照明・設備

2012年05月20日

これからのエネルギーは・・・

住まわれてほぼ一年、嬉しいお誘いがあり、Kさん宅に行って来ました。

竣工時にはまだ取り付いていなかった太陽電池モジュールが、
南棟の大きな屋根一面を覆っていました。

設計当時から太陽光発電システムを導入したいということで、
西棟屋根(西に緩く傾斜)に載せる計画でいたのですが、
最終的には北に緩く傾斜している南棟屋根に設置されました。

北傾斜の屋根に置くのは非常識のようにも思えますが、
傾斜角がわずか3度なのでフラット屋根と比較すると発電量はほとんど落ちません。
  参考→設置傾斜角と方位による発電量

それともう一つ、発電量に大きく影響を与えるがモジュールに落す影です。
周辺の建物を考慮するのは勿論ですが、電柱や樹木が落す部分影も天敵なので、
それも考慮して設置場所を決めたようです。

(北棟のロフトからみた南棟屋根の太陽電池モジュール)
120519-08

今回は一般的な住宅2軒分に当たる容量9.5kWを載せているので、
四国電力に買い取ってもらう余剰電力が800kWhを超える月もあるとのこと。

24円/kWhだった買い取り価格は平成21年11月から実施された
余剰電力買取制度によって48円/kWhと倍にアップしました。
年々少しずつ下がっていますが、今も10年間は42円/kWhで買い取ってくれるので、
いま設置なら12年ほどで減価償却できることになります(24円/kWh当時は約20年)。
  参考→平成24年4〜6月の買取価格

これからのエネルギーは・・・ 国の考え一つで明日の日本を決めることになります。
半世紀以上も前に「野獣も飼い慣らせば家畜」という言葉で、
世界の中で最も放射能に敏感だった国民をマインドコントロールし推し進めてきた原発。
取り返しのつかない悲劇を生んだあとも、まだ経済優先の意見がまかり通っています。
今夏の電力不足の報道はとてもまともに信じられるものではありません。
目先の損得に捕らわれない大きな視野に立った指針を明確に示して欲しいものです。
ふる里をなくしバラバラに引き裂かれた家族の方々を少しでも勇気付けるためにも・・・・・

(S.Tomita)



taa2003 at 23:30|PermalinkComments(0)

2011年03月18日

人の手に負えないもの

東日本大震災から一週間、ネットやテレビで次から次へと映し出される
被災地の変わり果てた光景に言葉を失っている。
家や土地はズタズタになっても命さえあれば、きっとしあわせは戻って来る。
そう信じて今は行方不明の人たちが一人でも多く生きていることを願っている。

阪神大震災の時、震度7にも耐えると自負していた高速道路がドミノのように倒れたが、
今回も日本一を誇っていた岩手県宮古市田老町の防潮堤が、
予想を超える大津波に呑み込まれ人々を救うことができなかった。

そしていま何よりも深刻なのは、福島第一原発事故の行方である。
原発を造るノウハウや技術はいま日本が世界一だと思うが、
この力を持ってしても、今回のような事態は想定していなかったのだ。
原発主導の電力に頼らなければならない日本の現状があることは否めないが、
一旦危険に晒されると人の手に負えないものを使っている原発の脅威を
改めて思い知らされる。
放射能の怖さを世界で一番よく知っているのは日本人なのではないのか。
この事故を教訓に原発の怖さを一人ひとりが改めて考え直すきっかけになれば嬉しい。

この震災で命を絶たれた多くの人たちのご冥福を祈ります。


追伸
18年前、原発反対運動をしていた建築主が四国電力払い下げの
ソーラーパネルを安く手に入れて、完成した社屋の屋上に一緒に設置した。
当時は売電システムがなかったので、バッテリーを置き蓄えて使っていた。
原発反対への小さなのろしだった13枚の中古パネル。
先日、久し振りに見た時、当時の熱い気持ちがよみがえってきた。

