山菱電機四方亭

2012年11月20日

「日本のルーツを探る旅」完!

山菱電機石井工場の癒し空間「四方亭」が完成しました。
121119-01

四神相応をキーワードに出発した社長との旅は四方八方十六方、三十二葉を経て、
太古の昔の日本人の祖先「五色人」 へとたどり着きました。
121119-18

柱で仕切った四つの間に色違いのローソク立てを吊るし五色人を表現しました。
(東=青人、西=白人、南=赤人、北=黒人)
このローソク立て、何処かで見たことがあるような気がしてならなかったのだけど、
やっと思い出しました。「アラジンと魔法のランプ」の絵本の中でした(笑
怪しい雰囲気を醸し出しているはずですね。
121119-26

そしてテーブルには四つの神様が鎮座しました。灰皿だけど・・・(笑
121119-30121119-28

これでは五色にはまだ一色足らないのですが、黄人は中央の天井にいます。
121119-31

もう一つの棟の方は、真ん中に心柱を立てています。
121119-41

こちらのテーブルは汗のしずくのカタチです。
四方亭の向こうを張って「しずく亭」と呼ぼうかな。
121119-42

その二つの棟を繋ぐのが遊歩道。ウッドデッキもいいけれど
121119-45

社長が敷き詰めたセランガンバツの端材を利用した小道の方が遙かに風情を感じます。
121119-47

これで日本のルーツを探る旅はおしまいです(笑


(S.Tomita)

taa2003 at 13:41|PermalinkComments(0)

2012年11月08日

四神相応をキーワードに

この夏休みにインターンシップ生の河田さんらと四神相応をキーワードに
まとめたプロジェクト山菱電機石井工場の「四方亭」が進んでいます。

121107-02

方形屋根の下は十字に仕切り、北に玄武、南に朱雀、東に青龍、
そして西に白虎の間をつくります。

121107-17

改善提案三万件達成を記念して建てられる四方亭は社員のための癒しの場所です。

121107-11

大小二つの建物を木の遊歩道で繋ぎます。

121107-30

(S.Tomita)

taa2003 at 00:09|PermalinkComments(2)

2012年09月13日

社長のスケッチカレンダー

社長が旅先で描いたスケッチを綴った山菱電機のワールドカレンダーは、
今年で21冊目という。

120913山菱電機のカレンダー

鉛筆一本で描く世界に何故か日本のこころを感じてしまう。

来年は二十年に一度の神宮式年遷宮の年に当たる。
その日のためにしたためていた二つの絵が紙面を飾る。

1105-2伊勢神宮

1105-1伊勢神宮

それにしてもうまいなぁ〜、いや上手すぎます。

久し振りに社長との小さなプロジェクトが始まりました。
四神相応をキーワードに新しい展開を見せています。
この結末が楽しみです。

(S.Tomita)

taa2003 at 16:21|PermalinkComments(0)