2011年01月21日

植物市場と現場(捨てコン・墨だし)

本日はkita奥様とご一緒に徳島植物市場で植栽の選定を行いました。

一緒に選んで頂いた造園家の高橋さん。↓↓↓
110121-01

まずは中庭のヤマボウシ(メインツリー・落葉)を選びました。↓↓↓
110121-02
それぞれ枝ぶりや伸び方の違いがあり、高橋さんのご意見を聞きながら
選んでいきました。↓↓↓
110121-03
なかなかいい感じの枝ぶりと伸び方です。↓↓↓
110121-04
高橋さんに枝の剪定の仕方を教わっているところ。↓↓↓
110121-05-02
110121-05-03
これはヤマボウシの花芽です。↓↓↓白いキレイな花が咲きます。

110121-05
こちらが葉芽です。↓↓↓
110121-05-04
何本かある中から決定しました。
決定したのでkita奥様と高橋さんとで記念撮影。↓↓↓
110121-06
別のアングルからヤマボウシ全体と↓↓↓
110121-07
それから、メインツリー以外の植栽も確認しました。
こちらは、ソヨゴ↓↓↓常緑です。
110121-09
こちらはシラカシ↓↓↓どんぐりの出来る樹です。
110121-10
それからヒメシャラ↓↓↓少し赤みを帯びた枝色です。
110121-11
そしてエゴノキ↓↓↓とてもキレイな花が咲くので観賞用で選ぶ方が多いです。
110121-12
エゴノキはこのように葉芽が2つ出てくるのが特徴です。↓↓↓
2つめを副芽といいます。
110121-13
高橋さんのお話、とても勉強になりました。
ほんとうに植物の世界って面白いですね!


その後、植物市場をあとにして現場へ

現場では捨てコン打ちが昨日終わり、墨だしを行っています。↓↓↓
110121-14
トランシットを使って垂直を測り墨を出します。↓↓↓
110121-15
110121-16
110121-17
110121-18
面白そうなので、覗かせてもらう事に↓↓↓
はっきり、くっきり、バッチリ見えますスゴイ!!
110121-19
kita奥様も↓↓↓
110121-20
印をつけて↓↓↓
110121-21
110121-22
墨を出す↓↓↓
110121-23
全体の様子↓↓↓
110121-24
110121-25
110121-27
110121-28
防湿シートもしっかり捨てコンの下に敷かれています。↓↓↓
110121-29
110121-30

今日は寒い中、足を運んで頂きありがとうございました。

墨だしを終えた後は、外回りの配管と基礎の鉄筋を組んでいきます。
次の更新まで楽しみにお待ちくださいね

staff matsuo

taa_kita at 15:10|PermalinkComments(0) 現場 

2011年01月20日

防湿シート敷き込み

ka監督から今日の現場写真が届きました。

砕石を転圧したところです。
110120-01
110120-02
砕石の上に防湿シートを掛けています。
110120-03
重ね代は300mm(150mm以上確保)です。
110120-05
110120-04
南側から北方向を見たところです。
110120-06

明日は予定通り中庭に植えるメインツリーを見に参ります。
鮎喰川河川敷の現地に午前10時集合とのこと。
よろしくお願いします。

(S.Tomita)

taa_kita at 20:46|PermalinkComments(0) 現場 | 監督からの写真

2011年01月19日

砕石地業

今日の現場では、前回の根切り工事に引き続き
砕石地業を行っていました。

砕石地業とは?
根切り底を十分に突き固めた後、
基礎のフーチングや地中梁、底盤、土間コンクリートの下に
砕石を敷き詰めて、十分に突き固める地業をいいます。
この上に捨てコンクリート打つようになります。

