キッチンを囲う家

2013年02月04日

あわわの取材

住まわれて半年の「キッチンを囲う家」で、あわわの取材に立ち会った。

130204-1

設計者はどんな住まわれ方をしているのかが一番気になるところである。

建物の真ん中に置いたステンレス製のこの大きなキッチンで、
一日のほとんどを過ごしていると聞くとやっぱり嬉しさがこみ上げてくる。

掲載号は少し先の4月25日発売とのことだが、
その時には家族が一人増えて4人になっている。
新しい生命と共に、建物もいい年輪を刻んで行って欲しいです。

(S.Tomita)

taa2003 at 20:35|PermalinkComments(2)

2013年01月12日

家族の絆はキッチンから

昨年夏に竣工した『キッチンを囲う家』をホームページにアップしました。

キッチンを囲う家-2

モンゴル高原の遊牧民住居ゲルのように建物の中心にキッチンを配した住まいです。
家族のコミュニケーションは食事のひとときから始まる。
食事中の何気ない会話の積み重ねが家族の絆を確かなモノにして行く。

キッチンを囲う家-1

『キッチンを囲う家』はそんな想いをカタチにした住まいです。

(S.Tomita)

taa2003 at 19:19|PermalinkComments(0)

2012年08月02日

感動のサプライズ!

今日の午後、感動のサプライズがありました。

引き渡しのその日のために、
咲希ちゃんが小生の似顔絵を描いてくれてたんです。

120802m-03

長い面、目の周り、細いあご、何かしらよく似てますね。
かなり若づくりだけど、これは咲希ちゃんの思いやりなんだろうか(笑

8月は小生の誕生月、最高のプレゼントになりました。
30年設計の仕事をしてきてベスト3に入る出来事です。

ありがとうね、咲希ちゃん。
子供たちに夢を運ぶやさしい絵本作家になって下さいね。

(S.Tomita)

taa2003 at 21:00|PermalinkComments(5)

2012年08月01日

明日引き渡し

着工すればいつか必ずやって来るのが竣工の日です。
名残惜しいけど明日『キッチンを囲う家』を引渡します。

最後の最後に据わったキッチンでこの家に魂が入ったように感じます。
120730-13

個人個人の楽しみに走る現代生活では、食事どきが家族の
コミュニケーションを取る数少ない機会になっている。

奥さんの料理好きと相まって家の中心に置いたキッチンが
家族の絆を育んでいく。

それは2階からも
120729-22

玄関先の土間からも眺めることができる。
120730-23

家族、友人、そして近隣へと、
キッチンを通して、コミュニティーの輪が拡がっていって欲しい。

●追伸
施主Tさんのご厚意で開催できた完成見学会。
建てようネットの金本さんがその様子を紹介してくれました。

  建てようネット 担当者のブログ 7月30日


(S.Tomita)

taa2003 at 20:10|PermalinkComments(0)

2012年07月27日

紺の和紙障子

玄関脇にある「接客の小部屋」は非日常な空間です。

120727-04

対角線上にある小さな紺の和紙障子が瞑想の世界へと誘います。

120727-34t

120727-35

「キッチンを囲う家」はこの日曜日(7/29)が完成見学会です。
申込がまだの方、いますぐこちらまで → 建てようネット徳島


(S.Tomita)

taa2003 at 23:05|PermalinkComments(0)

2012年07月20日

もうすぐ完成見学会!

■『キッチンを囲う家』完成見学会

 日時/7月29日(日)10:30〜12:00、14:00〜15:30
              ※建物説明会11:00〜、14:30〜の2回実施
 場所/藍住町
 申込先/建てようネット徳島 → 
申込方法はこちら

 料理好きの奥さんのために家の中心にキッチンを置いた住まいです。
 オープンなキッチンは2階からも兼感からも臨むことができます。
 キッチンを囲う暮らしが家族の絆を育み、コミュニティーの輪を広げて行きます。


新春より進めていた『キッチンを囲う家』がもうすぐ完成します。
120720-1キッチンを囲う家
肝心のキッチンはまだ据わっていませんが、
玄関脇に設えた接客の小部屋がいい感じに仕上がってきました。
120720-2接客の小部屋
この住まい、建てようネットで建てた家です。
建てようネットが完成見学会を開催してくれることになりました。
ご快諾下さったTさんありがとうございます。
興味のある方はぜひ足を運んで下さい。待ってます。

(S.Tomita)

taa2003 at 20:50|PermalinkComments(0)

2012年03月20日

咲希ちゃん、また入選!

