「わたし」

Love Spiritual Peace(ラブスピース)探究blog
私はこの愛の活動を支援しています。
           Love Spiritual Peace

●告知●イベント情報


新HP公開



wingスピリチュアルカウンセリングのご案内
http://lsp-japan.org/hp/spiritual_counseling.html

wing私たちの使命(ミッション)−全仙−
http://blog.livedoor.jp/ta_manori11/archives/66153933.html

wingスピカフェTV 公開中☆
http://blog.livedoor.jp/ta_manori11/archives/66162319.html

wingラブスピース新HP公開
http://blog.livedoor.jp/ta_manori11/archives/66168191.html






シンクホール(陥没穴)現象

宇宙全史の虚空蔵55氏が『20年後世界人口は半分になる』(初版2014年6月20日)で予言していました。
“陥没する現象が東京の湾岸地域で頻発するようになります。”
“部分的な陥没ではありますが、それでも現在の文明の中心地、東京、パリ、ロンドン、ニューヨーク等はすべて崩壊していきます。つまり、一旦壊滅(機能不全)させられます。”

実際のところ、近年、世界的にシンクホール現象が多発しているようです。

シンクホールが日本にも出現していた!恐怖の穴の原因は!? ナレッジスペース
http://know-space.net/sinkhole.html

下記の記事により、シンクホール現象の原因の有力な説が取り上げられました。

シャンティ・フーラの時事ブログ
シンクホール現象に関する画期的な真実 〜腐敗した政治組織は、シンクホールに飲み込まれる!?〜 2016/04/30 12:36 PM
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=110609
シンクホール(陥没穴)に関する画期的な真実
https://www.youtube.com/watch?v=TLUgEXI9RYI
――――――――――――
“現在の太陽はマウンダー極小期と似た状態にあり、太陽活動が非常に低下している。太陽熱の放射量が減少するということは、地球の上層大気圏に到達する正電荷を持つ陽子の量も減少するということである。
プラスに帯電している上層大気圏とマイナスに帯電している地上の電位差も縮まる。結果として、地球の自転速度が遅くなる。自転速度が低下すると、

卵のように楕円形だった地球が球体のようにより丸くなる。

このような力学的なストレスが加わると、ゆがみを引き起こし、地割れ・空洞・裂罅が生じるのだ。”
――――――――――――

現在、世界中で大地震が発生している要因も、「地球の球体化」が関係しているものと想像がつきます。今後も地震は続くことになりそうです。大規模な地震がいつ来ることになるかというカウントダウンがすでに始まっています。

シャンティ・フーラの時事ブログ
今、最も懸念されている地震発生場所は「四国の北部」。M8震度7クラスの巨大地震が伊方原発を襲う
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/
――――――――――――
中央構造線上で大地震が起こる可能性が指摘されています。京都大学・橋本学教授の人工衛星を使ったGPS観測結果によると、今、最も懸念されている地震発生場所は伊方原発がある四国の北部で、四国南部が一体になって中央構造線の方向に押し寄せ、そこでブレーキがかかっていることから、地下で相当大きなエネルギーがたまっているようです。地震が発生した場合、規模はM8クラスになり、伊方原発に震度7の激震が襲う可能性があるようです。
――――――――――――


こうした地球のエネルギー上昇(アセンションと言えるでしょう)に伴う自然現象によって、宇宙全史(虚空蔵氏)やシャンティフーラ(竹下氏)が指摘しているように、闇の陰始勢力や腐敗した政治組織など、負の要因となる存在達はそのエネルギーに順応することができず、地球にいられなくなるのだそうです。
虚空蔵氏、竹下氏ともに、守護霊団や神々への祈り、愛や平和の祈りを行うことを推奨しています。