4 向井ビルの太陽光発電


(S.Tomita)

taa2003 at 16:05|PermalinkComments(2)

2010年07月27日

モーガルソケットのペンダント2

週末の完了検査に向けて、器具付けが急ピッチで進んでいます。

土間ラウンジの吹抜け空間にはいつものペンダント
笠松電機製作所のモーガルソケットです。

100727-1

取り付けは「宙に向かう家」「シルバーパティオの家」の時と同じmaeさん、
三連ちゃんと続いてます。
予め長いコードや短いコードを付けたものを何種類も作って来ていて、
現場では指示された高さにカットして取付けて行きます。
この現場は格別多かったけど、手際よく早くできました。
やっぱり電気屋は、「常に考える」のが常なのかな(笑
感動の進化でした。


(S.tomita)

taa2003 at 19:24|PermalinkComments(0)

2010年05月19日

常に考える ?

下の写真はスイッチやコンセントに使う未来工業スライドボックス

100519-1

裏を見ると、 常に考える の文字が、、、???

100519-2

このボックス、職人さんは使いやすいとべた褒めでした。

他のものに比べて取り付けが楽なことはもちろんですが、
たとえボードで隠されていてもピンポイントで位置を確認出来たり、
部屋が仕上がった後でも壁の仕上げを痛めずに
簡単に取り付けることもできるそうです。
とにかくいろんなノウハウがギュウギュウ詰のようです。


これでナットク!

「常に考える」は未来工業の創業者 山田昭男氏の経営理念だったんです。


(S.Tomita)


追伸  嬉しいニュースです。
米ニューヨークで15日から開催されている北米最大級の家具・
インテリア見本市「ニューヨーク国際現代家具見本市(ICFF)」で、
片岡克仁デザイン事務所(徳島市)のいすが「クラフツマンシップ」賞を受賞!

片岡克仁デザイン事務所



taa2003 at 18:00|PermalinkComments(0)

2010年03月20日

神保電器のNKPシリーズ

スイッチプレートと言ったら、この神保電器のNKPシリーズ
馬鹿の一つ覚えのようにこればっかり使っている。

神保電器のプレート・NKPシリーズ

最近知ったのだが、NKPのNKは日建設計でPはポーラ美術館のこと。
日建設計がポーラ美術館建設時に神保電器に依頼して作ったプレートだからだ。
そのシリーズを展開させたNKシリーズが昨年グッドデザイン賞に輝いている。
少々値は張るが、シンプル指向の人には嵌りそうなデザインだ。
また使うチャンスがあるかも知れない。

(S.Tomita)



taa2003 at 01:01|PermalinkComments(0)

2010年03月19日

電力の引き込み方

「宙に向かう家」はいよいよラストスパート、電力引込が完了した。

100319電力引込

今回の引込は敷地内に引込柱を設けず、電線を一旦外壁で受け、
壁の中を通ってガレージ内の引込計器盤に送っている。

100319引込計器盤

独立した引込柱を設ければ外観をすっきり見せることになるのだが、
結構な費用が掛かってしまう。

一昔前までは引込から盤までの配線は悪用されるのを防ぐために
(計器盤を通さず直接つないで使用すること)、壁の中を通せなかったので、
外部の壁伝いに盤まで露出になって大層見苦しかった。

もう20数年前になるのだろうか、松下電工(現パナソニック)の
スッキリポールが登場し、建物も町並みも美しくなった。

でもこのスッキリポールも電話・ケーブルTV・インターネットなど、
今の設備重装備の家にはサイズが小さくて納まり切らないのが現状で、
使うことは滅多にない。予算があればH型鋼でデザインすることになる。

電線を外壁のどこで受けて、狭い壁の中をどう走らせて盤まで持っていくかが、
設計者の気を使うところになる。
この家では壁内のスペースを確保するため、正面の白い壁面を7センチほどふかした。

