たけのこ生産ライン

ゲームの話題を中心に思ったこととかを書きますよ

Wake Up, Girls! FCバスツアー感想レポ 1日目

1日目

バスに乗る。
旅のしおりを渡される。
こんなの。
しおり

確かこの絵もあいちゃんが描いたって1日目の夕食の時にチラッと言ってたような。

中のスケジュールでこの後すぐにDATEfmの公録に参加することを知る。
普通に既に仙台に居るであろうバスツアー不参加者の事を思い頭を抱える。
会場到着。
5人グループで30秒程度で録音ブースの中に入ってWUGメンバーや機材を見みれる事に。
陣取った位置が悪く、3:4で分かれていたWUGメンバーのうち、あいちゃん側しか見れなかった。
というかほんと全然見れなくてあいちゃんしかわからなかった。
CD流す機械が置いてあったけど、そのそばに少女交響曲とWUGベストのCDが置いてありました。
WUGちゃんの仕事場見学が終わったらラジオが終わるまで自由時間。
バスツアー不参加者組が散らされた所にバスツアー参加者が貯まってたのでそこでず〜っとWUGちゃんを見てた。
みにゃみのリアクションが本当に大きく、見ていて飽きなかった。
椅子ゴロゴロ〜って移動したり、曲中に踊ったり。
他メンバーは結構おとなしめだったかな?

ラジオが終わったらバスで移動。
ホテルに到着。
めっちゃデカい。
そしてお出迎えと遊び要素が。
16

ようこそ


そして次が夕食。
バイキング形式でしたがとにかく参加者が一度に集められて一度にご飯を取りに行くから阿鼻叫喚でした。
自分は速攻刺身に行ったのですがその代わり牛タンを1枚も食べられないという自体に。
牛タン食べたかった!!

ご飯を食べていたらWUGちゃん登場。
せっかく美味しいものがあるんだから私達が余興してる間にも食べちゃっていいんだよって誰かが言ってた。
ここからずっとあいちゃんが司会です。

コーナー1
事前アンケートの1-3位の結果発表。

妹にしたいメンバー
1位みにゃみ 2位ななみん 3位みゅーちゃん
恋人
1位ななみん 2位よっぴー 3位まゆしぃ
嫁にしたい
1位ななみん 2位あいちゃん 3位かやたん
よっぴー「彼女にするならみゅーちゃんでしょ」
ななみん「嫁にするならあいりじゃない?だって毎日エプロン付けて待っててくれるんだよ?」
かやたんがあんまりランクインしてなくて拗ねてた気がする

コーナー2
モノマネ対決

ぐっぱーで決めたら、ちゃーむず&もやごぼVSTwilightに。
仕組んでないですよ!を強調するあいちゃん。
手を取り合いながらポーズも決めて?もやごぼ「太陽と大地の恵み!もやごぼ!!」
ちゃーむずです!
Twilightです(厨二
あいちゃ「拍手の大きさで優勝者キメますから覚えておいてくださいね!優勝者には景品が…ある?無い?ある……無い…あ、あるみたいでーす!!」

みにゃみ 愛しさと切なさと心強さと@歌ってる途中で「仕事で失敗した後輩を慰めるなんとかかんとか」というモノマネで醤油の生?を連呼する。ネタがわからん。
Twilight「初っ端から飛ばし過ぎじゃないですか?」
連合「こっちもこんなに上手いとは予想以上だった」

みゅーちゃん 童話迷宮@ゆかりん
みゅーちゃん「曲名は言いません」
あいちゃん「サイリウムの色は?」
みゅーちゃん「ピンクかな?」

ななみん ポケモンゲットだぜ!@ピカチュウの鳴き声のシーンや、叫ぶところでソーナンスのモノマネ。とかやたんのにょにょにょにょ真似。ななみん曰くソーナンスしか出来ないとの事。何回もスマホで録音して聞き直すんだけど、何も変わってね〜wってやってるらしい。
歌い終わったらかやたんがにょにょにょにょ言いながら近づいてきて二人でじゃれあう。
なんかかやたんがななみんの頭撫でてたような気がする。

かやたん どんだけファンファーレ@私普段から絶対モノマネとかしないんだからね!この曲知ってる?って言ってたけど知らない。らきすたのこなたのキャラソン。1コーラスだから途中で切れたんだけど、「あっあとちょっとだったのに〜」ってまた歌いたそうにしてたら伴奏また流れだしたけど「あ〜やっぱりいいですー」って言ってた。

