住吉の家

2009年03月23日

入居後のお子さんたち

この金曜と日曜日、昨年竣工した二軒のおうちに行ってきました。
まだ、半年ほどしか経っていないのですが、
お子さんたちの成長振りには目を見張ります。


まずは三人のお子さんのいる「住吉の家
子供部屋は将来三つに仕切れるようになっていますが今は広々ワンルーム。
部屋は可愛く着飾っていて、まるで幼稚園のリズム室のようです。

住吉の家01

6歳、4歳、2歳のお子さんたち、いつも誰かが泣いているって感じです(笑)
些細なことでは動じない、お母さんはたくましくなりますね。

住吉の家02


もう1軒は「寄り添う二人のシルエット」でお馴染みの(笑)
仲良し姉妹のいる「眉山を臨む家」です。
工事現場ではヘルメットを椅子替わりにしていたお茶目な妹のsoraちゃん
たった半年足らずで見違えるほどしっかりしていました。

眉山を臨む家01

この日もずっと二人で遊びに熱中していました。
いつ撮ってもこの二人には深い姉妹愛が感じられるんです。

眉山を臨む家02

「10年後におじさんとデートしてね」とお願いしてきました。


(S.Tomita)

taa2003 at 14:58|PermalinkComments(0)

2008年07月12日

『住吉の家』UP!

ホームページに 『住吉の家』 をUPしました。

住吉の家/撮影:幸田青滋















住吉の家/撮影:幸田青滋










                                       
(S.Tomita)

taa2003 at 01:23|PermalinkComments(0)

2008年07月05日

黄色いLapinと西玄関

今日は「住吉の家」の造園工事で午前と午後に立ち寄ったら、
2回ともクライアントの黄色いLapinが停まっていた。

黄色いLapinと西玄関





















黄色いLapinと西玄関





















この黄色が西玄関のアクセントカラーに決まってから、
撮りたいと思っていたご対面のアングル、今日やっと撮影できた。

六星占術に詳しいご主人のお母さんも「いい色だね」と言って、
喜んでくれているようだ。
色決めの時、風水のことなど全く眼中になかったけど、
西の黄色は金運を呼ぶとのこと。
よかった、よかった(苦笑)

(S.Tomita)

taa2003 at 19:35|PermalinkComments(0)

2008年07月04日

照明チェックの日

昨夜はスタッフと「住吉の家」の照明チェックに行ってきた。

照明1
















照明2
















灯りの付いた部屋は暮らしの匂いのようなものが漂ってきて、
引き渡しが近づいてきたことを実感する時でもある。

嬉しいような寂しいような変な気分をまた一つ味わっている。

(S.Tomita)

taa2003 at 18:39|PermalinkComments(0)

2008年07月02日

『住吉の家』 完成見学会

『住吉の家』 の引渡しの日が近づいてきました。

玄関から土足のままで繋がるダイニングキッチン。
来る人すべてを受け入れるオープンなつくりの住まいです。
3人のお子さんたちが伸び伸びと育つよう、
広いテラスに広いデッキと、庭との繋がりも大切にしています。

住吉の家
















施主さんのご厚意で完成見学会を行えることになりました。
建てようネットのホームページより、お気軽にお申し込み下さい。

『住吉の家』 完成見学会
 日時/7月6日(日)14:00受付
 場所/徳島市 ※申込後に詳細を連絡
 申込締切/7月4日(金)


(S.Tomita)

taa2003 at 11:57|PermalinkComments(0)

2008年06月30日

黒い和紙クロスの間

先月、ブログで紹介した高須賀晋の黒いクロスの話
それを手本にした『住吉の家』の畳の間が完成した。

黒い和紙クロスの間
















黒い和紙クロスの間




























ここは寝転がってテレビが見たいというご主人専用のスペース?である。
落ち着いたこの雰囲気、テレビを見ながら「即就寝」間違いなし。(笑)

(S.Tomita)

taa2003 at 13:44|PermalinkComments(0)