091124引込の空配管

100308引込計器盤

このふかしのお陰で電力用の太い空配管も梁のところで折れ曲がらず
下まで一直線。
うまく納まってくれました。よかったです(^o^)

(S.Tomita)

taa2003 at 14:52|PermalinkComments(0)

2009年11月01日

太陽光発電の倍額買取スタート

今日から電力会社が家庭の太陽光発電で余った電力を
いまの2倍の価格で買い取ってくれる制度がスタートする。
約20年掛かっていた減価償却が10年ということになるわけだから、
一気に普及しそうである。
屋根勾配や屋根の向き、いま以上に家のカタチを決める
大きな要因になってくることは間違いない。

毎日新聞記事

(S.Tomita)

taa2003 at 06:24|PermalinkComments(0)

2009年08月07日

どこを選ぶの?太陽光発電

今年から国の補助金制度が復活した太陽光発電システム。
発電した電力の買い取り価格も、2010年からは2倍に引き上げるという。
遅れていた国の施策がここに来てやっと欧米並みになってきた。
日経トレンディネット記事

今日昼にあったAホームのho社長も、
自社の屋根に近々ソーラーパネルを載せるという話をしていた。
今どのメーカーにするのか思案中とのこと。
ho社長の施工屋日誌「太陽光発電」

太陽光発電システムでは、技術やノウハウは勿論のこと、
生産量まで世界一を誇る日本、選べる数は何社もあるわけだが、
それがかえって話をややこしくさせているようだ。
太陽光発電システムのメーカー

参考になるかどうかは別にして、
設置工事の専門店「中部テラーサービス」が
選び方で六つのポイントを上げている。
太陽光発電システムの選び方

普通の人なら、シャープ、サンヨー、京セラ、三菱当たりで落ち着くのだろうが、
ho社長ならどこを選ぶのか、興味津津!
本命はシャープ、対抗サンヨー、穴ならホンダかな。
ホンダ電池事業参入の記事(2005年12月18日)


(S.Tomita)

taa2003 at 23:25|PermalinkComments(2)

2009年03月10日

暖房方式の選択

住宅の暖房方式の中で何を採用すればいいのか、
それぞれ一長一短ありで結構難しい。
吹抜けのある天井の高い部屋や大きな空間には
蓄熱式の床暖房や薪ストーブを入れることも多いのだが、
今回は床暖房に不向きな無垢の杉床であったり、
オール電化住宅ということもあって、
蓄熱式の電気暖房器ユニデールを採用した。

電気蓄熱暖房器ユニデール






















電気蓄熱暖房器は一言でいえば、割安の深夜電力でレンガを温め、
その熱を日中徐々に放熱するという代物。

内覧会開催の二日間、その効果を確認させていただくことになった。
ロフトを含めると32帖の大空間に設置しているが、
これだけで十分温かかったことと(蓄熱率70%)、
輻射熱がとても心地よく感じられたことが特筆すべきことかなと思う。

どんなに優れものでも、長所ばかりのものはありません(笑)
下のウェブサイトに上手にまとめられているので覗いて見て下さい。

 蓄熱暖房機 ユニデール 情報まとめ



(S.Tomita)

taa2003 at 16:17|PermalinkComments(0)

2009年02月19日

引込時の決まりごと

電力や弱電を建物内部に引き込む際に外壁面に取り付ける部品も、
最近、すっかりスマートになってきている。

090219-1電力引込
















090219-2電力引込

















上の写真は電力だけが引かれた状態で、
電話やテレビなどの弱電引き込みはまだだが、
ケーブル相互の離隔距離には決まりがあって、
以前は30儖幣緡イ垢茲Δ膨蠅瓩譴譴討い燭茲Δ澄
(※現在はないようだが・・・

これは「有線電気通信設備令」という法律。
姉歯事件以降、建築基準法も改定続きで大変だけど、
設備の世界も結構雁字搦めのようだ。
ちなみに道路をまたいで引き込む電線(架空電線)の高さも
この法律の施行規則第7条に載っている。


