2011年09月18日

脚さえ動いてくれれば…

薬の効果は一向に現れず、8分/km台を刻み続けるパパ…(゚Д゚)ゴルァ!!

時間はどんどん過ぎてゆく…

さすがにもうこれまでかと思い始めた時、51km付近のエイド「あじわいの郷」で決定的なとどめを刺される!

なんと、小高い丘の上がテーマパークになっているのだ(゚皿゚メ)

入場門まで延々と上り坂が続いている…

あれを登るのか……(゚ロ゚;)

もちろん走って登っているランナーなど一人もいない。

あじわいの郷にはなんの罪もないが、ランナー達の顔にはなんでこんな所を…という恨み節が見え見えである。

これで完全にパパのウルトラは終わった…

周りのランナー達も完全に諦めモードに入っている。

誰一人として走ろうとしない…

残り時間を考えると、ここからかなりペースを上げて行かないとならないのだが、この坂でペースはさらに落ちる一方だ。

パパはもう身体に力が入らず、入場門までの坂道をゾンビのようにノロノロ歩き、さらに園内も登りが続いていたので同じくゾンビのように徘徊した。

園内をぐるっと回るとようやくエイドに到着した。

関門まで4.4kmを残して、残り時間は24分を切っていた。

もう完全に無理…

100kmどころか60kmすら到達できない…

情けない…これが今のパパの姿なのか…

その時、安西先生の言葉が脳裏をよぎった…

諦めたら、そこで試合終了なのである。

そうだ…思い出せ…

こういう…(以下略)

その時パパは気付いていなかったが、第一三共が世界に誇るロキ○ニンは着々と効果を現し始めていたのであった…!

(つづく)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

taaharupapataaharupapa at 21:30│コメント(1)トラックバック(0)ウルトラマラソン │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 薬効38   2011年11月25日 23:29
第一三共効果…、たいしたことありません。。。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字