2008年06月24日

ツインカーボの上げ下げ障子

最近、ジャロジーサッシの内側に、すきま風防止の意味も込めて、
乳半のツインカーボを使って上げ下げ障子を入れることが多くなった。

ツインカーボの上げ下げ障子1




























ツインカーボの上げ下げ障子2





























写真のようにシンプルなフレームレスの納まりにできるから、
本来の木製の障子とはまた一味違う雰囲気を醸し出してくれる。

また、空気層のある構造が保温や断熱効果をもたらすので、
内障子的な使い方には打って付けの素材でもある。

ツインカーボの上げ下げ障子3
















高気密高断熱化が進めば進むほど、我慢の限度は下がってくる。
ジャロジーサッシのすきま風、気になる人が増えてきた。

(S.Tomita)

taa2003 at 20:44|PermalinkComments(3)

2008年05月23日

高須賀晋のシンプルな色決め

若い世代には馴染みが薄いと思うが、
日本建築の新境地を拓いた高須賀晋という建築家がいる。
枕木だけで造り上げた生闘學舎の設計者といった方が、
ピンと来る人が多いかもしれない。

事実かどうかは定かでないが、
氏にまつわるエピソードは面白い。

クライアントとの打合せはいつも酒を飲み交わしながらやるそうで、
飲ま(め)ないクライアントの仕事はしない。
壁の色決めの時、持って行くサンプルは白と黒の二色だけで、
「どちらにしますか」で決めるそうだ。

『住宅建築』特集:高須賀晋(2007年6月号)













「茂原の家掘彑澤廖Ч眇棆貎













「多古の家」設計:高須賀晋













白木には黒がよく似合う。
木のフレームが際立つ黒い壁のインテリアは氏のカラーである。

氏にあやかって、「住吉の家」の畳の間の和紙クロス、
かなり濃い色で決めていただいた。
出来上がり、乞うご期待!

(S.Tomita)

taa2003 at 19:27|PermalinkComments(0)

2008年03月02日

Mzさんちの建前

今日は穏やかな日和のなかで、
5歳、3歳、1歳と三人のお子さんのいるMzさんちの建前でした。
正午前に満潮になるということで、上棟式は11時から始まりました。

上棟式1









上棟式2

















今日の良き日をお二方のご両親をはじめ、お祖母ちゃんとお兄さん、
ご家族総出で祝ってくれました。
建てようネットの白井さんもお忙しい中、
商品券を持って駆けつけてくれました。

Mzさんご夫妻と建てようネットの白井さん










お昼は木の香りが新しい建物の中での食事会。
みんな、少しかしこまった顔で写っていますが、
箸をつける前に記念撮影をということで、
こんな表情になりました。(笑)

食事会











食事のあとは小松島二条通りにある大正館に誘っていただき、
和庵(なごみあん)でゆったりとした時間を過ごさせていただきました。
久しぶりにオーナーのSさん夫妻にもお会いでき、
大正館再生当時の苦労話で盛り上がりました。
徳大生たちのボランティアが中心となってつくり上げた
Sさん自慢のビオトープの庭が5年の歳月ですっかり自然に同化していました。

大正館で記念撮影










Mzさん、今日はいい一日をありがとうございました。

(S.Tomita)

taa2003 at 23:37|PermalinkComments(2)

2008年02月08日

「住吉の家」の地鎮祭

今日の午前中は「住吉の家」の地鎮祭でした。
旧暦では1月2日で友引の日に当たります。
地鎮祭にはとてもいい日とのことで、
工事契約を交わす前からこの日と決まっていました。

「住吉の家」地鎮祭











写真に写っているのは長女の桃子ちゃん(5才)ですが、
次女の心ちゃん(3才)、長男の軍次くん(1才)と続きます(笑)。
3人のお子さんがいるおうちの設計は久しぶりです。

プランは友だちや子供たちがいっぱい集まって来てくれるようにと、
表から裏まで通り抜けのできる土間や、
それにつながる広いテラスを設けています。
近くを通ればちょっと立ち寄りたくなるような、
そんなおうちを目指しています。

(S.Tomita)

taa2003 at 23:45|PermalinkComments(0)