2011年01月

2011年01月22日

台北・Eslite 誠品書店に「書店」が進むべき未来を見た。はてなブックマーク - 台北・Eslite 誠品書店に「書店」が進むべき未来を見た。

つくづく思うが、テクノロジーというものは「残酷」なものだ。 
 
新撰組のように、青春を捧げて剣術の修行に励んでみても、銃を手にした素人には敵わない。ロウソクの明かりに、どのような情緒があると言っても、2011年の今、ロウソクに明かりを灯すのは、誕生ケーキを前にして歌うほんの束の間であり、電灯を使わぬ生活など考えられない。

そのようにして消えていったものは多数ある。帆船、馬車、蒸気機関車、電信、タイプライター。たとえば私の記憶が鮮明にある範囲でも、ポケベルもそうだった。現在、30代の女性が「女子高生」と言われていたころには、「5643(ゴム持参)」といったように数文字の語呂合わせで、友人同士が公衆電話からプッシュ信号を押して、コミュニケーションしていたなんて、今の高校生にとっては、モールス信号なみの時代錯誤に思えるだろう。
 
アマゾンや楽天が覇を競いあう中で、書籍販売に占めるオンラインの比率はますます上昇していく。アメリカでは、BORDERSという全米第二の書店チェーンですら、資金繰りに窮し、出版社への支払が遅延していると聞く。紙の本の流通の仕方が変わるだけでなく、電子書籍、電子出版がいよいよテイクオフすれば、紙の本そのものも(時間はかかるだろうが、徐々に)その存在感を失っていく。

この記事では「(21世紀前半における)書店・本屋の在り方」について書きたいと私は思っている。いま、最も「テクノロジー」の残酷さに翻弄されている業界だ。

最初に断っておくが、私は書店というものについて、かなり特別な思い入れを持っているつもりだ。石川県小松市という地方都市で過ごした私の子供時代、誇張でなく一日数時間は、書店で過ごした。もちろん、たまに買うこともあったが、ほとんどは、立ち読みであった。友達が遊びに誘いに私の実家にやってきて、私が不在にしている母から聞くと、皆、私の行きつけの本屋に呼びに来た。それくらい入り浸っていた。

それほど本屋が好きだった私だが、ここ数年はほとんど足を向けなくなった。ほとんど全ての本をアマゾン経由で買うようになり、以前は最低でも週に1度は行かないと禁断症状を感じたほどだったが、今では、数カ月に一度、待ち合わせの暇つぶしにフラリと立ち寄る程度になってしまっている。

そもそも書店や本屋という職業、業界の根源的な使命、社会への提供価値とは何であろうか?


tabbata at 08:38コメント(2)トラックバック(0)広告論&メディア論ちょいと思ったこと 

2011年01月09日

伊藤忠ファッションシステムさんのマーケティングアイフォーラムで博報堂ケトルの嶋浩一郎さん、ブック・コーディネイター 内沼晋太郎さんらと鼎談しますはてなブックマーク - 伊藤忠ファッションシステムさんのマーケティングアイフォーラムで博報堂ケトルの嶋浩一郎さん、ブック・コーディネイター 内沼晋太郎さんらと鼎談します

皆さん、あけましておめでとうございます。

伊藤忠ファッションシステムさんのマーケティングアイフォーラムで博報堂ケトルの嶋浩一郎さん、ブック・コーディネイター 内沼晋太郎さんらと鼎談します。テーマは「コンテンツとコミュニケーションの新しい関係性」。賀詞交歓会もありますので、是非。
2010年は電子書籍元年と言われ、ネット上に立ち上がったメディアが続々と動き出しました。

2011年は、生活者の身近なメディアの風景が変わることにより、広告・出版業界のみならず、企業やブランドが語りかける相手、またユーザーとの関係がこれまでにも増して変化する年になることは間違いありません。

いよいよ本格化するメディア新時代に送り手が着目すべきビジネスの視点とは?

年初のマーケティング アイフォーラムの第1部では、様々な企業のブランディングに携わる弊社 川島蓉子が企業のブランディングのあり方について語ります。第2部では、新時代を切り拓いている識者の方々とビジネスの着眼点について語っていただきます。ゲストは、編集者・クリエイティブティレクター/博報堂ケトル代表の嶋浩一郎さん、『VOGUE.COM』の運営を手掛けるコンデネット・ジェーピー カントリーマネージャーの田端信太郎さん、さらにブック・コーディネイター/numabooks代表の内沼晋太郎さんと、新年にふさわしい豪華な顔ぶれです。

フォーラム終了後には異業種の参加者の方々と交流できる賀詞交換会も企画しております。
お申込み・詳細はコチラ


すっかり告知ばかりで恐縮です。 新年の抱負なぞといって、検証できない目標を掲げるのは嫌いなタチなので、敢えて公言でもしないと、ついつい怠惰に流れがちな分野でなおかつ、数字で検証できる目標だけを年頭に掲げておくと ・TOEFL iBT 100点突破 (この前、何の対策もなしで受けたら79点。TOEICは飽きました・・。) ・体重は75Kg以下に削減  (現状82Kg) ということにしたいと思います。

tabbata at 09:27コメント(0)トラックバック(0)近況 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