まさに適材適所車庫の値段

2008年09月18日

杉板張りのカフェテラス

昨日、沖洲川沿いに建つ「眉山を臨む家」の足場が外れた。

杉板の外壁




























杉板は和の雰囲気が出るよう縦張りにし、
着色せず素木の表情をそのまま残した。
久し振りの素木使いだったこともあってか、やけに新鮮に感じた。

この家の 「いい場所」 は中二階のカフェテラス。
眉山と沖洲川を独り占め。

デッキテラスからの眺望
















ここでの珈琲ブレイク・・・・・、いいなぁ。

(S.Tomita)

taa2003 at 12:50│Comments(2) 現場 | 眉山を臨む家

この記事へのコメント

1. Posted by kamui   2008年09月21日 22:39
 富田さん
 設計のたびに珈琲ブレイクの場所とか
 ビールを飲むテラスとか
 くつろげる風呂場とか
 想像力を巡らせているけど

 分かりました。

 実際に珈琲を飲むより
    ビールを飲むより
    お風呂に入るより
 想像しているほうが
 鋭敏に気持ちいいんじゃないですか?
 それが 極意 なのじゃね。
2. Posted by tomiyan   2008年09月22日 23:35
ハマるとドップリ浸ってしまう性格、
焼かれるまでナオラヘン(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
まさに適材適所車庫の値段