内や高次との共同創造が、今こそ必要とされている時はありません。

また、内や高次と共同創造することのできる時代が今まさにやってきたと言えるのかもしれません。

宇宙の事実、霊的な真実を知り、自分たちに今できることを精いっぱい行っていくこと、実践していくことが求められています。

キリスト生誕イニシエーション5

先日ラブスピースの皆で、キリストの生誕を祝うイニシエーションを共同創造しました。

イエス・キリストの生まれた日は、一般には12月25日とされていますが、違う月日ではないかとする様々な説があります。私達も、私達自身の探究の流れやアクセスから適切な日を決め、イニシエーションとしてお祝いをすることとなりました。

霊的にもイエスが辿り生きた証は、とても大きな啓示を与えてくれていますが、イエスをお祝いするというよりは、私達自身のキリストエナジー、一人ひとりに内在する機能を蘇らせていくためのイニシエーションとして創造されました。

世の中で起こる出来事を自分事として霊的にどのような意味が込められているのかの洞察と、メッセージを読み解き、自らの霊的な機能の蘇りを促進させていく。内が望んでいるものへと近づくための私達にできる最大限の動であると思います。

キリスト生誕イニシエーションが共同創造されました。

場が整えられ皆が落ち着いた頃、内に集中していた蓮さんを通して高次からアクセスがあり、多くの内容が伝えられました。

私達に馴染み深い高次からのコングラッチュレーションのメッセージ。

私達が継続していたトーラスイニシエーションの完了。皆が一つとなって歩んできた私達の探究が、多くの山谷がありながらも少しずつ前に進んできていたこと。トーラスイニシエーションが始まってから3年。この道のりは長く感じられたかもしれませんが、高次から見れば非常に短いものだと言います。

今回のイニシエーションは婚姻とも関わっているとも。
キリスト生誕における婚姻。私は、聖婚のことだと感じました。
聖婚(ヒエロ・ガモス)。聖書が存在する以前から、古代において行われていた聖なる婚姻の儀式。神聖なる女性祭祀によって男性は油を注がれ、女性祭祀と結ばれることによって自らが王になる祝杯の儀式。
「油を注がれた者」とは、「キリスト」本来の意味でもあります。
私達はこのイニシエーションを通して、一人ひとりに内在するキリストエナジーを蘇らせることができたのかもしれません。

その後、高次のガイドにより誘導瞑想が行われ、私達は瞑想によって自らの内へと誘われ、イニシエーションのエナジーを受容し、自らのハートにエナジーを浸透させることとなりました。


イニシエーションは、その場、その時の状況だけで創造されるものではなく、一人ひとり各自の探究の状態、プロセスの成果として引き寄せられるものです。
今回、トーラスとの関わりによって誘われたキリストエナジーの蘇り。私達にとってのキリストとは、一人によって為されるものではなく、皆が一つとなって結ばれた霊的複合のエナジーのことを指しているのかもしれません。
この意味は、とても大きなことのように思います。


私達がラブスピースにおいて行おうとしていること。それは、愛に溢れる社会の共同創造です。高次を始めとした内なる存在達と共に調和し、一人ひとりが自らの内なる愛に目覚めてハチドリのひとしずくとなること。

私達は、愛に溢れる社会を創造しています。








 
蓮さんのパートナー 堂禅/龍mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=13992977

堂禅/龍 探究blog
Spiritual diary of Ryu,their day-to-day with Ren.
http://dragon-and-lotus.seesaa.net/
 
全仙mixi
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=4647453

地球人への手紙 アンドロメダ座・アルフェラッツ ――こうした事実に目を背けることなく、目覚めるべき――

 

地球人への手紙:レプティリアン -- アンドロメダ2012年 - 解説
公開元 シャンティ・フーラの時事ブログ

私がラブスピースに接し始めたちょうどその頃、あるサイトから私自身の「魂の故郷」がどこなのかの鑑定をしてもらったことがありました。
その結果は、「アンドロメダ座アルファ星アルフェラッツ」。
アルフェラッツについて書いた日記が以下です。

