水平ラインを大切に!小庇で小窓をつなぐ

2008年07月15日

吊り部屋「ひろしき」

藍で栄えた吉野川下流域にはいまも立派な藍商屋敷が点在するが、
その中で際立った存在が石井町にある田中家住宅だ。

この母屋の玄関に当たる「にわ」に、梁から吊るしたユニークな小部屋がある。
地元では「ひろしき」と呼んでいて、女衆の寝泊りする部屋だったようだ。
なぜ吊り構造かといえば・・・夜這い対策とのこと。
部屋に上がるとハシゴを引き上げて侵入できなくするのだそうだ。

田中家住宅の「ひろしき」
















『眉山を臨む家』のロフトは下が貫けているので、
ひろしきより、ひろしきらしい?吊り部屋になる。

吊り部屋のロフト




























田中家の向こうを張って、引き上げ式のハシゴでも考えてみようかな(笑)

(S.Tomita)

taa2003 at 18:00│Comments(0) 現場 | 眉山を臨む家

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
水平ラインを大切に!小庇で小窓をつなぐ