2013年09月

2013年09月16日

策士、策に溺れ、Amazonマーケットプレイスで一杯食わされるの巻はてなブックマーク - 策士、策に溺れ、Amazonマーケットプレイスで一杯食わされるの巻

最近、引っ越し準備のために不要な本をAmazonマーケットプレイスで処分している。

実は300円程度の中古で買った本を売ろうとしたら、絶版後に有名ブロガーが書評したこともあって、AmazonMPでなんと2万数千円まで値上がりしていたことを発見して小躍りした。もちろん、ホクホク顔でAmazonMPに出品したわけだ。

既存のビッドよりも常に1円だけ下を入れる作戦で、その本に既に出品していた中古本業者と凌ぎを削る戦いが進む。数十回もの静かな値札書き換え合戦の後、当初2万円台半ばだった、その中古本の提示価格は1万円前後まで下がった。

私はだんだんとこの果て無き値下げ合戦に疲れを感じてきた・・・

しかも、複数いる中古業者のうち1社はやたらと値下げリアクションが早いのだ。私が値下げビッドを入れてものの数分後には私の入れた値段よりも常に1円だけ下を入れる。(AmazonMPを知らない人のために解説すると、AmazonMPでは事実上、最安値から売れていくので、1円でもいいので必ず競合業者を押しのけて最安値を入れておかないと大いに不利なのだ。)

これではラチがあかない。それに、おかしい・・この速さは、とても人間ワザとは思えない・・・。

ピンときた私は、少し検索してみると、AmazonMPでの大量出品業者向けに、一定の条件に基づき、自動で常に最安値で応札するウェブサービスがあることに気がついた。

「こいつめ、このソフトを使っているな!さすがプロだなー。」「うん?ちょっと待てよ? こいつが、これを使っているなら・・・・うっしっし」

ピンと閃いた私は1万円前後だった自分の提示価格を一気に1000円付近まで下げた。

1000円付近まで下げたうえで、自動落札ソフトの利用業者に、1000円より1円だけ下の価格を入れさせ、すぐに自分は出品をキャンセルしたうえで、その安値で、誰かに買わせてしまい、その後に、1万円前後で再度、出品する、という作戦を思いついたからだ・・。

価格更新のボタンを押して「フハハハ!馬鹿め、一杯食わしてやるゾ」と思っていたところ・・・あれ、1000円に値下げした自分の出荷本が在庫表示画面から消えた!?!?ではないか!

私は、一瞬、起こったことの意味を理解できないでいた・・・。
10秒ほど経った後に意味がわかった。

なんと!!!自分の競合店のビッドを下げるために、囮で繰り出したつもりの自分の大幅に値下げした玉を、(おそらく断定はできないが)、競合店が買い上げたのである!

私は狼狽した・・。

そして、「出荷を拒否(つまりキャンセル)する」という手段があるじゃないか、と心のなかで悪魔が囁くのに気付いたが、DONEしたDEALは尊重せねば!という思いで、泣きながら出荷伝票を印刷し、最初は2万円以上の時価がついていた貴重本を1000円で出荷したのであった・・。

「策士、策に溺れる」ということわざが脳裏をよぎった一日であった。
それにしても、Amazonマーケットプレイスの貴重書籍の世界というのは、異常に薄い板で仕手株やってるみたいなものだ。

いやあ、マーケットって面白いですねぇ!
いやあ、Amazonマーケットプレイスって本当に面白いですねぇ!! 


 


tabbata at 23:42コメント(0)トラックバック(0) 

「教育に興味がある」と言い出して大学のセンセイになる人はアガってる論には同意するけど、不特定多数のOPENな「学習」をサポートするのはカッコいいと思うよ!はてなブックマーク - 「教育に興味がある」と言い出して大学のセンセイになる人はアガってる論には同意するけど、不特定多数のOPENな「学習」をサポートするのはカッコいいと思うよ!

ちきりんさんの言う、教育に関心がある、と言い出したら、その人はアガってる」論というか、問題提起で色々と考えたので、軽くまとめてみよう。



ここからは私の意見だが、まず、広義の「教育」というか、「啓蒙」にも色々あるのでそこを定義すべきだろう。


広義の啓蒙活動、文化・知識の伝承・指導・水準向上活動にも、先達から後進への知識・
経験の伝達を目指す「教育/Education」と、自発的な気づき・学びを重視する「学習/learning」という「姿勢」についての軸がある。そして、学習or教育行為が、少数の参加者に限定されたプライベートな場で行われるか、多数に開かれたパブリックな場で行われるか、という、「場」に関する軸がある。