アンドロメダ座・アルフェラッツ 2006年12月26日23:55
http://blog.livedoor.jp/ta_manori11/archives/51355846.html

魂の故郷と言われるこの星が今の私とどのように関連しているのかについては、正直まだよくわかっていません。
しかし、ラブスピースの探究の流れで最近になってアルフェラッツについて調べてみたところ、冒頭の動画が見つかりました。
「アンドロメダ座・アルフェラッツ」で動画検索するとヒットします。

とても、衝撃的な内容です。しかし私の直感は、これを真実だと感じました。動画の解説文を読むとさらに理解が深まります。
魂の故郷について今となっては、この動画にリンクするためのきっかけだったのではないかと思います。

これらを事実とみることができるか、そして真実であると受け容れることができるか。人それぞれの霊的成熟が、試されます。
しかし私たちは、今後起こりうるシフト、変革に適応していくためには、こうした地球に起こっている霊的出来事をもっともっと知っていく必要があるのだと思います。
これら霊的出来事を知らない受け容れない、霊的盲目な状態にいることは、闇がもっとも望んでいることでもあるでしょう。

今からでも、遅いということはありません。
今だからこそ、知ることができるのかもしれません。
そして、今こうしている間にも、刻一刻と霊的な変化が行われています。

先にお伝えしますが、現在はすでに霊的次元における闇の存在の魂は内なる神々によって裁かれているのだそうです。目に見えない領域において、多くの存在達に守られています。

人はこうした事実に目を背けることなく、目覚めるべきです。
既存の考え方、概念、社会等にとらわれている場合ではありません。
霊性を基調とした社会が、必ず訪れることになるでしょう。
この地球に、人間として生まれてきた意味を、一人ひとりが真剣に学ぶことが大切です。
私もおぼろげながら、ようやくその意味を自覚し始めてきました。

より多くの人々に霊的探究の道を歩んでほしいと願っています。

そして、一緒に、このシフトの時代を乗り越えていきましょう。








Love Spiritual Peace HP (随時更新中)
http://lsp-japan.org/top.html

ラブスピリチュアルピース 一般公開コミュニティできました♪
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6187174
どなたでも参加できます。一緒に探究しませんか?

*dozen/Ren* mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=844204

dozen/ren blog
Lotus Diary〜Ripe Of Source/dozen〜
http://ryu-and-ren.seesaa.net/
 
蓮さんのパートナー 堂禅/龍mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=13992977

堂禅/龍 探究blog
Spiritual diary of Ryu,their day-to-day with Ren.
http://dragon-and-lotus.seesaa.net/
 
全仙mixi
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=4647453

事実を見る、事実を知る、事実を伝える

 
「事実を事実通りに見ること、事実を事実通りに伝えること」
上記の言葉は、蓮さんからのエッセンスです。

人が誰かに何かを伝えようとする時に、あまりにもオブラートに包み過ぎて、言わんとするポイントを曖昧にしてしまいがちです。
それは日本人特有の個性なのだとも言えますが、同時に、明確・明瞭さという点ではマイナスの要素となります。仲の良い親友であったとしても、自分が発した言葉の影響でその後の関係性がこじれるのではないかと心配し、本音で物事を言える状態にいなかったりもします。

また、人に対してだけでなく自分自身に対しても、事実を事実通りに見ていない、見たことが信じられずにごまかしたり、なかったことにしたりすることがあります。

これらは、自我、エゴの抵抗であったり、あるいは自分自身に対する無関心、自己放置と言えると思います。

蓮さんは以下のような話をして下さいました。
“危険なことを危険だと伝えるとき、人は何の躊躇もせずに伝えるだろう。それを伝えようとしないのは何かが欠落している。”

私はこの話を聞いたとき、大地震が起こったらというイメージが浮かびました。地震が起きたらおそらく「地震だ」と口に出すと思います。それは自己確認でもあり、周囲の人への危険信号の発信でもあり。安全確保のための行動となります。
生命に危険が及ぶ時、人は何の躊躇もなく、とっさの判断で自らを守り、人を守ろうとするものです。それができない、しないのは、人としての心が欠けてしまっているから、なのでしょう。