よっぴー もののけ姫@さっきからオタ芸しまくりだったオタクがみんな黙って聞き入る。
よっぴー「これ顔芸で点数稼いでるところあるからね」

まゆしぃ 境界の彼方@実は合宿の時から茅原実里さんに似てたらしく、今回の選曲はみゅーちゃんらしい。でもまゆしぃ曰く合宿の時の方が似てた。合宿中の課題曲が「空色デイズ」で〜って言った後、茅原実里さん歌ってねぇやって事に気がついたらしくそこでトーク終了。

あいちゃん 棚からぼたもち@なんで私を最後にしたの!?みんなうますぎでしょ!?これが本当に余興だって事を見せます!!から振りコピでキレキレに踊るあいちゃん。昨日ベッドの上で振り付けの練習して「Sってこっちか?こっちか??」って悩んでたらしい。

@@このモノマネはバスツアーの前日にあいちゃんがLINEでみんなにモノマネします!って連絡して練習なしでぶっつけでやってた模様。みんな芸達者。凄い。
買ったのは連合チーム。
あいちゃん「優勝商品はカレー1年分です!でもワグナーさんにあげたいなぁ」
まだモノマネしながらみにゃみ「良いと思います」
みにゃみを押しのけてよっぴー「良いと思います!!」
あいちゃん「それじゃぁこのカレー1年分は明日ワグナーさんに配りますからねー」

コーナー3
仙台クイズ

夕食の座席は抽選だったので、同席の人たちで誰が1番正解か予想してみようという流れ。
あいちゃん「みんな仙台のこと大好きだからわかるはずだよねー」
多数正解者予想によっぴーが1人もおらずよっぴーが怒る。

1問目海のミルクは牡蠣。じゃぁ夏のパイナップルといえば?
@@よっぴーが魚の絵を書く。不正解

2問目仙台のプロチームは楽天、ベガルタ仙台、じゃぁバスケチームの名前は?
みゅーちゃん「ベガルタ仙台なら知ってるのにー!!」
みゅーちゃん「あのねーベガルタってお星様の名前なんだよー」
ななみん「そうそれー!ベガとアルタイル!」
??「ラジオでやったんだよねー」
あいちゃん「そんな事言っても正解になりませんよ」
みゅーちゃん「それだけ仙台の事好きってアピールしてるの!」
回答ドン。
みゅーちゃん「秀徳」だってバスケチームってこれしかわからなかったんだもーん!
まゆしぃ「89」
あいちゃん「えいてぃーんないなーす?ず?」
まゆしぃ「ず」
あいちゃん「正解!」
まゆしぃ「あのねー。これね。こないだ父親と話してたのw」

3問目仙台の区は何区ある
???「わかるわけないよー!」
あいちゃん「みゅーは仙台住んでたから知ってるよね?」
みゅーちゃん「私3歳までしか住んでないし、2ヶ所しか行ってないもん…」
回答ドン。
あいちゃん「なんでみゅーそんな多いの?」
みゅーちゃん「9!!いや〜…仙台だしもっと多くても良いんじゃない?って」
あいちゃん「いやぁ…人間って直感の方が当たるんですね…よっぴー惜しい!正解は5です!」
よっぴー「5を消して11って書いてある」
よっぴー「え〜!そんなぁ…」

あいちゃん?「という事で多数正解者はかやたんとまゆしぃでした〜!」



最後に一言
みゅーちゃん「楽しかった!色々企画考えてくれたあいちゃんに感謝を!」
みにゃみ、ななみんまゆしぃ「失念」
あいちゃん「次は私が」
よっぴー「あいりは最後!」
かやたん「ランキングは全然入れなかったけど(あいちゃんを見る)」
あいちゃん「かやノートには書かないで!!」
かやたん「クイズは正解出来たし、かやノートには書かないであげるね!」
よっぴー「今回は私達がうたってる時にみんながご飯食べてたりして変な気分!
でも、前も言ったかもしれないけど、私はみんなのキラキラした笑顔を見るのが好き。
ライブの時にみゅーの法被着てみゅーの方を見てキラキラしてるワグナーさん達の笑顔が見れるのが本当に楽しい。
今回はそんなライブ中の私たちに向けるキラキラした笑顔じゃなくて、ご飯にも向けるキラキラが見れて楽しかった!!
あと、みんなオフ会とかしてて、私もいーなーいーなーって思ってたんだけど、今回はオフ会に参加したみたいで楽しかった!」
あいちゃん「今回のツアーはほんとに出来るか出来ないか不安で、この企画についても、ずーっとスタッフさんと話してて決めた物。みんなありがとう」的な??


