2012年12月04日

カヤノを履いて、いざ初ジョグへ!

記念すべき最初のジョグは、仕事から帰ってきた後に何故かもう一度職場までジョグで往復するという、なんにも面白くないコースだった。

何故そうしたのかは覚えていない。

片道4kmの道のりをユルユルと走った…と言うか、ほとんど歩いた。

スタート後500mくらいで早くもウォーキングへ移行し、その後はちょっとだけ走っては歩くを繰り返し、這々の体で家に戻ってきたε=ε=(;´Д`)

ジョグというより限りなくウォーキングであった。

その後、1週間に1回くらいの頻度で、仕事の後にジョグを試みる。

家からスタートして、色々な方面へと走ってみたが、いつも3~4kmくらいで終わっていた…

それ以上はとても走れなかった。

2月で寒かったせいもある……かも知れない…

5km走った日は、物凄く頑張った気になって、ご褒美にビールを浴び続けていた…

そんなペースだから、月間走行距離はせいぜい20km行けばいい方だった…

それでも当時のパパは、相当追い込んでいるつもりになっていたのである。

そして1ヶ月半ほど経ったある日、NAOKIからの突然の誘いで2日後の10kmの大会に出ることが電撃的に決まった。

パパのデビュー戦、四日市シティロードレースである。

今ではあり得ないが、当時は空前のブームの一歩手前くらいだったので、当日枠も若干あったのだ。

しかし10kmとは言え、ジョグでも歩かずに走れたのはせいぜい2kmくらいだったパパにとっては未知の世界であり、今で言うとウルトラマラソン100kmくらいの恐ろしさがあった…

スタート前に、もしリタイアせざるを得なくなったら、いかような手順を踏めば良いのかを、しつこくNAOKIに聞きまくった。

下手をすればリタイア…、ゴールできたとしても1時間半くらいはかかるかと思ったが、何とか1時間は切れた…

10km完走に気を良くし、その2週間後いよいよ志摩ロードパーティで初ハーフを走る。

これも3時間くらいはかかるかと思ったが、走ったり歩いたりで2時間12分くらいでゴール!

完走に気をよくしたパパは、この後大会に出まくることになる。

しかし悪い意味で自信を持ってしまい、トレーニングは全く積まないまま本番と言うパターンができてしまった…

タイムというものは気にしていなかった。

ちょっと休日に遠出して、10kmやハーフを走る…

今までにない非日常的な刺激と、どんなタイムであれゴールした後の達成感と、その後の温泉やらビールで次の1週間の仕事を耐えるための活力を得る…

そんなパターンが定着してしまっていた。

逆に平日にまで過酷なトレーニングを積むなんて事は、逆に次の日仕事が辛くなるだけで、それでは本末転倒だな…などと考えていた。

そんな感じのランナーの風上にも置けない、と言うかランナーとはとても呼べないようなオッサンだったのである。

勘違いして、乗鞍の山中で臨死体験しかけたのもこの頃である…

この前後からさすがに練習不足が祟り、レース後にどこかを痛めるようになる。

当然走るのを控えるが、ほとんど走れないまま無理矢理次のレースに出てさらに痛めて、トレーニング量は実質ゼロに近いまま、出場大会数だけが増えてゆくという異常事態に陥っていた。

こんな無茶をしながらも、レース中は余裕で歩きまくっていたので、幸い大事には至らなかった。

マラソンというか、完全にレジャーの一環と化していた…

そう言えば、いろいろ大会に出ているにもかかわらず、サブ3とかサブ4なんて言葉はもちろん知らなかった。

だいぶ経ってから、NAOKIに教えてもらった。

自分には縁のない話だなと思っていた。

そして、相変わらず月間走行距離は20~30kmのままジョグ歴は8ヶ月に及び、とうとう調子に乗ってフルマラソンに出てしまった…


(つづく)

↓本当に大丈夫(゚∀゚)?
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






taaharupapataaharupapa at 01:08│コメント(2)トラックバック(0)振り返る │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 井出浩一   2012年12月04日 20:57
あれだけたくさん参加してるんですから、
楽しみ方はほんと人それぞれなんでしょうね。

でもやっぱり練習がんばったほうが
大会をもっと楽しめそうです。
2. Posted by たーはるパパ   2012年12月05日 00:12
>井出さん

そうですね!
今年サブ4狙い出してから、本当に楽しくなりました(゚∀゚)
それまでのレジャーマラソンも確かに楽しかったのですが…(笑)
おかげで、まだまだマラソンを楽しく続けていけそうです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字