“道徳心、モラルの欠如”。蓮さんは私達にこのことを伝えて下さっていたのです。

物理的に直接、生命の危険が及んでいるわけではありません。しかし、霊的にあるいは目に見えない領域で、私たちは自らの生命を危険にさらしている。これが事実のようです。

危険であると同時に、その危険を回避する手立てがあるということ。今は、まだ。

真実を求めようとする世界中の多くの探究者が、それらの情報を公開し続けています。

真実がより多くの人へと伝わるように、紹介していきたいと思います。





Love Spiritual Peace HP (随時更新中)
http://lsp-japan.org/top.html

ラブスピリチュアルピース 一般公開コミュニティできました♪
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6187174
どなたでも参加できます。一緒に探究しませんか?

*dozen/Ren* mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=844204

dozen/ren blog
Lotus Diary〜Ripe Of Source/dozen〜
http://ryu-and-ren.seesaa.net/
 
蓮さんのパートナー 堂禅/龍mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=13992977

堂禅/龍 探究blog
Spiritual diary of Ryu,their day-to-day with Ren.
http://dragon-and-lotus.seesaa.net/
 
全仙mixi
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=4647453

睡眠による昇華

 
前回のブログ記事をアップしてから、蓮さんから「睡眠をしっかり取っている? 22時30分には寝ないと」との投げかけとアドバイスをいただきました。

確かに、私は慢性的な睡眠不足だったかもしれません。いえ、睡眠不足だったのでした。。
でもその自分の状態が当たり前であるかのように錯覚し、身体的には健康でもエネルギー的には疲弊し周囲にもよくない影響を及ぼしていたのだと思います。

睡眠を侮ってはいけないな、とつくづく思いました。

人は寝ているときに身体を休めつつ、霊的に夢の中で活動を行い様々なことを学んでいるといわれています。その日一日の出来事の振り返りであったり、内や高次からビジョンとしてメッセージを受け取ったり、霊的世界を体験したり。
蓮さんはよく、夢の中でも私たち探究者との出来事やビジョンが見えて、その内容を語ってくれます。その夢の内容を観ることで、各人のスピリットからのメッセージを読み取り、探究のエッセンスとして活かしています。

私は睡眠を単に、身体を休める時間としか捉えていなかったのだと気づきました。知識としては知っていたし、睡眠の大切さは理解してはいましたが、まったく自分事として実践していなかったのです。

蓮さんから睡眠の大切さを指摘されて、ようやく自分事として観るようになりました。私自身、自分の内的健康を取り戻したいという思いが強くなっていました。
22時30分には寝ること。今はこれを守ることを意識しています。
効果は絶大でした。
朝起きてから頭脳に血が巡る感覚というか、エネルギーが浸透していくのがとても良く感じられました。

健全なる精神は健全なる身体に宿る。
身体は神の神殿。聖霊が宿る神殿。
身体は宇宙(マクロコスモス)を内包するミクロコスモス。
さまざまな成句はありますが、そのどれもが身体生命の神秘さを説明しています。
私はまだまだこの身体レベルからエネルギーを整えていく段階にあるようです。いや、身体の健全さを回復させていくことこそが大切であり、軽視してはならないものなのだと感じました。

内なるエネルギーを受容し、循環、還元していく。
その機能を取り戻し、蘇らせていきます。





Love Spiritual Peace HP (随時更新中)
http://lsp-japan.org/top.html

ラブスピリチュアルピース 一般公開コミュニティできました♪
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6187174
どなたでも参加できます。一緒に探究しませんか?