締めの挨拶
WUGちゃん「みんなありがと!!二次会あるけどちゃんと寝てね!!」
みゅーちゃん「おやすみゅーみゅー!!」
みにゃみ「おやすみー」@おやすみにゃみじゃないのにビビった
ななみん「ななみタイムだ〜!」
あいちゃん、まゆしぃ、かやたん「おやすみー」
よっぴー「おはよっぴー!!…って言ってみたかった…」的な事

終了時間は22:45分くらい?こんな時間まで皆さんと過ごせるって楽しいって誰か言ってた気がする。
そこから二次会へ…。


@@思い出したら追記@@
よっぴー「彼女にするならみゅーでしょ」
みゅーちゃん「なんで??」
よっぴー「好きになるのに理由はいらない」
みゅーちゃん「じゃぁよっぴー嫌い!」
よっぴー「なんで!?」
みゅーちゃん「嫌いになるのに理由はいらない!」

みゅーちゃん「よっぴー妹とか嫌だよ!わがまま言われそう!孫くらいで良いよ!!」
よっぴー「それな」

かやたん?「みゅー妹にしたらお金かかりそう」
みゅーちゃん「いっぱいお肉食べるよ!!」

あいちゃん「商品は、カレー1年分です!!」
よっぴー「うち炊飯器無いんだけど…」

Wake Up, Girls! 続劇場版 青春の影 感想2

Wake Up, Girls! 続劇場版 青春の影 見てきました。

正直申し上げて最高でした。
どのシーンも内容が濃く、非常に楽しめました。
作画の方も冒頭から2分あたりのダンスシーンを筆頭に、どのシーンでもWUGちゃん始めアイドルはみんな可愛く、そして大人たちはカッコよく描かれていました。

本編の話→尺とカタルシスについて
50分かけて描いてるのはカタルシスの前準備です。
前半であるから落とすとこまで落ちては居るのですが、早坂さんから曲を貰って後は上がるだけなので、後半50分ずっと上がりっぱなしが確定してると有れば期待せずにはいられません。

本編の話→1シーン1シーンがどれも重要で見応えがある
I-1clubのシーン、全部合わせて10分あるか無いか程度なのですが、凄く濃いです。
しほっちがセンター争いについて「切磋琢磨してこそのI-1」だと言うシーン。
まいまいにだけ心情を吐露しつつ、I-1clubへの愛が溢れてる良いシーンだったと思います。
松田が旧友と酒を飲みつつ会話してるだけのシーンなどであっても1言1言にキャラクターの生きている重みがあり、50分ずっと濃密な時間が過ごせます。

本編の話→ハイパーリンク
佳乃がお寝坊です、お風呂入る時は誰かが隣に居ないといけません。←お前はよっぴーか!!可愛いんじゃぁ〜!!!
ななみタイム←久海のななみんもそういうキャラなのか!めっちゃんこ可愛いやんけ!!
3次WUGを追いかけている人へのファンサービスなのでしょうか。
いつも眠い久海菜々美とか最高に可愛いんじゃないでしょうか。
七瀬から推し変しそうだ…。

本編の話→少女交響曲の使い方
劇場版1回目のタチアガレからのスタッフロールを思い出す神演出。
最後のWake Up,Girls!というロゴが出る所の行くぞ!がんばっぺ!も含めて最高でしたね。
この曲くれてやるよ…は2ndライブを思い出して胸が熱くなりました。

本編の話→みゅーちゃんにキャバ嬢ごっこさせるコンテ切った奴ぶちのめしてぇ
泣き虫なみゅーちゃん、2話で逃げ出したみゅーちゃんが今度は自分からああやって頑張っていられるのは、WUGみんなの為なんですよね。
パンフのみゅーちゃんのインタビュー見てて泣き出しそうになりました。

大まかな感想としてはこのくらいでしょうか。
後半がとにかく待ちきれない終わり方だったので、今から本当に楽しみです。

Wake Up, Girls! 続劇場版 青春の影 感想1

Wake Up, Girls! 続劇場版 青春の影 見てきました。

正直申し上げてつまんなかったです。
何処をどう見れば面白いといえるのかわかりませんでした。
随所で見られる作画が良いという話も、冒頭から2分あたりのダンスシーンまでは文句なし、今まで見てきた中で最高の作画と思えるくらいぬっるぬるで可愛くて最高かって思いましたが、それ以外は別段これといって綺麗だなーとは思いませんでした。