(S.Tomita)



taa2003 at 18:35|PermalinkComments(0)

2008年07月10日

普及しない太陽光発電

少々期待していた洞爺湖サミットだが、地球温暖化問題については、
「2050年までに世界全体の温室効果ガスの排出量を
少なくとも50%削減するという長期目標を、世界全体の目標として
採択することを求めるとの認識で一致した」と、
奥歯にものの挟まったような言い回しで決議を先送りした。
これが世界の最たる首長が集まっての成果とは情けない話だ。

洞爺湖サミット・議長会見記録

また特に危惧したのはCO2削減を原発推進の方向にシフトさせていたことである。
原発の怖さは知り尽くしているはずなのに、何故そうなるのか理解に苦しむ。
報道ステーションで特集していた「太陽光発電」の話。
慶応義塾大学の清水浩教授の「世界中の陸地面積の1.5%に太陽電池を張れば、
今のアメリカ人と同じ贅沢なエネルギーを世界中の66億人が使える」という話に
耳を傾けて欲しいものだ。
現在、ドイツは国の政策で太陽光発電を着実に普及させているが、
生みの親であるはずの日本では採算が取れないという理由で、
住宅に導入する人はほとんどいないのが現状である。
首長のリーダーシップで国は大きく変わる。
未来の子供たちのために、早くいい政策を打ち出して欲しいものだ。

(S.Tomita)

taa2003 at 23:31|PermalinkComments(3)

2008年05月30日

太陽光発電のこと

「北沖洲の家」の屋根に太陽電池パネル(モジュール)が取り付いた。
太陽光発電システムの導入は、うちの事務所ではやっと3件目である。

太陽電池設置1












太陽電池設置2













今回の電池容量は4.90kw(153w×32枚)で、年間発電量は5,400kwhになる。
設置条件でのマイナス面を10%考慮しても4,860kwhになる。

5,6年前なら340〜350万円かかっていたものが、
いまは200万円ほどで導入できるようになった。
それでも新築費用と同時期に支払う200万円はきびしい。
地球環境に貢献できると分かっていても、
なかなか導入に踏み切れないのが多くのクライアントの気持ちだと思う。

今回の発電量の4,860kwhは、電気代に換算すると116,000円になり、
よく稼いでくれているようだが、
17,8年分の電気代を一括先払いしているのと同じことになる。

もっと手頃な価格になって、多くの家庭に導入されていったら、
いやな原子力発電所をもう造らなくていいし、
いまある発電所を廃絶させることだってできる。

太陽光発電の生産普及率世界一位を誇る日本、
今後のメーカー努力に期待したいところである。

(S.Tomita)

taa2003 at 00:39|PermalinkComments(4)

2007年09月27日

北欧照明ルイスポールセン

「脇町の家」の現場に待望の家具と照明器具が付き始めた。
北欧のインテリアが好きな奥さん厳選の一品は
ルイスポールセン(LP)社のペンダント「PH5-4 1/2(P3004)」だ。

070927-1waki070927-2waki









「真四角の窓にこのペンダント」
この写真、いつかどこかで見たような気がする・・・・・・
高い吹抜け天井から吊るしたペンダントの下に、
手作りの無垢の木のテーブルを置く。

LP社のデザインコンセプトは、
「グレアを抑え、光の反射や拡散をコントロールすることで、
建築やランドスケープを理想的に見せ、
空間の美しさを引き立てること」と書いてある。
中でも、このPH5シリーズは光の出具合が一際美しい。

青い瞳の西欧人はまぶしさ(グレア)には特別敏感だから、
照明開発が進んでいて、これだけの名品も生まれてきたのだろう。

一方、黒い瞳はまぶしさに強い分、光には至って鈍感で、
光源丸出しでも一向に気にならない。
かぐや姫の名曲「神田川」や「赤ちょうちん」が生まれたのは、
日々の暮らしの中に裸電球があったからこそなのだから、
それも決して捨てたものでもない。

