2009年05月

2009年05月31日

「ゲームのルール」を理解するということ。【書評】芸術起業論 by 村上隆はてなブックマーク - 「ゲームのルール」を理解するということ。【書評】芸術起業論 by 村上隆

村上隆というアーティストの作った、このフィギュア、オークションで幾らの値段が付いたか、ご存知だろうか?

amr0805151520009-p1

なんと16億円で落札されたのだ。
2008年5月15日:競売大手サザビーズによると、日本の現代美術作家、村上隆氏のフィギュア「マイ・ロンサム・カウボーイ」が14日夜、ニューヨークでオークションに掛けられ、1516万1000ドル(約15億9200万円、手数料込み)で落札された。予想落札価格は300万〜400万ドルだったが、大きく上回った。

 同作品は1998年制作で、アニメの登場人物のような頭部を持つ男性のフィギュア。素材はグラスファイバーなどで高さ254センチ。

 村上氏はアニメ・フィギュアなどのポップアートで知られ、米誌「タイム」の2008年の「世界で最も影響力のある100人」の1人に選ばれた。(共同)
なぜ、こんなフィギュアに16億円もの値段が付いてしまうのだろうか。(しかも、私はこれは、偶然ではないと、考える。)

上のフィギュアが16億円で売れてしまった、という事柄の意味を理解するために、本人である村上隆が書いた「芸術起業論」という本が、最高のテキストになる。
この本は本当に凄い本だ。
これだけ、ギラリと光るドス黒い迫力のある言葉が詰まった本も珍しい。

芸術起業論芸術起業論
著者:村上 隆
販売元:幻冬舎
発売日:2006-06
おすすめ度:3.5
クチコミを見る
内容(「MARC」データベースより)
すべての人(=アーティスト)は起業家である! 芸術には、世界基準の戦略が必要である。「光を見る瞬間」をどう作るか!? サザビーズオークションで1作品1億円で落札された村上隆が説く、超ビジネス書。
身もフタも無く「リアリティのあること」を正面から、書き過ぎているがゆえに、一部のエスタブリッシュメントから嫌われてしまう、という意味で、この「芸術起業論」という本は、堀江さんの本である「稼ぐが勝ち」と、同じようなベクトルの魅力を持っている。(芸術品がオークションの市場に晒されたときに付けられる値付けのメカニズムは、株式市場において、会社に値段が付くのと、非常に似ている・・。そのとき、アーティストはCEOとなり、CEOはアーティストとなる。)

tabbata at 00:02コメント(8)トラックバック(1)活字中毒者の記録ちょいと思ったこと 

2009年05月30日

このブログの、ページランクが「5」になったはてなブックマーク - このブログの、ページランクが「5」になった

土曜の朝のヒマネタです。

アクセス解析みてると、徐々に検索流入が増えてきたな〜ということに気づき、調べてみたら、私のブログのページランクが「5」になってました。

SEOTOOLSの解説文によると、「このサイトはグーグルから高い評価を受けている」そうです・・w。

pagerank


そのせいか、「アメブロ+PV」でググったり、「アメーバ+PV」でググったりすると、なかなか壮観ですw。

tabbata at 09:40コメント(2)トラックバック(0)ちょいと思ったこと 

自宅からクラブ気分 引きこもりDJたちの「niteatust」は凄い!はてなブックマーク - 自宅からクラブ気分 引きこもりDJたちの「niteatust」は凄い!

金曜日の夜は、自宅からクラブ気分!!!

nite


http://niteatust.com/
これは、すごい!!Now I'm dancing!!!!
音楽好きのみなさんの唯一のネック、それはライブやクラブイベントは「家では見れない」ということ。 しかし時代は21世紀、2009年にもなればテクノロジーが夢を1つ1つ解決してくれます。

来る2009年5月29日、我々の小さい夢であった、「お家でライブやクラブイベントを見たい、聞きたい、歌いたい」という夢が1つ叶おうとしています。
もう眠い目をこすりながら始発を待つ必要はありません、付き合いでファミレスにいく必要もありません、好きなことをしながら、すきなだけ、音楽を楽しめる。仕事をしてたっていいッ、漫画を読んでたっていいッ!
そんな自宅配信型クラブイベント、niteatust.comが今日、始まります!



tabbata at 00:07コメント(0)トラックバック(0) 

2009年05月25日

家賃は月520万円!六本木ヒルズレジデンス最上階の物件とは?はてなブックマーク - 家賃は月520万円!六本木ヒルズレジデンス最上階の物件とは?