本編の話→尺について
前編だって言ってるので、話が完結していない。
30分で完結するアニメで言うと、ちょっと眺めのアバンタイトルが終わったくらいしか描かれてない。
後半の尺どうすんのこれ。
50分かけてそこかよみたいな。
裏を返せば50分かけてそれだけしか描かれない程の超大作なのかなと。
それなりに後半に期待は出来ましたが。

本編の話→話にカタルシスがない
青春の影って言うからまぁかなり暗い話です。
心がメッタメタにされます。
これが解放されるのは後半でしょうね。
しかし言いたいのはそこではありません。
劇中林田藍里が「7GWのリリースイベントまでにダンスレッスンのランクをC→Bに上げる」って感じのセリフがあります。
劇中時間ではこれを言った後数ヶ月立つわけですがダンスレッスンの話なんてこれ以降出てきません。
何のためのセリフなんだと。
言わせただけかよ回収しろよと。
あいちゃん頑張ったね!おめでとう!でもWUGの活動が厳しいね…どうなるんだろうこれから…くらい思わせろと。

本編の話→1シーン1シーンが軽い
前述したダンスレッスンのクラス分けの話なんかもそうですが、これ以外に、素顔でKISS MEが3万枚っていうノルマを割ってしまい、これからの活動が制限されるぞ、というシーンがあります。
そこで松田がCDを手売りしよう!と言ってCDを手売りする流れになるんですが、その時具体的に何万枚売れて、これから何枚売って〜とかいう話は一切出てきません。
ただWUGちゃん達がCD手売りしてるシーンが挟まれるだけです。
シーンを描きたいだけでそこに至る過程も、それが起こした結果も描かれないから軽く見える。

本編の話→やりゃぁいいってもんじゃないハイパーリンク
佳乃がお寝坊です、お風呂入る時は誰かが隣に居ないといけません。←お前はよっぴーか
ななみタイム←久海ってドル場面ではそんなキャラで売ってんのか?
なんというか人間味が出る出ない以前に違和感があるんですね。
これまでに築き上げて来たキャラを壊すような物を入れる必要があるんでしょうかね。

本編の話→少女交響曲の使い方
WUGらしさとは?からタチアガレ!を歌って再起を誓った所で早坂さんから少女交響曲を貰うわけですが、ダンスシーンぶつ切れ過ぎて何してんのこれ…ってなりました。
確かにフル尺の少女交響曲は後半でやるんでしょうけど、うーんってなりましたね。
劇場版1回目のタチアガレからのスタッフロールが神過ぎてアレと比べると随分とまぁ物足りないなぁってなりました。

本編の話→みゅーちゃんにキャバ嬢ごっこさせるコンテ切った奴ぶちのめしてぇ

書きなぐりましたがこんな所ですかね。
とにかく後半見なきゃ始まらないなーって思ったので後半を待ちます。

アニメロサマーライブ2015 3日目 "お詫び"ではない本物だったWUGの実力

アニメロサマーライブ2014のWake Up,Girls!においてマイクトラブルがありました。
そう、田中美海の声が2曲中の1曲で全く乗ってなかったんです。
はい。2曲とも全滅だったみたいですね…酷すぎ…

アニメが大好きで、夢が声優で、やっとの思いであそこに立った彼女がその時受けた悲しみの大きさは僕には想像もつきません。
舞台上では泣きませんでしたがBDにある舞台裏映像ではしっかり泣いていました。
そして他のメンバーに関してもインタビューなどで言葉は濁して居ましたが悔いが残ったと言っていました。

そんな事が去年にあったので、今回WUGが参加出来たのは前回のお詫びなんだろう。
そういった声もチラホラと聞きました。

そんなこんなで迎えたアニサマ3日目。
参加して来ました。

WUGは2次元と3次元がハイパーリンクしている作品です。
最初にまずキャラクターでの掛け合いがありました。
「WUGでしか見せられないステージにしよう」
「このステージでWUGらしさは何かを見つけよう」
なんかそんな風な事を言ってたと思います。
この辺りで私は「ああ…特別演出か。去年のお詫びだな」と思っていたのですがいざ歌が始まると
-----最高すぎて記憶が飛んでる-----
はい最高でしたね。
1曲目、続劇場版の主題歌である少女交響曲を歌い終えた後の自己紹介で昨年SSAに声が響かなかった田中美海が「私の声届いてますかー!?」と大きくSSAに集まったオタクに声を届けてくれた時、ここに来て、このセリフを聞けて本当に良かったなぁと感じました。