この2軸で、2×2の
マトリックスが出来るのではないだろうか。

edu


まず「プライベ
ート×教育」の象限は、親が子に直接教える家庭学習や家庭教師みたいなものだろう。そして、「パブリック×教育」は、近代の学校教育制度があてはまる。(←ちきりんさんが最もディスりたいのは、この象限では?)教育というと、4象限あるうちの、ここばかりがあまりにもスコープになり過ぎてきたとも思う。

 そして
、「プライベート×学習」の象限には、いわゆるちゃんと教えずに、勝手に見て盗めの、伝統文化における「内弟子」や「徒弟制度」が当てはまるだろう。ここについてはネット時代ならではの「師弟関係」というものが有り得るような気がしている

最後に、これから本当に面白くなるのは「オープン&パブリッ
ク×学習」の象限だろう。これは、オープンソースのプログラマーやなどのコミュニティや、動画編集のワザや切り口を競いあうニコニコ動画を見てれば、どんなものか、少しはイメージがつくだろう。 

私のドタ勘でいうと、伊藤穣一サンが言うように、「教育」という言葉を捨て、
「学習」を拡張していくべきだと思う。

そして「制度化された教育」の一番ダメだと思う点は、教えている側にリスクテイクのないことである。例えばの一例なんだが、色んな結婚式に出させて貰ったが、学校のセンセイのスピーチというのは高い確率で「面白くない」。いつも話なれてるはずの人種なのに不思議だなーと思っていたのだけど、ある時「はっ」と思った。彼らは自分たちのアウトプットに対して、恥をかいたり、怒られたり、冷たくあしらわれて気まずい思いをするといった、ネガティブなフィードバックを受けた経験が少ないのではないだろうか。そんなノーリスク状態、トライ&エラーが求められない状態では、物事は進歩も上達もしない、というのが私の仮説である。

閉じられた教室で、自分より経験の劣る学生向けにだけ語っていれば、恥をかいたり怒られたりするリスクはほぼないまま、虚栄心だけ満たされる・・。そんな人間に付き合う必要はない。そして、補足だが親子でも、友人でも、恋人でもないが、「師弟関係」という関係性には時空を超えた普遍性があるのだと思う。(上司/部下)よりもあると思う。この21世紀のネット時代における 「師弟関係」というテーマは、まだまだ深堀り甲斐がありそうだとも思う。

師弟関係の最大の特徴は、弟子を取るということは師匠の側にもリスクが発生し、コミットメントを求められることだ。(サラリーマン教師にはコミットメントもリスクもない・・。 )

まあ、表題タイトルが私のイイタイことでした! 


tabbata at 23:09コメント(0)トラックバック(0) 

2013年09月14日

「華麗なるギャッビー」 期待しないで見たけど、なかなか素晴らしかった。はてなブックマーク - 「華麗なるギャッビー」 期待しないで見たけど、なかなか素晴らしかった。

香港出張の帰り道に機内で「華麗なるギャッビー」を見た。

普段、機内では映画を見ない方で、期待しないで暇つぶし的に見始めたのですが、1920年代のNYを巡るバブリーなパーティシーンの描写と、ギャッビー役のディカプリオが満面の笑みで登場するシーンまでの勿体つけ方や、映像の美しさとGershwinに代表される音楽の使い方にニヤニヤしつつも感心させられながら、徐々に映画の世界に入り込んでいく。

前半の豪華絢爛たる映像演出と、うってかわって後半はどんどんと重くなる人間ドラマにかなり引きこまれた・・・。
うだるような熱さの中で、どでかい氷を部屋に運びこんだNYのホテルの一室で、「修羅場」が展開するシーンなどは白眉。

やはり、良い映画には普遍性のあるテーマがある。普遍性があるがゆえに、観客には自分の人生観に引きつけて多様な解釈をする自由が残される・・・。 私はそういう「ストーリー」に引き寄せられる。

「成功」や「目標」
を心に刻みつけて、高く掲げざるを得ない人生というものの本源的な「退屈さ」と、「夢」というのはかなった瞬間から色褪せる、しかしそれを分かっていてもなお、夢の実現に向けて歩まざるをえない業、というのが、私なりに解釈した「華麗なるギャッツビー」のテーマだ。実はこの夏に見た、もうひとつのラブストーリー?な「風立ちぬ」とも、通底するテーマなのだろう。やはり、普遍性がそこにある。

原作は持ってたけど、読み通したことがなかったのだが、これをきっかけに、原書でゆっくり読んでみたい。映画版の英語も割と平易だった。

私はアメリカン・ビューティとか、マグノリアみたいな映画が好きなのだが、同じ系譜に並ぶような映画でないか、と思うたね。

華麗なるギャツビー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]
レオナルド・ディカプリオ
ワーナー・ホーム・ビデオ
2013-10-09


グレイト・ギャツビー
F・スコット・フィッツジェラルド
知温書房
2013-04-09
 


tabbata at 06:29コメント(0)トラックバック(0) 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