ブログ村の期待を一身に背負…ってはいないけど、ちょっぴり背負った感じでサブ4へ挑んだパパ。

しかも関西のカリスマブロガーさんたちまで応援に駆けつけてくださった。

な、なんと豪華な…これで関東、関西から一気に注目を集めてしまいましたよ。



これでサブ4できなかったらもう切腹するしかない…首は三条河原にでもさらしてもらおう…('A`|||)



さらに恐ろしい事に、天気予報では3月としては暑いくらいの気温ということで脱水対策に腐心してきたにもかかわらず、当日はまさかの強風&豪雨だった…(゚皿゚メ)

あの、猛烈に寒いんですけど…沿道の三角コーンが風で吹っ飛んでるんですけど…




…という結構大変な状況の中、雨に打たれながら頑張った結果…













なんとかサブ4達成…(・ε・)フゥ…
(3時間54分でした)




この時は「やったー!!」って嬉しさよりも、「よ、良かった…なんとかトップバッターの責務を果たせたよ…」…という安心感の方が強かった。

B型テキトー人間のうえ物事への執着心も薄いパパは、「自分との戦い」にはめっぽう弱いのだけれど、外ヅラは結構気にする男なので、このような自分だけの問題では済まされないようなケースではそこそこ頑張れたりするのである。

独りぼっちでコッソリの挑戦だったら、間違いなく30km地点でひっそりと終戦していただろう。

そーゆー意味ではブログ村の恩恵はとてつもなく大きいかった。

…となると、この『チャレンジ物語』効果で来年のOPTも……



さて、その後に続いた人気ブロガーのお二人も見事サブ4を達成され、他にも各地でサブ4達成の報せが続いた時期でした。

このとき一緒に頑張った人たちは、今でも戦友だと思っています。



こうして4時間を切れたことで調子に乗ったパパは、続くウルトラマラソンでも悲願の100km完走に成功。

この大会で、先の人気ブロガーのお一人である、アレキさんに初めてお会いすることができました。

この出会いが後にパパを道志村トレイルにエントリーさせることになり、奥三河へと繋がってゆくのです。


その後はハーフマラソンでもなんとか100分を切れるようになり、フルマラソンも3時間30分切りを狙っては撃沈したりと、ブログ村の皆さんとワイワイ楽しく走っていました。

ちなみに3時間半は未だに切れないどころか、年々タイムは落ちる一方です…

やがて、シーズンオフの夏場には山へ行くようになりました。

夏にはほとんど大会がないので、代わりに山へ行く人が多いのです。

7月や8月のブログ村では、富士山や北アルプス、丹沢や高尾山(ブログ村の人は高尾山が大好き)や地元の里山などに登った記事が数多くアップされ、とっても楽しそうなお話ばかりなので読んでるうちに山へ行きたくなってしまうのです。

パパも気づいたらトレランシューズを買い、ザックやらポールも揃え、好○山○やらモ○○ルショップに足を運ぶようになっていました。

山の良いところは、マラソンと違って家族で楽しめるところです。

マラソンでは、大会はもちろん練習に行くにしても家族に迷惑をかけない配慮が必要ですが、山ならみんなで行けるから何の問題もありません。

こども達も山登りは大好きなので、近くでは猿投山に登ったり、少し足を伸ばして宇連山や鳳来寺山のような奥三河の山など、夏に限らず春や秋にも登るようになりました。

2016-03-20-13-55-19
(宇連山を登る たーはる達)

下山後に湯谷温泉に泊まり、のんびり温泉につかった後に呑む奥三河の地酒「蓬莱泉」は最高です。

2016-03-20-18-38-56

上の写真は、毎年OPTの選手説明会場に使われる『湯の風 Hazu』に泊まった時のものです。

数年後に選手として戻ってくるとはつゆ知らず…


すっかり山を楽しむようになったパパですが、トレランの大会に出ようという気は全くありませんでした。

なぜなら、トレイルを走っているブロガーさんは猛者ばかりだったからです。

パパには縁のない世界だと思っていました。

ところが…

一つだけパパの心をワシ掴みにするブログがあったのです。

他でもありません、先ほどのサブ4戦友であるアレキさんのブログです。

アレキさんは今でこそUTMF有資格者ですが、当時はトレラン大会でのリタイアが続いていました。

ブログを読んでいても、(申し訳ありませんが)とても完走できるような内容ではなく、ただただ苦しみ続けた挙げ句に時間切れとなり、しょんぼり家路につく…という展開が続くのですが、アレキさんが書くと何故かとっても楽しそうなレースに思えてくるのです。

その文才こそが人気ブロガーたる所以なのですが、とにかく夢中になってアレキさんのトレイルレポを読み続けました。

中でもひときわ異彩を放っていたのが「道志村トレイル」でした。


もしOPTにも出ていたとすれば、パパではなくアレキさんに公式ブログを書いてもらった方が間違いなくPR効果は高いのではと思います。

トレイル初心者でもうっかり大会にエントリーさせてしまうような魔力があるのです。

パパも見事に引っかかりました。


そして、ある日そのご本人から直接誘われたのです。

しかも、あの「道志村トレイル」に…

トレランやってる方でしたら、いかにドSな恐ろしいコースで初心者のデビュー戦にはありえない大会であることは分かると思いますが、パパは誘われたことに興奮してなんにも考えていませんでした。


「たーはるさんの走力なら、道志村のハーフは余裕で完走できますよ〜(←テキトー)ぜひ一緒に出ましょう!」


いま思えば、完全に騙されてるわけですが、この一言が殺し文句となりパパは嬉しそうにトレランの門を叩いてしまうのです…



(つづく)



そのアレキさんですが、来年のOPTにエントリーされています。一緒に走れるのが今から楽しみです。



次回、そしてOPTへ…


次回は1月4日更新の予定です。
ゆるゆるブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
みなさま、良いお年を〜!