*dozen/Ren* mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=844204

dozen/ren blog
Lotus Diary〜Ripe Of Source/dozen〜
http://ryu-and-ren.seesaa.net/
 
蓮さんのパートナー 堂禅/龍mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=13992977

堂禅/龍 探究blog
Spiritual diary of Ryu,their day-to-day with Ren.
http://dragon-and-lotus.seesaa.net/
 
全仙mixi
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=4647453

知覚を解放すること

 
「概念を超えること」


ラブスピースで行われているシェアで、dozenの蓮さん龍さんから上記のエッセンスをいただきました。

概念とは、なんでしょう。

概念、既成概念、観念、固定観念、思い、思い込み、考え、マインド。
概念とは、マインドに存在するものだと感じました。

人間の霊的身体は、ボディ、マインド、スピリットと言われています。
また神智学では、肉体、エーテル体、アストラル体(感情体)、メンタル体(精神体)、コーザル体(原因体)といったエネルギー的身体で構成されているといわれています。マインド=メンタル体。

人は、マインドによって「私はこうあるべき」とか「私は今こう考えている」「このように感じている」と解釈して思いを集約し、自分自身の概念を作り上げている。

これが、エゴ(自我)と呼べるものなのかもしれません。

でも実は、自分で作り上げて解釈した概念というのは、とても視野の狭い、とても小さな世界の概念でしかありません。
「私はこうあるべき」という強い意志も、他の高い視点から見たらただの思い込みであり誤った意志決定である場合もあるということです。

私は今日、こんな体験をしました。

感情的に不安定な状態が続いており、ずっと自分は何かに病んでいると思い続けていました。
しかし、実際の体調面はどこにもおかしいところはなく、健康そのものです。
ではこの感情のマイナス志向はどこからくるのか。
マイナスの行き場がなくなるとそれは怒りに転化し、人にあたったり自分を抑えて内向的になったりします。

何かに病んでいるのではないか

これが、自分の思い込みなのではないかとふいに思い至ったのです。
思い込みだとしたら、自分のこの感覚はどこから来ているのか。

実は負の感情だと思い込んでいたものが、純粋なエネルギーから来ているものだとしたら?

身体はエネルギーの通り道であり、常にエネルギーを循環させている。純粋なエネルギーを受け取っていたとしてもそれを受容する準備が整っていなければ、人はそのエネルギーをあるがままに受け取ることができず、自我・マインド・概念によって歪めて解釈し、「負を受け取っているんだ」と思い込み、自らにマイナス感情をもたらすことになる。

もしそうだとしたなら、負の感情だと思い込んでいた誤った概念を捨てることです。
マインドを捨てる。マインドを解放する。
体験的には、知覚を解放すること、と感じとれました。
正確に表現するなら、「知覚を解放すること」というメッセージを受け取ったような気がしました。

恐れている、怒っているなどの感情、〜しなければならないなどの思考、それらすべてを解放し、その知覚から放れることで、ありのままのエネルギーを受け取る、ありのままのエネルギーを通すことができるようになります。

自分の概念に縛られないこと。概念を超えること。
それには、自由な発想と、それを支える多様なエッセンスを取り入れることが大切のようです。


……自分自身の問題としては、純粋なエネルギーをありのままに受け取ることのできない理由がどこにあるのか。
エネルギーの摩擦が生じている原因を究明し、対策を立て、改善を図ることが今度の課題です。

探究はさらなる探究を生み、探究のクオリティは上昇していきます。





(参照)
「あなたはマインドのなかで知覚する世界の一部分としての個人をあなた自身だと想像していることを理解しなさい。そしてマインドを外側から見てみなさい。なぜなら、あなたはマインドではないのだから。結局、あなたの唯一の問題とは、何であれあなたが知覚するものと、熱心に自己同一化することなのだ。この習慣を捨てなさい。あなたはあなたが知覚するものではないのだ。この世界にあなた自身のものと呼べるものは何もない。」
「I AM THAT ニサルガダッタ・マハラジとの対話」より
アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話




Love Spiritual Peace HP (随時更新中)
http://lsp-japan.org/top.html

ラブスピリチュアルピース 一般公開コミュニティできました♪
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6187174
どなたでも参加できます。一緒に探究しませんか?