咲希ちゃんがまた入選していました。
第21回世界子ども愛樹祭コンクールで第二席の快挙です。

120320咲希ちゃん「みどりの賞」

咲希ちゃんの絵はいつも独創的で驚かされます。
彼女の手に掛かると樹木もこんなに力強くなるんだね。
丸太のようなたくましい木々に生命を感じます。

新聞は白黒だけどカラーでないとこの良さはわからないなぁ。
カラーはこちら → 絵画の部・入選作品
徳島新聞webはこちら → 紹介記事


(S.Tomita)

taa2003 at 23:30|PermalinkComments(2)

2012年03月02日

やっぱり仮設的なものが好き

今日は大安吉日、「キッチンを囲う家」の建前でした。
120302-1建前

建前の度に思うのだけど、木造建築は骨組だけの時が最も輝いて見える。
鳥籠のような内部空間はそれだけで心地いいのだ。
仕上がるに連れその良さが消えて、ただ美しいだけの空間になっていく。
そうならないように設計に工夫を凝らす。
120302-2建前

15年ぐらいの周期で塗り直すのだろうか。ちょうどいま吉野川大橋に
ペンキ塗りのための足場が組まれていることを思い出し、
建前のあとはそちら回りで帰ることにした。
120302-3吉野川大橋

仮設の足場は鋼管の上に板を置いただけのシンプルなものだけど、
うねる曲線が何とも言えず心地よく、豊かな空間を創り出している。
120302-4吉野川大橋

仮設的なものが根っから好きな性分なんだと思うけど、
骨組だけの華奢なものなんかには異常に反応してしまう。

「仮設的なものが好き」は偏った美意識なんだろうか?
いままでにもこれだけ書いてました。(笑

2005.09.07 どこにどんな家を建ててみたいか?
2005.10.30 ワンルームがいい
2010.02.04 仮設的な建築に魅かれる
2010.02.12「久住章のゲストハウス」のこと

(S.Tomita)

taa2003 at 18:02|PermalinkComments(0)

2012年02月06日

Sakiちゃんの「黄色いさかな」

Sakiちゃんに「またいい絵が描けたら送ってね」と頼んでいたら、
昨日新作が届きました。
題名は「黄色いさかな」 週に一度通う絵画教室で描いたものです。

咲希ちゃんの「黄色い魚」

大胆なカタチとユニークな色使いがSakiちゃんの絵の特徴で
一瞬にして惹きつけられるのですが、じっくり観ていると、
動物愛や家族愛?のようなやさしさが画面全体からにじみ出てきて、
ナイーブなこころの中を表した絵のように感じます。

この絵、世界こども図画コンテストの国内優秀賞に選ばれたとのこと。
すごいなSakiちゃん、おめでとう。次の絵を楽しみにしています。

(S.Tomita)

taa2003 at 12:07|PermalinkComments(0)

2012年01月12日

おしんのような女の子

「キッチンを囲う家」のsakiちゃんは「おしん」のような雰囲気を持った女の子です。
初めて会った時から私の中ではどんなに辛くても耐え忍ぶおしんと重なり続けています。

新学期の始まった昨日が地鎮祭でしたが、
sakiちゃんが帰ってくるのを待って午後から始めることにしました。

ご祈祷札に願いを込める姿や
120111-1

120111-2
玉串を捧げ祈る仕草
120111-3
四方祓いの時の表情など
120111-4
どれをとっても古い儀式には役者のように似合っているんです。

宮司さんが奏でる横笛の音色と共に忘れられない地鎮祭になりました。

(S.Tomita)

taa2003 at 20:59|PermalinkComments(0)

2011年11月05日

こども県展に初出品で優秀賞!

いま進行中の「キッチンを囲う家」のsakiちゃんは、
癒し系というか、おっとりしたもの静かなタイプで、
大人と会話ができそうな雰囲気を持った女の子だ。
設計の打合せをしている時はひとり黙々と絵を描いている。

そのsakiちゃん、一年生になったこの春から絵を習い始め、
初めて出した「こども県展」で優秀賞に選ばれた。

昨夜の打合せの時に、携帯に撮っていたのを観せてもらったが、
オドロキ!モモノキ! サンショノキ! すごいインパクトだった。

ウサギの親子を描いているのだが、カタチも色遣いもまったく
想像できないほど個性的で、すっかり引き込まれてしまった。
ウサギの周りに青い雲のようなものが点在していたが、
これがヤケに効いていたような気がした。

「戻って来たら観せてね」と頼んでおいたけど、そこまで待てないなぁ。
やっぱり携帯の写真、送ってもらおうかな(笑

もし届いたら、ここに貼り付けます。

      ・
      ・
      ・
      ・
      ↓

届きましたよ、観て下さい!これがsakiちゃんが描いた「うさぎ」です。
11-09-04うさぎ
親子の表現といい、色遣いといい、何か秘めたもの感じるなぁ。

今日、絵画教室で描いたフクロウの絵も一緒に送ってくれました。
11-11-05フクロウ
羽根もカタチも色も何もかも独創的やなぁ。今度は特選を期待してますよ〜。

(S.Tomita)



taa2003 at 17:33|PermalinkComments(0)