個人的には裸電球大好き人間だが、設計者の立場上、
部屋の真ん中に裸電球一灯という訳にはいかないから、
あれこれ考え探すことになる。

「建築は昼間見ただけでは半分しか見たことにならない」と
何かの本に書いてあった。
昼と夜、両方見て初めて見たということらしい。
「優れた照明設計はもう一つの建築をつくる」ということか。

(S.Tomita)

taa2003 at 23:23|PermalinkComments(0)

2006年08月09日

メーターのLED交換

打合せの後、クライアントの愛車フィットを覗いてビックリ。

LEDメーター







幻想的なブルーのLED照明に浮かぶメーターがやけに色っぽい。
恋愛中ならこれだけで設営バッチリって雰囲気だ。

何とこれを自分で改造したということで二度ビックリ。
日亜化学の研究員ということで納得だが、それでもさすがです。

いま巷では流行ってるのかな? →メーターLED交換

(S.Tomita)

taa2003 at 23:55|PermalinkComments(0)

2006年04月23日

AKARIが灯る

イベント終了後、気になっていた「丈六町の家」の現場に直行し、
AKARIのスイッチを入れた。
吹抜けの居間にグッと奥行きが出てきた。
照明一つで、、、すごいパワーだ。

AKARIAKARI







明日から造園工事が始まる。
薪ストーブも明日取り付けると言っていた。
いよいよ完成に近づいてきた。
でもまだ内部は建具と家具工事が残っているし、
外構の塀もこれからだ。
工事の皆さん、後ひと踏ん張りがんばってよ。

(S.Tomita)

taa2003 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月21日

イサムノグチのAKARI

「丈六町の家」の吹抜けの居間と中二階の二畳の間に、
イサムノグチのAKARIが取り付いた。

丈六町の家高島の住まい1990竣工









この長いねじれたペンダントを使うのは初めてだがやっぱりいい。
AKARIの一番の良さは骨組みである竹ひごの不規則な配列にあると思うが、
その崩し方のバランスがまた絶妙にいいのだ。
規則正しいものを崩すという日本人の持つ優れた感性が
AKARIシリーズには凝縮されている。
長いペンダントを使ったのは1990年竣工の「高島の住まい」以来だ。
照明をチェックする夜が待ち遠しい。

(S.Tomita)

taa2003 at 03:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月18日

ホンダ、太陽電池事業に参入

今日の日経新聞の一面トップに「ホンダ、太陽電池に参入」の記事。


  ホンダが太陽電池事業に参入・住宅用

  ホンダは住宅用の太陽電池事業に参入する。
  2007年に熊本製作所(熊本県大津町)で量産を始める。
  原料は現在主流のシリコンより安価な素材を使い、
  既存製品より2―3割安くし普及を後押しする。
  太陽電池は地球環境への配慮や省エネルギー志向から
  世界で需要が急増しており、
  将来は燃料電池車の燃料インフラにも活用する方針。
  ガソリン依存を脱し公害を出さない自動車の確立など
  「環境負荷ゼロ社会」に向け一歩踏み出す。

  ホンダは太陽電池の基幹部品の生産と、
  パネルに組み立てる工程の一貫生産ラインを国内に建設する。
  二輪車工場の熊本製作所の遊休地を充て、100億円弱を投じる。
  当初の年産能力は一般住宅用(3キロワット)で
  1万軒分にあたる30メガ(メガは100万)ワット級を想定している。

日経新聞記事「HONDA、太陽電池に参入」「太陽電池」きょうのことば














いよいよホンダが住宅用太陽光発電システムに殴り込みをかけてきた。
我々にとっては大歓迎である。
我が家の屋根にみんなが太陽電池を載せたら、
にっくきダム建設や原子力発電を簡単に止めることができるのだが、
まだまだ高価(3キロワット発電で約200万円)でなかなか普及しないでいる。
3キロワットの太陽電池なら年10〜12万円を稼いでくれるが、
償却するのに16〜20年掛かることを考えると先行投資できる人は限られてくる。
太陽光発電システム補助金も今年で打ち切りになる。

