2013年06月

2013年06月10日

誰かに厳しい質問をすることはKYで失礼なのか?〜BBC HARDTALKスティーブン・サッカ−との会話から。はてなブックマーク - 誰かに厳しい質問をすることはKYで失礼なのか?〜BBC HARDTALKスティーブン・サッカ−との会話から。

橋下市長の慰安婦問題を巡る件でのやり取りや、オリンピック誘致を巡る猪瀬知事の失言を追及する記者会見でのやり取り、そしてプーチンにKY?な質問をぶつけたことが話題となったTBSの記者のように、報道しようとする取材の主体者の行い、それ事態までもが、報道メディアのアジェンダになることが増えてきた。

つまり、報道された内容だけでなく、そのような報道を生み出すまでの、メディアと取材対象者とのやり取りそのものが、ニュース・メディアの世界で主なテーマになりつつあるようだ。

 

インターネットの登場によって、時間軸の長さや紙面の限界がなくなったこともあって、記者会見全体が、質問する側の立ち居振る舞いも含めて「見える化」されるようになってきたことがその主な要因だと思う。基本的に私はこのように、報道メディア側自体も批判され、検証されるようになること自体は大変にいいことだと思っている。

しかし、例えば、愛国的だということで、人気のある政治家に対し、厳しい質問を行う記者の存在自体が、ソーシャル・メディアなどで「あいつはKYだ。ブサヨだ。」と猛烈に批判されるような事態が近いうちに起こるのではないか、とやや危惧も感じる。なぜなら、取材過程や記者会見での質問プロセスが可視化され、場合によってはアンフェアな批判にさらされることで、報道メディアを萎縮させることは決して社会全体のためにならないからだ。

報道メディアが取材対象者に、ある意味では厳しい質問をハードに行うことは、プロ野球のバッターが、ピッチャーの投げた球に対して、フルスイングするような、職業的な「義務」であり、当然の努力なのだ、ということを忘れてはいけない。いくら熱狂的な阪神ファンといえども、甲子園で阪神のピッチャーから、逆転のタイムリーヒットをかっ飛ばしたからといって、打った選手を口汚く野次ることが褒められたことでないのは、誰にでも分かるだろう。別にバッターもピッチャーが憎くてフルスイングをするわけではないのだ。

野球でバッターが投げられた球を渾身のフルスイングでぶっ叩くように、あるいは、ボクサー同士がノーガードで撃ちあうように、厳しい意見のぶつけあいが行われる様を英語ではHARD HITという。日本語で、喧々諤々・丁々発止の激論というところだろうか。

そして、この文字通りのHARD HITな議論を見せよう、という意図で放送されているBBCの看板インタビュー番組に「HARD TALK」がある。筆者のお気に入りの番組だ。スティーブン・サッカーというキャスターが質問を各界の有名人や政治家になげかけるのだが、見ているこちらが、ある意味では「失礼ではないか?」とヒヤヒヤするような質問をズケズケと単刀直入にぶつけ、30分という短時間だが、非常にHARD HITで高密度な議論が見られる。


英語で厳しくネチネチと詰問されることを、グリルで肉が焼かれるように「料理されるという意味で
grillingというけど、スティーブンは、まさしく、これぞgrillingだ、という感じの強面インタビュアーぶりなのである。



tabbata at 05:49コメント(0)トラックバック(0)広告論&メディア論英語力UP 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