*dozen/Ren* mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=844204

dozen/ren blog
Lotus Diary〜Ripe Of Source/dozen〜
http://ryu-and-ren.seesaa.net/
 
蓮さんのパートナー 堂禅/龍mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=13992977

堂禅/龍 探究blog
Spiritual diary of Ryu,their day-to-day with Ren.
http://dragon-and-lotus.seesaa.net/
 
全仙mixi
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=4647453

探究とはなんでしょう

 
私たちは自己探究しています。

探究とはなんでしょう。

探究 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A2%E7%A9%B6
--------------------
探究(たんきゅう、英: inquiry)は、知識を論証すること、疑念を解消すること、ないしは問題解決をすることという目的のある思考過程のことである。探究理論は、さまざまなタイプの探究および各タイプの探究がその目的を達成する方法の取り扱いについての説明である。
--------------------

言葉の意味では、上記のように「思考過程のこと」とあります。
しかし私たちが行っている自己探究は「実践」をベースとした体験・具現を振り返るところから始まります。

では、なにを実践するのか。
それは「自分自身」です。

自分の身の回りに起こる出来事・体験・具現を振り返り、自分が今何を起こしているのか、内からのメッセージとしてどのようなことが言われているのかを、様々な視点から考察し、導きだしていきます。

私たちの日常は実は、3次元の世界だけでなくより多くの次元と重なり合い、多次元からもたらされるメッセージが私たち3次元の日常に反映されているのです。
そして特に、自分自身の体験からもたらされるメッセージ性は、その人個人の他次元との繋がりにおいて、その人に今必要なメッセージがもたらされていることになります。

私たちは、各人がそれぞれに体験している日常の具現を振り返り、具現を共有し、そこで何がメッセージとしてもたらされているのかをシェアし、メッセージそのものを私たち一人ひとりの学びとして受け止め、自らの日常に役立てています。
つまり、一人の具現を、私たち皆にもたらされているメッセージとして受け止めています。

しかし、ラブスピースで行われている探究の特徴、最も大切な点があります。それは、内からのメッセージ性を純粋に、ストレートに受け止めているという点です。
これは、蓮さんについて説明しなければわからないことかもしれません。

蓮さんは自己探究を通して龍さんと出会い、パートナーシップ・男女性のもとでクンダリーニ覚醒という体験を経て内や高次、自己のスピリットとの繋がりを蘇らせ、アクセスを通じて内・高次・スピリットからのメッセージを直接受け取ることができるようになりました。

私たちは、内・高次・スピリット・蓮さんの気づきからもたらされるメッセージを聴き、日常のなかの問題点に気づき、どのように改善していくべきなのかを模索し進むべき歩むべき方向性を内軸へと修正し続けています。

そのメッセージは、各人の受け止め方によってもその理解度は異なりますが、一人ひとりが今を生きていくために必要なエッセンスとしてもたらされており、各人の霊的成熟、霊的な蘇りに至ることができるようになります。

内の声を聴き、その声を実践すること。
その繰り返しが、自らの霊性を蘇らせていくことになります。

私たちが、「自己探究」と言う理由はそこにあります。
探究は一過性のものではなく、自らの日常を通して継続して学んでいるものであり、また、各人が受けとめられる範囲内でその学びの度合いは進んでいくことから、他から強制されるものでもありません。
探究は学問ではありませんし強要されるものでもない、自分の本当の喜びに気づいていくものです。