マイクトラブルがあった事は本当に残念です。
本来あってはならない事です。
それを今回声が普通に乗ったと言ってそんなのは当たり前なんだから美談として語るのはダメだと思います。
それでも少女交響曲の一節にある「いっぱい悩んだ日々は決して無駄じゃないから」という歌詞で昨年あの悲しい出来事に対してリアルWUGメンバーがどんなに悩んだか、悲しんだかは想像に難くありません。
だからこそ、あってはならない事でしたが、確かに存在した物語として、僕は涙を流しました。
みにゃみ、本当に良かった…。

そのMCでは他に少女交響曲が来月公開の続劇場版の主題歌である事。(センターモニタでは続劇場版の映像が流れていました)
今年もWUGは1曲じゃ終わらない事。
なんかを口にしていました。
アニサマはその性質上「すでに終わったアニメ」か良くて「放映中のアニメ」の曲しか流せません。
しかしWUGはアニサマの後にくる未来にある可能性を歌ってくれました。
キャラクターのナレーションが有ったこと、未来に向けた歌を歌ってくれた事、この2つは今このWUGというユニットでしか出せなかった物なんじゃないかと強く思います。

そして2曲目であるタチアガレ!
WUGという物語の始まりの曲です(これもMCで言ってた)
少女交響曲はあまりコールは入れられませんがこっちは7GWには劣りますがコール曲です。
全力でぶち上がりました。
センターモニターにはタチアガレ!のMV、昨年のアニサマの映像。
WUGの歩んできた軌跡が、WUGという物語がアニサマという場所で、タチアガレ!という曲で1直線に結ばれたような気がしました。
ラスサビ?落ちサビ?で、センターである吉岡茉祐が、リーダーである青山吉能が、そして会場に居たワグナーが、
「もっと もっと 想い伝えたい
どれだけ傷ついても 譲れないものがある

聴いて 聴いて 必死に歌うから
嗤われてもいい 負けはしない

タチアガレ!」
と歌った瞬間の楽しさは、美しさは、何物にも変えられないとても素晴らしいものでした。
ちゃちな言い方しか出来ませんが最高でした。

そんな最高なWUG個別ステージが終わった後、終演時の演者紹介にて続劇場版の事、まだまだWUGは続くこと、名前だけでも覚えて帰ってください的な事を言った後、会場全員で練習なしで
「行くぞ!がんばっぺ、Wake Up,Girls!」
とSSAにいる全員の声が揃った時、彼女達が今回呼ばれたのはお詫びでもなんでもない、ただ実績があって、実力があって、そして未来にまだまだ可能性を持っているアーティストだから呼ばれたんだなと強く強く確信しました。


WUGにハマってまだ1年未満ですが、この9ヶ月くらいで彼女たちに何回感動させられたかなんて覚えてられないくらいです。
彼女たちを好きになって良かった。
応援してきて良かった。
心の底からそう思います。
WUGちゃん、応援するなら今からでも遅くないですよ!というか今が熱い時期ですよ!
といった言葉で〆たいと思います。

声優が下手だからアニメを切ると言うこと

かつて私はWake up,Girls!というアニメを声優下手すぎwwww意味わかんねぇ見る価値がねぇわ切ろうって言って切ったことがあります。
今は立派なWUGちゃんのファンなのですがそれは置いておいて、この間AKB0048というアニメをおすすめされたので見てみました。

まぁ最初は声優さん(リアルAKB48の人々)の演技が下手過ぎてなんだこのアニメって思ったのですが、話は面白かったので続けて見ていきました。
結論から言えば神アニメかよこれ最高だAKB0048ってなったのですが、この時アニメの楽しみ方に声優さんの演技力の成長を見守るという楽しみ方もあるのではないかと考えたのです。

アニメというコンテンツは絵があって、音があって、話があって、そして声優さんの演技があります。
1話ごとのパッケージで見ればそれだけで完結する話なのですが、アニメというのはそのコンテンツの展開上1クールアニメだと3ヶ月くらいのリアル時間が流れるわけです。(製作上はもっと時間流れてるんでしょうけど

そのリアル3ヶ月で最初ド下手クソだった声優さんが上手い声優さんに化けている、もしくはキャラと融合して物凄い物ができてるかもしれないんです。
だから声優さんが下手でも我慢して見てみましょう。
きっとそこには”面白さ”があるかもしれません。

っていう事を考えました。
Archives
  • ライブドアブログ