2009年03月

2009年03月29日

新聞「押し紙」の件がヤフーのトップページに掲載〜いよいよ仁義無き戦い?はてなブックマーク - 新聞「押し紙」の件がヤフーのトップページに掲載〜いよいよ仁義無き戦い?

実際には読者に配達されない新聞を印刷し、とにかく販売店に押し付ける、いわゆる「押し紙」の問題は、そこそこ以上に新聞業界に詳しい人の間では、まあ「公然の秘密」的な感じでした。

しかし、いわゆる「マスな一般のサラリーマン」では、まだ、ほとんどの人が知らないことだったのでないか、と思います。

つまり、理系でメーカーに入社し、工場や研究所にずっと勤め上げ、人事異動で広告宣伝部にやってきました的な人も、少なからぬマジョリティを占める大手メーカーの広告宣伝部などの雰囲気を想像するに、まさか発行部数という基本的なデータすら、「怪しい」ということは、必ずしも、コンセンサスになっていなかったのではないでしょうか。

ところが、ヤフーが、経済のサブカテゴリとはいえ、トップページで、この「押し紙」を扱った記事を掲載していることを知り、いよいよ・・・「仁義無き戦い」が来るのか?ウームと考え込んでしまいました。

oshigami



tabbata at 22:10コメント(4)トラックバック(0)広告論&メディア論ちょいと思ったこと 

「ハングリーでいること」にオカネが必要な時代はてなブックマーク - 「ハングリーでいること」にオカネが必要な時代

豊洲ドゥスポーツを500円で1日体験できるチラシが、ポストに入っていたので、行ってきた。

今の私の体のデータ
身長  178cm / 体重 78.9Kg   体脂肪率 24.7% / BMI 24.9

体脂肪率も、BMIも25を超えると完璧な「肥満」だと思うが、現状は、寸止めでかろうじて「肥満」ではない「やや肥満」状態に首の皮一枚つながった感じである。

英会話でプライベートレッスンの効果を知った私としては、こういうジムに来ると、パーソナル・トレーナーの存在に興味が沸く。ロッカーにいくまでの廊下の壁に、「流し」パーソナル・トレーナーのプロフィールを書いた紙が、貼ってあって、なかなか、これが個人広告のようで、面白い。

観月ありさやスピードワゴンの井戸田を指導しているトレーナーもいるようだ。非常にイケメンだった・・。

30分ほど走ってから、マシン中心に1時間ほど、筋トレしてみた。ジョギングはときどきやっているので、今日は特に筋トレを念入りにやる。

何ごとも、カタチから入る、というか、頭から入る私は↓で読んだ内容を思い出す。パーソナルトレーナー選びの基準について、同業者の視点で書いてあって、なかなか面白い。口臭があったり、爪が伸びてたり、見た目がだらしないパーソナル・トレーナーは、ダメだそうです。

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)
著者:山本ケイイチ
販売元:幻冬舎
発売日:2008-05-29
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

内容紹介
筋肉を鍛えることは今や英語やITにも匹敵するビジネススキルだ。本書では「直感力・集中力が高まる」など筋トレがメンタル面にもたらす効用を紹介。続ける工夫など独自のノウハウも満載。

いま体を鍛えるビジネスマンが急増中。経営者や金融マン、クリエイターなど、常に成果を求められる人ほど、トレーニングに時間とお金を投資している。筋肉を鍛え維持することは、もはや英語やITにも匹敵するビジネススキルなのだ。本書では「直感力・集中力が高まる」「精神がタフになる」など、筋トレがメンタル面に大きな変化をもたらすメカニズムを解説。続けるための工夫、効果を高める食事・睡眠、ジムの活用法など、独自のノウハウも満載した画期的トレーニング論。


英会話で思ったのだが、お金をかければうまくいくわけではないが、ある程度、お金をかけてコミットする(かっこつけて言えば、「投資する」)と、かかったお金を投資回収しようと、と日頃の生活態度が、改まるように思う・・・。