私たちは探究を樂しんでいます。



内臓感覚

 
探究の流れから育児について調べていたとき、以下の一冊の本からエッセンスを見つけました。

赤ちゃんにおむつはいらない
−−−−−−−−−−−−−
(以下抜粋)
三木が説く「内臓感覚」の重要性を理解するには、まず、氏による「生物の体内に宿された食と性の宇宙リズム」について理解する必要がある。三木は、「すべての生物は太陽の諸周期と歩調を合わせて『食と性』の位相を交代させる。動物では、この主役を演ずる内臓器官の中に、宇宙リズムと呼応して波打つ植物の機能が宿されている。原初の生命球が“生きた衛星”といわれ、内臓が体内に封入された“小宇宙”とよびならわされるがゆえんである。*」と説く。 *三木成夫『内臓のはたらきと子どものこころ』築地書館 2006年 p.67
(以上抜粋)
−−−−−−−−−−−−−

育児本からわかったこと。赤ん坊のころはおしっこをしたくなると、その違和感から快・不快の感覚が芽生え、不快感の表現となって泣き出します。
大人になると、膀胱が発達して、排泄に対してある程度の我慢ができるようになります。

しかし、内臓感覚が大人になっても繊細な人だったらどうなるだろうか、と私は考えたのです。
おなかの中にたまった違和感はそのまま不快感となり、人によっては怒りの感情を誘発し、人によっては恐怖の感情を誘発することになるのではないか。
私はおそらく、前者、怒りをため込むほうだったのかもしれません。いや、両方でしょうか。
自身の内面的には、何かおなかの辺りでびくびくするものを感じながらそれが何かがわからず、恐れを内在させる。人と対面したとき、恐れの反発から、自己防衛となって怒りを顕わにする。
内的恐れが、外的な怒りとなって現れていたのです。

内臓感覚は、食(排泄)を異物としてみなしているのではないか。
それが今回の発見でした。
排泄をため込まないこと。より少なくしていくこと。
これらの実践を通して、おなかのびくびく感から少なからず解放されたのですから、説得力があります。

上記の本に紹介されていた『内臓のはたらきと子どものこころ』を取り寄せてみました。

内臓のはたらきと子どものこころ (みんなの保育大学)
 
人の身体は大宇宙に呼応するようにしてリズムを作り出している。
日のリズム(地球の自転)、年のリズム(地球の公転)、月のリズム、他の動物によっては火星や土星など、いずれかによってリズムが作り出されるというのです。

自らの内臓感覚を知ることによって、私たちは宇宙と同調し、宇宙との一体感・ハーモニーを取り戻すことができるのかもしれません。

チャーリーのその後。身体内環境正常化


そういえば、いつの日からか、チャーリーのことが気にならなくなっていました。
チャーリー。そう、私のおなかに寄生していた「不全のエゴ虫君」のことです。

過去日記↓
080727不全のエゴとの対面
http://blog.livedoor.jp/ta_manori11/archives/65068328.html


チャーリーは、私を常に怯えさせ、私という人間には価値がないのだと感覚的にささやき、そう信じ込ませていました。

そのチャーリーが静かなのです。
ここ最近の変化と言えば、食の改善による身体内環境正常化や、朝にラブスピースのみんなと毎日、笑顔で挨拶を交わしていることが挙げれられるかもしれません。

食の改善については以前も日記で紹介していましたが、2か月程前、不食弁護士の秋山さんのエッセンスをdozenから紹介していただいてから、不食へ移行するためのプロセスについて調べ、刺激を受けてさらに意識するようになりました。

食の探究
http://blog.livedoor.jp/ta_manori11/archives/66146346.html

dozen
http://dozen.seesaa.net/

『食べない人たち』
http://www.amazon.co.jp/dp/4837672140

特に、身体内環境の正常化がとても大切であり、病気の多くが排泄の停滞蓄積によるものだというエッセンスを導き出してからは、私自身意識し始めていました。

エドガーケイシーの洗腸の方法についても調べ、道具がなくても今の私にできることは?というものを実践してきました。

ケイシーの勧めた洗腸の方法,エドガー,ケイシー,魂の学舎
http://www.welovecayce.com/health/coloncare2.htm

お通じが良くなってからか、自分自身への信頼感が増して、自己価値を認めることや安心感を持てるようになりました。

これらのことから推測して、身体内での老廃物の停滞は自らのエナジーの低下を招き、感覚的・精神的な焦燥・疲労を生んでいくことが分かります。それらがいずれ身体からのメッセージとして、病気として現れるということ。

