あけましておめでとうございます。

早いものでOPTまであと約4ヶ月。

お正月休みで激増した体重をなんとか戻しながら、今度こそ完走できる身体を作っていきたいと思います。

ブログの方も、もう少しお付き合い下さいませ〜



【前回まで】

アレキさんにそそのかされて、気付いたら山梨県は道志村へやって来てしまいました。

2014年の5月のことです。


2014-05-11-06-04-19

初心者のトレランデビュー戦が、まさかの道志村トレイル!

無知とは恐ろしい…ハーフの部だったのがせめてもの救いか…

146d3d99-s
↑この高低図を見ても「ふーん、山がいっぱいあるね…」くらいで、難コースの罠にまったく気付かずドキドキワクワクのスタート!

2014-05-11-06-49-47






…30分もしないうちに騙されたことを悟る…(゚皿゚メ)





「自分は今、なんのためにこんなツラい思いをしているのだろう…」と、何百回も自問しながら、完全なるゾンビの一日を道志の山々で過ごすこととなった。


その時の記録。お暇な方はどうぞ↓

道志村トレイル2014(1),(2),(3),(4),(5),(6),(7),(8)



…と言うわけで、詳細は向こうのブログを読んでいただければ分かりますが、結果はボロ雑巾と化しながらも制限時間6分前に奇跡的に完走!

そしてパパは誓いました。



「もう二度とこんな恐ろしいレースには出ない!出るもんか(゚Д゚)ゴルァ!!」



…しかし………



道志村からの帰り道、東名高速を走りながら雄大な富士山を眺めるうちに、恐怖の記憶はすべて浄化されチャッカリ来年も出るつもりになっていたのです。



…しかもロングの部で…………




デビュー戦を完走できたことで自信をつけたパパは、山に行く回数が増えました。

調べてみると、奥三河には面白そうな山がいっぱいあるではありませんか。

宇連山の多様なコースアレンジメント、馬の背が怖い三ツ瀬明神山、階段がつづく鳳来寺山、キャンプで訪れる茶臼山などなど、単独または家族でもよく登りました。

そして…翌年の道志村トレイル ロングの部のエントリーをもくろんでいたところに、ブログ村のお友達から、とあるレースを紹介されました。



「時期は道志村のひと月前、距離は長いけど下り基調で石川弘樹さん監修なのでそれなりに走れるはず…しかもコースはよくご存知の愛知県奥三河エリア…道志の練習も兼ねて出てみてはいかがですか?」



…ほかでもありません、その大会こそ「第1回奥三河パワートレイル」だったのです!



第1回大会のため情報もなく、ネット上では完走率は20%以下かもとか色々言われてたけど、例によって深く考えずにエントリー!(→当時のパパの考察)

ということで、トレイル第2戦でいきなりOPT参戦となりました。

いま思えば、なんと無謀な…(゚皿゚メ)

でも、この時エントリーしてなかったら、こうして公式ブログを書いていることもなかったわけで、人生なにが起こるかわかりませんね。

これがパパと奥三河パワートレイルとの出会いです。


ちなみに、この無謀な挑戦がどーなったかというと、第1話でも触れましたが鞍掛山に棲む悪魔の生贄となり、第2関門『四谷千枚田』にて憤死。

初心者が出るとこうなる!→2015奥三河パワートレイル(1),(2),(3),(4),(5),(6),(7)

翌年の第2回OPTに懲りずにエントリーして、4km地点で転倒、骨折。

4kmしか走ってないのに全6話!→2016奥三河パワートレイル(1),(2),(3),(4),(5),(6)

パパのブログがOPT主催の中日新聞社の方(実は高校の先輩だった)の目にとまり、公式ブログを連載させてもらえることになる。(←イマココ)



…と、まぁ、とりとめもなく書いてしまいましたが……

トレラン猛者野郎だけでなく、パパのような一般人でも完走できたとなれば大会の裾野を広げることができるのではないか…という大それた野望を胸に今年も挑戦します。

今回は、パパのお友達や知り合いの方も10名ちかく参加されるので楽しみです。

このブログがアップされる頃、まだエントリーを受け付けているかは分かりませんが、画面の向こうでまだ迷ってる方がいましたらぜひ挑戦してみて下さい!

奥三河で会いましょう〜!