私は、結構な部屋探しマニアでして、常に不動産サイトの間取り図を見たり、家賃相場をチェックしたり、新築マンションのモデルルームを見に行ったりしていました。

間取り図だけなら、たぶん、数千枚〜数万枚は見たように思います。

そんな私も、ビックリの面白物件が、月の家賃520万円!!のコチラの物件です。

キャプチャーみれば、間取り図と家賃520万円の表示。
hills



tabbata at 08:47コメント(2)トラックバック(0)ちょいと思ったこと 

2009年05月23日

アメブロのPV水増し度は"4倍"とGoogleの媒体データが証明!?グーグルアドプランナーは凄い!はてなブックマーク - アメブロのPV水増し度は"4倍"とGoogleの媒体データが証明!?グーグルアドプランナーは凄い!

切込隊長にまで賛同のエントリーを頂いた「アメブロPV水増し?議論にみるPVの定義、ぶっちゃけ無い! 」での議論だが、本日、その議論に終止符を打てるかもしれない、面白いツールを発見した。

それは、グーグルアドプランナーである。グーグルが提供する無料のメディアプラン作成ツールだ。

詳しいその機能や内容は、ASCIIさんの「黒船Google汐留沖に出現でWeb広告業界に激震!」を読んでいただくとして、一番、キモの部分を抜粋・引用。


Web業界に衝撃を与え続けてきたグーグルが、Web広告業界のビジネスの根幹を揺らがしかねないとんでもないツールを公開している。大手サイトのユニークビジター(UV)/ページビュー(PV)から、ユーザーの学歴や世帯収入といった属性まで丸見えにしてしまう「Google Ad Planner」だ。いったいどんなツールなのか。

〜略〜

媒体資料に掲載されている数字はあくまでも媒体社の“公称値”であり、横並びで比較できるような客観性はなかった。

もっとも分かりやすい指標であるページビュー(PV)ひとつとってみても、検索エンジンのクローラーなどのロボットによるアクセス数を含むか否かで数字がまったく違ってしまう(サイトにもよるがロボットがPVに占める割合は30%〜50%にも達する)。

たとえば月間公称70億PVの某ブログサービスはGoogle Ad Plannerによると20億PV以下。標準的なPVの計測方法がないとはいえ、ここまで乖離していると媒体資料の信憑性が問われてしまうだろう。
この某ブログサービスって、アメブロのことじゃね?、と思い、誰でも無料で利用できるツールだということもあって、早速、自分でも試してみた。 以下の議論に疑問をもたれた方は、ぜひ自分でも試して欲しい。

ameblo


上のキャプチャーで、PageviewsのところがWorldwideで1.1Billionとなっている。つまり、グーグルアドプランナーは、2009年3月のameblo.jpの月間PVは11億PVであると言っている。

グーグルアドプランナーは、どうやらPCのみの閲覧を対象にしているようなので、アメーバのメディアガイドのトップページにあるPCのみのPV値である「PC:約41.1億PV(3月度)」のデータと比較すると、やはり4倍近い乖離がある。

今回、この水増しギャップが、第三者の客観的な指標であるグーグルアドプランナーのメディアデータから確認されたことになる。

疑問のある方は、グーグルのアカウントさえあれば、利用可能なので、是非、ご自分でも試してほしい。(いろんなサイトの訪問者の男女比や、年収分布を見るのは、ホント面白いですね。)

jp


比較のために、ポータル(livedoor.comドメイン)を除く、livedoorBlogを中心にしたドメインであるlivedoor.jpのトラフィックデータも載せる。PVではアメブロにかなり負けているが、UUでは、上回っている。

いずれにせよ、グーグルアドプランナーは、面白いし、とても刺激的なツールだ。これが普及することで、自称値に基づく「言ったもん勝ち」文化は、とっとと是正されるべきだと思う。

こういう情報が無料で一般の広告主や、ユーザーにオープンになっていくということは、媒体社としては、よりガチンコの勝負になるのだろう、と身が引き締まる思いである。

それにしても、これ「無料」なわけですから、どんどん普及してネット広告業界全体の共通インフラになったら、ネットレイテイングスは涙目・・・だろうな。

tabbata at 03:54コメント(7)トラックバック(9)広告論&メディア論ちょいと思ったこと 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