2017-04-30-12-34-35


お久しぶりでございます。

楽しかった奥三河パワートレイルから、もう1ヶ月経つのですね…



「そー言えば、たーはる某さんってブログ書いてた人、結局どーなったの?」



…という声がチラホラ聞こえるとか聞こえないとかで、中日新聞社さまからもう一回だけ更新の要請をいただきました。

詳細はメインのブログの方で見ていただければ分かりますが…(まだ未完ですが…)


結果としましては、残念ながら今回も完走は果たせず、第1回の時と同じく四谷千枚田の露と消えました…(・ε・)チーン


練習できてなかったので当然の結果なのですが、スタート前までは「上手く行けば棚山くらいまでは…」なんて野望も抱いていたのです。

完走は無理でもせめて来年につながる走りを…と、なんとか気合を入れてスタートゲートをくぐりましたが、体は正直なもので最初の茶臼山の坂で心肺が激しく悲鳴をあげ生命の危険を感じました。

そして面の木の手前で早くも両足が攣り、笹暮ではリタイアしたい気持ちで胸が張り裂けそうだったところを、エイドの超絶美味なトマトで正気を取り戻したのも束の間、貯金を作るはずのタコウズ川の長い下りでは腸脛靭帯が痛み出して休憩三昧…と、まぁなんというか運動不足のお父さんがうっかり出てしまったらこうなっちゃうよっていうフルコースを味わいながら、這々の体で小松エイドにたどり着いたのです。

【AS2:笹暮エイド】
2017-04-30-10-42-56

いちおう当初の予定として、どうせ完走できないんだから脚の温存なんて度外視して、次回への参考データのために前半行けるところまで飛ばしてしまえ!目標は小松エイドを5時間切りだぜ!…なんてご機嫌に考えていたのですが、5時間どころか6時間もかかってしまい、ひとり絶望的な気持ちになっていたところを、ボラの方が「石川さんのウェアの切れ端で作ったんですよ!」っていうお守りのような紐をザックに結んでくれたお陰で、やる気を取り戻し先へ進むことができました。

【AS3:小松エイド】
2017-04-30-12-28-06
image

とは言え、羽でも生えない限り次の第二関門には間に合わない時間帯です。

公式ブロガーのくせに完走どころか第二関門止まり…見せ場らしい見せ場も一切なし…と、それなりに責任を痛感しながら、岩古谷山と鞍掛山の悪魔のようなアップダウンで棒切れと化したパパの脚を前へと進ませたのは…


四谷千枚田の手前でボランティアをしている、まちゃさんの存在でした。


第1回、第2回とボラで参加して、いつも最後の鳳来寺山でパパが来るのを待っていてくれたまちゃさん…

「必ずまちゃさんのところまで辿り着きます!」って約束して、順調に期待を裏切り続けてきたパパ…

さすがに今年は四谷へと配置を代えてくれました(笑)

全てを失ったパパだけど、せめて一度くらいは まちゃさんとの約束を果たそう…ってことで、制限時間が切れた後でも心折れることなく進むことができました。

本当にありがとうございます。

そして、まちゃさんもとうとう来年は選手として出場されることを決意されました。

来年はそろって完走しましょうね!


…と言うことで、3回目の参加にしてようやくまちゃさんとの約束を果たせました〜!…と、無理矢理丸くおさまったことにして、このチャレンジ物語を閉じようと思います。

鞍掛山の急登ばかりに気を取られ、山頂に着いて安心したら胃腸がかなりやられていることに気付いて急に動けなくなり、千枚田までの2km弱の下りに1時間以上かかって、まちゃさんを心配させるというオマケがついてしまいましたが…




BlogPaint



-----------------------------------------------

家庭や仕事が落ち着いたら、しっかり準備して来年こそ湯谷温泉に辿り着き、おいしいビールを飲みたいと思ってます。

半年以上に渡り、このようないいかげんなブログにお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。

今年の奥三河を走った選手の皆さま。気温も高く完走率49%というハードなコンディションの中、本当にお疲れさまでした。パパと同じくDNFになってしまった方は、来年こそ頑張りましょうね!

主催の皆さま、ボランティアの皆さま、沿道やエイドで盛り上げてくれた地元の皆さま。準備、運営など大変だったと思いますが、本当に楽しい1日を提供していただきありがとうございました!


来年こそは…







(おしまい)

image