また逆に、身体内に老廃物の無い状態は、本来あるがままの身体の機能が活性化し、情緒的にも元気になっていくということ。

勿論何も食べていないわけではないので、変化のリズムはありますが。以前にも増して、本当に身体に良いものを取り入れようとするなど、食によって自分の体調がどのように変化するのかを気にかけ、常に意識しています。

とは言っても、あまり無理にならない程度に食の探究プロセスを経ていこうとは思いますが。


そしてまたつい先日、ある育児本からの引用文献から面白いエッセンスを見つけました。


“内臓の感覚を豊かにすることで、言葉や情緒まで豊かにすることができる”というもの。



それはまた、次回に。
blog内記事検索
LSPイベント・レッスン
探求日記
27日のエネルギーレッスンにて
エネルギーレッスンを受けて(2/24)
マップさんのリーディングレッスン
3月24日・dozenレッスンにて
3月24日・シンボルリーディングレッスンにて
カレッジで学んだ勇気
4月28日エネルギーレッスンにて
4月28日エネルギーレッスンにて part2
4月28日シンボルリーディングレッスンにて
4月29日dozenレッスンにて
4月29日dozenレッスンにて 2
4月29日dozenレッスンにて 3
4月29日dozenレッスンにて 4
マリアのエネルギーに触れて
大倉山公園散策レッスン
大倉山公園散策レッスン 2
空ちゃんが話してくれた京都移住
6月23日dozenレッスンでの経験
男性性機能不全の勃発〜6月24日エネルギーレッスン
スリッパが脱げた
スリッパ事件について、もう一度内観する
さらにスリッパを見つめる
〜全〜奇跡の軌跡
(資料)2007.8dozenクラス宿題
奉仕リーディング
「協力してほしい」
7日Ren classを落とし込む
神聖さを守護する2日間
スタートラインに立つ−Ren classを振り返って−
蓮ちゃんをさがせ―071118イベントレッスン
自我と神我のバランス―奉仕リーディング
071122奉仕リーディング
シンボルリーディング―仕事0712―
071208シンボルリーディング
071215シンボルリーディング―蓮を探せ
080101シンボルリーディング
080110おもちを食べに行く
沖縄合宿での学び「パートナーシップにおけるコミュニケーション」
080406鞍馬散策にて
名前リーディング
080525回想―Aryan Marga. member's レッスンへ参加して―
080910新たなる旅立ちとともに ― 空港での握手
080909宮古島での再会 ― 旅の始まり
site link

LSP HPロゴ

テディエンジェルのスピリチュアルリンク

no suicide yellow page

*こころつむぎ*

見つめる「わたし」
ランキング
☆みなさまのクリックがイニシエーションの拡大支援に繋がります^^☆
 
精神世界ランキング
精神世界ランキング


イースピリチュアル
イースピリチュアル 

Profile

名前:全仙

全仙の日常探究blog
男性としてLove Spiritual Peace(ラブスピース)の愛の活動を支援する一探究者。
神聖さの法則を実践を通して自らに浸透させ、霊性の蘇りを果たし続ける。
Love Spiritual Peaceの活動は現在、各探究者のブログを通じて開示されている。

このブログを見たことも必然。あなた自身の内的な引き寄せ。
詳しくは下記メールフォームへ。

問い合わせ: 全仙 mail form
↑mixiへの招待も随時受付中♪

Love Spiritual Peace探究の扉はこちら↓↓
LSP HPロゴ

全仙作成 NOUS(NOOS)ページ
NOUSの発振
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