ウェイトトレーニングなんかでも、自分だと20回で止めちゃうところを、トレーナー付きなら

「あと、5回!!」

とシゴかれれば、なんとか意地で25回やる、ということになりそうだし。

筋トレ終えて、お風呂に入ったあとに、今年になってから、かってないような血糖値の下がった状態でドウ・スポーツの真下のスーパーのアオキに寄って、食品の買出しをしていると、目まいがしそうだった。

キットカット、オレオ、柿の種とピーナッツ、ハーゲンダッツ・・・
どれも私の好物であるが、超高カロリー。

しかも、スポーツジムに入ってトレーナー付けるお金の100分の1程度なのだ。

ハングリーでいるために、お金を払う。それが今の時代なんだろう。

ジムでトレーニングしたり、節食したりするのも、
いわば人工ハングリーじゃないですか。
だって放っときゃハングリーじゃないもん。
ぬくぬくしてカロリーは過剰になるし。

ほぼ日〜糸井重里と八嶋智人の対談より


tabbata at 00:14コメント(0)トラックバック(0)ちょいと思ったこと 

2009年03月23日

スウェーデンという国の「ちゃっかり・したたか」さに感心したはてなブックマーク - スウェーデンという国の「ちゃっかり・したたか」さに感心した

最近、英会話の相手に、いつも付いてもらっているのがスウェーデン人の若い男性。そのせいで、スウェーデンという国について、いろいろと詳しくなったのだが、よく知ってみると、非常に面白い国だな〜、と感心することしきり。

彼は、ケンブリッジに留学し、ニューヨークに5年くらい住んでいたこともあるコスモポリタンなので、彼を平均的な基準にするのは、不適切かもしれないが、英会話の教師するくらいなので、英語は完璧である。私にすれば、ほとんどネイティブと区別が付かない・・・非ネイティブな英語教師は、GABA溜池校では彼だけ、である。

でも、ABBAとか、カーディガンズとか、ACE OF BASE見れば分かるように、みんな平気に英語で歌っているんですね。なぜ、だろうか、と聞いてみた。

tabbata at 09:44コメント(6)トラックバック(0)英語力UPちょいと思ったこと 

2009年03月16日

「あすなろBLOGカンファレンス」に参加しますはてなブックマーク - 「あすなろBLOGカンファレンス」に参加します

パソナテックさん主催の"あすなろBLOGカンファレンス『未来×チェンジ×ブログ』"にパネラーとして、私も参加させて頂きます。

先着順なので、ご興味のある方はお早めにどうぞ。

普段、ブログだけ読んで頂いているけど、あったことがない、という方と、是非お会いできれば、と思います。

tabbata at 12:10コメント(0)トラックバック(0)近況 

2009年03月15日

Googleの配色センスが白バックに、青・赤・黄とカラフルな理由はてなブックマーク - Googleの配色センスが白バックに、青・赤・黄とカラフルな理由

Googleのプロダクト全般とユーザーエクスペリエンスを担当する幹部にMarissa Meyerという女性がいます。↓この人。Googleのプロダクト全般に強い影響を与えている人です。

best


グーグル20番目の社員であり、初の女性エンジニアで、それも副社長ということで、いわゆるビジネス系セレブですかね。

Googleのロゴの配色が、何故、白バックに、青・赤・黄とカラフルなのか?あのデザイントーンの世界観の源は、彼女にありそうだ、という話を見つけたので、紹介します。

どうやら、あの配色センスの源流は、彼女が子供部屋のマリメッコにあった??

「私の部屋にやってきた人はこう言うんだもの『キミの部屋がグーグルに似てるの?それとも、グーグルがキミの部屋に似てるの?』って?」 

(下の記事のボールド部分の和訳)

tabbata at 07:29コメント(1)トラックバック(0)ちょいと思ったこと英語力UP 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