透き影の家

2008年02月01日

重量木骨メール便

重量木骨メール便が届いた。

***********************************************************************
  ■☆コンテストグランプリ、表彰式が行われました!☆■
***********************************************************************
昨年末に決定した「ちょっとプレミアムな私の家と暮らしコンテスト」
グランプリを受賞したM様御一家を表彰させて頂きました!

M様から、じかの喜びの声を頂き、スタッフ一同感動いたしました!
建て主様の熱い思いがあって、それを叶える施工会社、
重量木骨プレミアムパートナーが協力し合って初めて実現する、
思い描いた暮らしが出来る家づくり。

▽グランプリ授賞式の様子や、M様の素敵な暮らしぶりはコチラからどうぞ!
http://fm.msgs.jp/asc/f/?p=1000000524/ac01/68/48165
***********************************************************************

授賞式のなかにいましたいました、晃輔さんの晴れ姿(^。^)
グランプリの副賞、すごいんですね。
あと一歩、惜しかったね(笑)

(S.Tomita)

taa2003 at 12:27|PermalinkComments(0)

2008年01月30日

晃輔さんと「透き影の家」

昨秋、誉建設の専務の晃輔さんから、
NCNが主催する 『「ちょっとプレミアムな私の家と暮らしコンテスト」に
「透き影の家」が準グランプリに選ばれた』 との連絡を受けていたが、
先日その授賞式が横浜で行われた。

いつも縁の下にいて設計者の我がままを聞いてくれる工務店が
その力量を評価されて表彰されることはとてもうれしいことです。
ましてや晃輔さんはこの家の建主でもあるからなおさらです。

透き影の家 夜景(2005年竣工当時)NCN(SE構法)2008年のカレンダーに掲載された








彼との出会いはもう5年前の2003年の春になるが、
第一声は「SE構法で家を建てたいのだけど設計してもらえますか」だった。
当時彼はまだ20歳代、「若いのに見立てのいい子だな」というのが第一印象だった。
SE構法は今ほど世間に知られていなかったので、
かなり勉強しないとこの構法の良さは見えて来ないと思っていたから、
彼の口からこの言葉を聞いた時は少々驚きで、即座にやりたいと思った。

SE構法でないとできない家をつくろう。
この構法の魅力を家一杯に詰め込んだプランにしようと、
大開口や大空間、屋上利用など、ディスカッションを積み重ねた。
晃輔さんがいなければ、小生SE構法に手を染めることはなかったと思う。
透き影の家は彼のSE構法への熱い想いがつくり出した家なのである。

●透き影の家のムービーはこちら → Act on TV

(S.Tomita)

taa2003 at 20:11|PermalinkComments(0)

2005年08月24日

ディレクターの仕事

今朝、「透き影の家」が四国放送テレビ「あさ630」で紹介された。
この家は木骨造(SE構法)の良さを積極的に生かす考えで取り組んだので、
普段より遥かに見せ場の多い家になった。
壁のない大広間や大開口、それに屋上ガーデンはこの構法ならではものだし、
それ以外にスキップフロアやロフトの竹座、逆転プランのことなど、盛りだくさんである。

取材してきたネタをどう料理するのか、ディレクターの仕事はホント大変だと思う。
編集はBGMの選択に至るまで、すべて一人でおこなうらしいから、
その人のカラーが間違いなく出るはず・・・・・。
この番組には二人のディレクターが居るらしいが、
どちらの制作かが分かるようになれば、本物のファンということになるのかな?

設計者として伝えて欲しいと思ったことが、短い時間の中に見事に語られていた。
彼流の言葉で・・・・・  感謝しま〜す。

(S.Tomita)

0824取材10824取材2

taa2003 at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月08日

5分のために・・・

「透き影の家」に三日続けて通った。
土日の内覧会に続いて、今日は朝から四国放送テレビの取材だった。
あさ6・30」の番組の中の
「遠藤貴巳のおじゃまします」のコーナーで紹介される。
放映時間は5分だが・・・・・・取材は4時間を超えた。
9月初旬の水曜日に放映とのこと。

(S.Tomita)

0808取材10808取材2

taa2003 at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)