2017年06月12日

【前回まで】

もう誰も読んでないだろうから、今回でサッサと終わらせてしまおう…
…と思ったのに、終われませんでした…(・ε・)…



真っ先にエイドを発ったパパでしたが、10分もしない内に両脚をバッチリ攣って、す〜さんの旦那さんにパスされます。

ご主人は最終的に棚山の第3関門までたどり着いたそうです…初出場でとても立派な結果だと思うのですが、奥様の激走により思いっきり霞んでしまいました…(・ε・)…

女性を引き立たせるのは紳士のつとめ…ゴール地点です〜さんの完走を心から喜んでいた旦那さまの笑顔は素敵でした。

さて、両脚がビクビクしたまま動けなくなったパパは、次はR2さんの餌食になるのか…と、後ろから迫り来るR2さんの影に怯えていましたが、待てど暮らせどR2さんはやってきません…

風車をボケーっと眺めている内に、なんとなく攣りも治まったのでヨチヨチと進み始めます。


2017-04-30-09-27-56

どーやらR2さんの方も相当大変なことになっていたようです。残念ながらこの後は一度も会えませんでした。

そこから碁盤石山を力なく進む内に、20km通過。
2017-04-30-09-42-07

すでに3時間10分が経過しています。

ここまで㌔9分半…計算上では完走圏ですが、貯金はまったくありません。ジリ貧です。

この後の10km近くの下りを飛ばしまくるしかないのですが、走っている自分の姿がまったくイメージできないのです…

なんとか碁盤石山をクリアし…
2017-04-30-09-54-08

25kmも通過。
2017-04-30-10-37-51

4時間5分経過…

㌔10分台は目前…これはいけません…(゚皿゚メ)

クソ暑いし、なんかもうどーでもよくなってきたところで、AS2「笹暮」に到着。

2017-04-30-10-42-43

このエイドで息を吹き返します。

2017-04-30-10-42-56
2017-04-30-10-44-15
2017-04-30-10-44-40

トマトが超絶うまい!
2017-04-30-10-43-24

申し訳ないけど相当数食べた…いくつ食べたか忘れたけど亡者のようにトマトをむさぼった…

続けてレッドブルも注入!

よし!制限時間とかよく分からんけど、とりあえずまだ戦えるわ!

…と気合が入ったところで、kpinkcatさんを救護コーナーで発見。

どうやら体調が非常に悪いらしく、ここでリタイアされるとのこと。

とっても悔しかったと思いますが、無理していろいろ支障が出るのはもっと良くないですから、正しい判断だったのだと思います。

また来年以降、頑張ってくださいね!

kpinkcatさんに別れを告げ、タコウズ川沿いの林道をひたすら下ります。

ここは飛ばさないといけないところなのですが、舗装路ではなく凸凹の林道なのでなかなか思うように走れません。

2017-04-30-11-23-11

けっこうな衝撃なので、ソロリソロリと進まないとすぐに脚が攣りそうです。

そしてこの辺りから、腸脛靭帯さまがギシギシ痛みを訴えはじめました。

すでに第1関門の5時間切りどころか、5時間半すら不可能な状況です。

30km地点で4時間50分…かろうじて㌔9分台を死守。

2017-04-30-11-17-00

第1関門まであと7km…

なんとか長い下り坂を終え、ロードへ出ました。

しだれ桃に癒されながら進むと…

2017-04-30-11-45-40
2017-04-30-11-45-44

小松エイドまであと3kmの表示を発見!

2017-04-30-11-55-16



よ…良かった…とりあえず第1関門だけはクリアできそうだ…(←もう帰りたくなっている)


(つづく)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

taaharupapataaharupapa at 14:01│コメント(0)奥三河パワートレイル2017 │

2017年05月28日

火曜日に市内某所にて、数名の関係者による奥三河パワートレイル慰労会が行われ、先輩にご馳走していただきました。

来年から変更される点や今後の展望など、主催者側からのお話を聞かせてもらったり、野辺山やUTMFの完走者、日本オリエンテーリング協会の偉い方たちから色々と貴重なお話も聞けて、あっと言う間に楽しい時間は過ぎてしまいました。

先輩、ご馳走様でした!また機会がありましたら、よろしくお願いしまーす!



(↓つづき)

津具牧場を抜けた後はロードに出て、走ったり歩いたりしながらチンタラ下り続けるとAS1「つぐ高原グリーンパーク:12.6km」へ到着。

2017-04-30-08-09-01
2017-04-30-08-09-03

ここでは『からすみ』が提供されます。

2017-04-30-08-09-51

からすみと言ってもボラの卵ではありません。米粉でつくったほんのり甘いお菓子です。

こんなところで酒の肴の方のカラスミが出てきちゃったら、参加賞の日本酒でチビチビやりたい気持ちになってしまい、レースどころではなくなってしまいます。

(関谷醸造 大会オリジナル醸造酒)
image


からすみをパクついた後、温かいジビエ汁(赤出汁)もいただき…

2017-04-30-08-10-47

チョコやトマトジュースもいただいて、さて、もう一巡!…と行きたいところを後ろ髪引かれる思いで出発。

2017-04-30-08-11-24

他の参加者の皆さんもおっしゃる通り、本当に地元の方々のおもてなしが素晴らしい大会なのです。

応援の子供達と連続ハイタッチした後、敷地内のトイレに並ぶと見知らぬ紳士から「たーはるさんですか…?」と声をかけられる。

初めましての、す〜さんの旦那さまでした!

