JIA四国支部のこと今日の佳き日が…

2013年08月04日

挑戦し続けた陶芸家 鈴木治

今朝、TV番組「美の京都遺産」で陶芸作家 鈴木治さんのことが語られていた。
ろくろ職人だった鈴木宇源治を父に持つ環境の下で陶芸に早熟だった彼は、既存の陶芸に飽き足らず新しい世界への表現を試みて行く。それは満足することのない果てしなき美の探求だった。
挑戦し続けることの大切さ。人生はロマンとエネルギーだと教えてくれた喫茶大菩薩峠のオーナー島利喜太さんが頭に浮かんで来る。朝から勇気付けられる番組を観た。

◆「泥象 鈴木治の世界」回顧展


(S.Tomita)
 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
JIA四国支部のこと今日の佳き日が…