定点110119
110119-01

この機械を使って地盤を突き固めていきます。↓↓↓
110119-02
これは基礎のフーチングにあたるところを突き固めている様子です。↓↓↓
110119-03
機械が振動して突き固めています。↓↓↓
110119-04
そのままではガタガタで水平が取れていないので、下の機械で突き均していきます。↓↓↓
110119-05
レベル(高さ)を測っているところです。↓↓↓
110119-06
少し水平が足りないので、砕石を足して↓↓↓
110119-07
全体に広げ↓↓↓
110119-08
先ほどの機械で突き均していきます。↓↓↓
110119-09
110119-10
同じく基礎のフーチング部分も水平を調整していきます。↓↓↓
110119-11
110119-12
110119-13
キッチン部分にあたるところを突き固めていっています。↓↓↓
110119-14
左が突き固めた後、右が突き固める前です。↓↓↓
しっかり突き固められているのがよく分かります。
110119-15
110119-16
110119-17
こんな感じになります。↓↓↓
110119-18

砕石地業が終わると、防湿シート・捨てコン打ちへと進みます。
次の更新をお待ちくださいね。

staff matsuo

taa_kita at 12:42|PermalinkComments(0) 現場 

2011年01月18日

鎮物(しずめもの)の儀

Ka監督から「鎮物を砕石の下に埋めましたので、写真の方をお送りします。拝んでから埋めています」のコメント付きで、「鎮物の儀」の催行写真が届きました。

鎮物は土地の神様を鎮めるために地中に納めます。
2
13
4
5
現場監督の手によって「鎮物の儀」が完了しました。

(S.Tomita)

taa_kita at 17:06|PermalinkComments(0) 儀式 | 監督からの写真

2011年01月17日

水盛り遣り方・根切り

本日から工事に取り掛かりました。
午前中の水盛り遣り方の様子です。
110117-01

水盛り遣り方とは、簡単に説明すると工事を着手する前に、
建築物の正確な位置・高さ・水平などを決める作業の事をいいます。
110117-11
110117-03
午後からは根切りの立会を行いました。
110117-02
下の写真のように地面を掘っていく部分に石灰を撒いて、印をしていきます。
110117-04
110117-05
役所の方にどの程度の深さまで掘るのか説明しています。
110117-06
その後、地面を掘って地層の確認を行いました。
110117-07
110117-08
現況の地盤面より60㎝程度掘ったところが基礎の一番深い部分になります。
110117-09
地層を確認しましたが、問題ないとの事でした。
山土で造成されており、文化財などは出てきませんでした。
今の敷地よりも山側へ行くと、貝塚などが見つかる事があるそうです。
これで、安心して工事を進めることが出来ます。
110117-10

現場の定例は毎週水曜日10:00を予定しており
基礎工事が終わるまでは、週2回ぐらいのペースで現場に行くようになります。

随時、blogを更新していきますので
楽しみにお待ちくださいね。

staff matsuo

taa_kita at 15:33|PermalinkComments(0) 現場 

2011年01月16日

祝・地鎮祭!

1月16日午前10時、待ちに待った地鎮祭が始まりました。
神職は地元椎宮神社の辻神主が務めてくれました。

修祓(しゅばつ)110116-08
降神(こうしん)
110116-10
祝詞奏上(のりとそうじょう)110116-13
110116-15
四方祓(しほうはらい)
110116-17
刈初(かりそめ)/設計者
110116-22
穿初(うがちぞめ)鍬入れ/建主
110116-24
鎮物(しずめもの)/神主
110116-25
穿初(うがちぞめ)鋤入れ/施工者
110116-26
玉串奉奠(たまぐしほうてん)/建主
110116-30
玉串奉奠(たまぐしほうてん)/建主ご家族
110116-34
玉串奉奠(たまぐしほうてん)/設計者
110116-36
玉串奉奠(たまぐしほうてん)/施工者
110116-38
地鎮祭が終り、神主さんを囲んで記念撮影です。
110116-42
最後に元康君と正晃君が建物の四隅のお祓いをし清めてくれました110116-47
110116-48
110116-58
小雪がちらつく寒~い一日でしたが、身も心も引き締まったいい地鎮祭になりました。
石油ストーブと毛布、それに温かい飲物を準備して戴いた地鎮祭は初めてです。
アークホームさんの心遣いが身に浸みました。

(S.Tomita)


taa_kita at 23:55|PermalinkComments(0) 儀式