今回、奥様の激走ばかりが話題になりがちですが、ご主人にもまた奥三河のドラマがあったのです。(たぶん)

この後は再びトレイルに入り、登りが始まります。

2017-04-30-08-31-35

2時間15分で15km通過…
2017-04-30-08-44-54

ここまで㌔9分くらい…

計算上まだ完走圏内とも言えるけど、後半にガタ落ちすることを考えればもっと貯金が欲しいところなのに、パパは既に足が攣っていたのでした…(゚皿゚メ)

なんとか騙し騙し進むと、同じく足を攣ったR2さん発見…

道志村のデッドヒートが思い出される…

…で、WS1「面の木園地:17.8km」に辿り着いた時には、先ほどのす〜さんの旦那さんとR2さんとパパで、仲良くブログ村ブービーチームとなりました。

BlogPaint


そしてこの頃、ブログ村しんがりのあの方は、美人スイーパー3名と最後尾ワルツを優雅に奏でながらコース上を練り歩いておられたのです。


(つづく)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




taaharupapataaharupapa at 17:43│コメント(0)奥三河パワートレイル2017 │

2017年05月21日

【最近の出来事】

まるで何ごともなかったかのように、先生がシレッと復活されてました…




人生初!一桁ゼッケンを背負ってスタートしましたよ!

image

愛知県最高峰「茶臼山」の山頂を目指し、まずはロードを登ります。

と言っても、スタート地点が既に山頂付近なので、ちょこっと登るだけなのだけど…


いきなり口から心臓飛び出そうなくらい苦しいのですが…(゚皿゚メ)


まぁ、あんまり走ってなかったしなぁ…当然だわなぁ…

スタート前は、「一桁ゼッケンが後ろの方を走っていたら周囲のランナーから不審がられるのではなかろうか…そんな奴を招待したとなれば大会の品格が問われることになり、主催者さまにご迷惑をお掛けしてしまうのでは?」…などと心配していたけど、5分もしない内にそんなことはどーでもよくなり、「早く登り終われ!終わりやがれ(゚Д゚)ゴルァ!!」…などと呪いの言葉を連発しながら、ゼッケン番号のことなど遠く銀河の塵と化していた。

登山口で少し混み合い、山頂から下りに入るところで例年通りの渋滞。

2017-04-30-06-58-10

昨年、この山で全てが終わってしまったパパは、これでもかってくらい足元を凝視し、とにかく転ばないよう、最悪滑ってもなんとか受身が取れるよう…それだけを考えながらトレイルを下る。

もちろん自分が渋滞の原因にならないよう、前のランナーと差が開かないようについて行く。

そしてOPTコース上「エリア51」とパパが勝手に呼んでいる、間違いなく未知のなにかが潜んでいる領域へと足を踏み入れた…

2017-04-30-07-11-08

一見、なんの変哲もないのどかな下り坂…しかし、昨年ここでパパのくるぶしの骨はへし折られてしまったのだ!

BlogPaint


このコースの4〜5km地点付近には絶対なにかが潜んでいる…昨年、パパ以外にもここでグネった人がいたようだし、なにより今年もこの先のトレイルでkenさんが靭帯断裂、剥離骨折に追い込まれた。

それでも完走しちゃうとは、凄いっていうよりも狂気としか思えないけど…

昨日の開会式で「くれぐれも怪我のないように…」って言っといたのに…

一見やさしくて気の良さそうな好青年kenさんの、日常に潜む狂気をえぐり出した壮絶レポはこちらから

kenさんと違い凡人のパパは、とにかく慎重に慎重に…昨年転んだポイントもそろりそろりと通過し、その後のトレイルも無理せずポクポク進む。

とにかくケガをしたくないから、後ろから誰か来たらサッサと道を譲ってマイペースを維持。

そして……


とうとう、昨年のリタイアポイント「津具牧場」にたどり着きました。

image


そうだった…去年はここから車に乗せてもらって帰ったんだった…

大会事務局も、まさかこんなところでリタイアする奴がいるなんて思わなかっただろうから、スタッフの方にはイレギュラーなお仕事(回収)を増やしてしまて大変申し訳ない思いをしたのです。

(昨年はここに車は1台も停まってなかったのに、今年は3台も停まっているのは何故?)

とりあえず昨年の自分を超えることができて一安心…正直、距離に関係なく一昨年(四谷千枚田にてリタイア)よりも重い記録だったよ…マジで…

通常、なにも考えずにサクサク通過してゆくポイントなのだけど、パパは一人立ち止まり感慨にふけっていたのです。

さぁ、ここからだ!…と盛り上げていきたいところなのですが、前日の開会式に続き昨年の自分越えを果たしたことでパパの緊張感は一気に緩んでしまい、ここからどころか「まぁ…あとはまちゃさんに会えれば御の字でしょう、もちろん怪我のないように……」などと、中日新聞社さまには絶対言えないヌルい決意でコースを進むのでした…


(つづく)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


taaharupapataaharupapa at 00:29│コメント(0)奥三河パワートレイル2017 │