2010年10月

2010年10月23日

書評:ブランド「メディア」のつくり方―人が動く ものが売れる編集術=「編集者機関説」&「ネットニュース=ひな壇芸人説」はてなブックマーク - 書評:ブランド「メディア」のつくり方―人が動く ものが売れる編集術=「編集者機関説」&「ネットニュース=ひな壇芸人説」

1年ほど前にシリーズ講義 「編集の学校」に参加させて頂いたものが、博報堂ケトルの嶋浩一郎さんの編纂で「ブランド「メディア」のつくり方―人が動く ものが売れる編集術」として本になりました。

「編集とは何か?」という本質を、私なりに抽象度を上げて言えば

『雑多な情報から、余計なノイズを取り除いて、コミュニケーションの受け手が、「これは私が読まねばならない情報だ!」と感じてくれるようになるまでS/N比を高めること』
となります。

それを平たく言うならば、
「取り上げる対象と受け手の興味との間で、折り合いを付けること」
になるのではないでしょうか。


tabbata at 13:53コメント(0)トラックバック(0) 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