中庭に集う家

2012年04月25日

ローソンにはなくてサンクスに・・・

先日取材を受けた元気なお子さんたちのいる『中庭に集う家』が、

今日発売の「あわわFreeプレ創刊号」に載るとのことで、

早速ローソンに立ち寄ってみたけど見当たらない。

帰ってネットで調べて見たら、ローソンにはなくてサンクスに・・・・・

ローソン派としては困るなぁ(笑  →あわわfree誌・設置箇所一覧


建てようネット新担任の金本さん、早くもブログに揚げてくれてます。

取材お世話になりました。


(S.Tomita)

taa2003 at 14:09|PermalinkComments(0)

2012年03月14日

中庭を芯に据えた暮らし

「中庭に集う家」は来る人すべてを中庭へと導けるように、玄関から中庭までを
土間で繋いでいます。
120313-9

庭との繋がりをより強めるため、土間と中庭は二間幅でフル開放する建具で
仕切っています。
120313-8

また対面するリビングもデッキテラスと二間幅で開く建具で庭を取り込んでいます。
120313-10

中庭を芯に据えた暮らしがこれから始まります。


(S.Tomita)

taa2003 at 02:37|PermalinkComments(0)

2012年03月11日

家族で種まき

東日本大震災の悲しみから一年、全国各地で合同慰霊祭が行われていた。
大切な家族を亡くされた方たちのいつまでも癒されることのない心情を見るに付け、
今のわがままな自分を恥じるとともに、何の不自由のない日々の生活に感謝し、
いつも二の次にしてきた家族のことをこれからはもっと大切に生きて行こうと思う。

日本中の人々が被災で亡くなられた方たちに哀悼の意を込めて黙祷した今日、
「中庭に集う家」の家族が全員でクローバーの種を撒きました。
120311-3種まき

気安くて明るいご夫妻と天真爛漫なお子さんたち。
120311-2種まき

このしあわせがずっとずっと続きますように・・・・・・


(S.Tomita)



taa2003 at 23:52|PermalinkComments(0)

2012年03月09日

青空リビング完成です!

ご覧あれ、この大らかさ!
 
完成引き渡しの時、幸田カメラマンが撮ってくれた「中庭に集う家」のファミリーです。
family-1

family-2

姉ちゃんの動きは体操選手のように軽やかだけど弟さんも負けてないです。
とにかくよく動きます。二人とも一秒たりともじっとしていません。
初めて会った日もこんな感じだったなぁ。
一年前、建てようネットから送られてきた面談資料の趣味の欄に
姉弟とも「戦いごっこ」と書かれていたのを思い出しました(笑

玄関から土足のままで中庭につながるプランは、
こんな活発な二人を見ていて浮かんだもの。
みんなが集う青空リビング、ついに完成です。

ホームページにアップしました。
120313-3


(S.Tomita)

taa2003 at 16:28|PermalinkComments(0)

2011年11月04日

長い立ハゼ葺き

「中庭に集う家」の屋根はガルバリウム鋼板の立ハゼ葺き。
片流れの一番長いところは19m余りもある。

折り曲げ機を現場に持ち込んでの製作になった。
111104m-05

継ぎ目なしの一枚もので仕上がって行く。
111104-24

ゆるい勾配でこれだけ長いと雨水を掃くのに時間がかかる。
ガルバの重ね部分にブチルゴムのシールを貼って集中豪雨に備えてくれている。
111104-18

(S.Tomita)

taa2003 at 21:38|PermalinkComments(0)

2011年10月12日

みんなで上棟式

10月11日大安吉日、『中庭に集う家』いよいよ上棟です。
祝い事は大勢で祝うのがいいということで、
「僕、高い所だめなんです」という建てようネットのshiraiさんを
無理やり巻き込んでの儀式となりました。
確かに顔は笑っていますが腰から下が・・・・・・(笑)
111011-02

そのすぐ下ではパパの雄姿を家族が見守ります。
掛矢を持ってこれほど様になる建て主は滅多にお目にかかれません。
パパの株が急上昇した瞬間です。
111011-01

全体の輪郭が現れました。ほぼ中央の凹んだところが中庭になるところです。
111011-05

奥になが〜い建物。一番長い登り垂木は19mもあります。
111011-04

最奥には吹抜けのリビングとロフトが一体になった大空間があり、
間中の間中ピッチ(1/4間)の登り垂木が化粧になって現れます。
111011-03

楽しみを一杯載せて、これからの現場にますます力が入ります。

(S.Tomita)

taa2003 at 12:52|PermalinkComments(0)