ホンダの太陽電池は素材に高価なシリコンを使用せず、低価格を目指している。
価格競争に拍車がかかることを期待したい。

(S.Tomita)



taa2003 at 23:55|PermalinkComments(0)

2005年12月11日

煙突の熱利用の提案

空調設計のOさんから、
薪ストーブの煙突の熱を利用した温風暖房システムの提案を
以前から聞かされていたが、
自宅にその実験装置ができたとのことで、今日見に行ってきた。

ストーブ本体のすぐ上の穴が温風吹き出し口二重煙突を上から見下ろす二重煙突の上部








考え方はいたってシンプルなもので、
既存の煙突に一回り大きな径の煙突をかぶせ、
その間で暖まった空気を換気扇で床下に送り、
床面あたりから吹き出させるというもの。
(実験装置では床下までは送っていないが・・・)

ストーブに火を入れてまもなく、換気扇のスイッチを入れると、
吹き出し口からなま暖かい空気が出てきた。
ストーブの表面が200度を越えた時点では、
ちょうど石油ファンヒーターから出てくる温風と同じ
70〜80度位の温度に上がっていた。
換気扇は回し続けていたが、吹き出す温度は下がることもなく、
安定していた。

火を止めてから、5分、10分、15分と吹き出し口に手を当ててみたが、
温度はほとんど下がっておらず、思ったよりも遥かに持続していた。

単純な構造なのが素晴らしい。安くできそうだし、
今度薪ストーブを入れるときは是非導入してみたいと思う。
Oさん、その時はよろしく頼みます。

(S.Tomita)


taa2003 at 23:22|PermalinkComments(2)

2005年12月07日

箱火鉢

先日、入居されたお宅に懐かしい箱火鉢が据わっていた。
桜の無垢材で作られたりっぱなものだ。
ご主人は五十半ばで私とよく似た年頃だから、
火鉢への郷愁はよく理解できる。

箱火鉢箱火鉢








私も十年ほど前に、家内の実家から火鉢を譲り受けてきて、
毎冬、茶の間に出しては暖を取っているが、
ただそこにあるだけで、
時間がゆったりと流れるように感じられるから不思議だ。

小さい頃はよく火鉢の上にまたがって着替えをして叱られたが、
隙間だらけの部屋でこれだけで過ごしていたのだから、
寒さには強かったはず。
手足の指は霜焼けでいつも真っ赤になっていたが、
でもそれは遠い昔のこと。

いま家造りで入れたい設備機器のナンバーワンが床暖房らしい。
機能的で便利なものは入れすぎると
感性を鈍らせたり、老化を早めたり、怠惰になるから恐い。
どこまで入れるかが悩むところだ。

(S.Tomita)

taa2003 at 23:55|PermalinkComments(0)

2005年11月24日

灯りのチェック

今日は午後から役所の完了検査だった。
もう引越しの荷物も入ってしまっていたので、
夜の灯りチェックができないのかと危惧していたのだが、
スタッフTが昨夜一人で行っていたのを、
パソコンの中の現場写真を見つけて知った。
灯りのチェックは竣工前の楽しみの一つであり、
事務所総出で行くことも結構あるのだが、
今回はスタッフに一本取られた。

灯りのチェック灯りのチェック








「建物は夜も見なければ半分しか見ていないことになる」と
いうようなことを誰かが言っていたけれど、
設計者にとって照明計画はそれほど大切な要素である。
「暗い」とクレームが付くのがいやで、どうしても多めに計画してしまうが、
吉村順三の住宅には照明器具がほとんど見当たらない。
考え抜かれた灯りは空間を表情豊かにしてくれる。

(S.Tomita)

taa2003 at 23:55|PermalinkComments(0)