2009年03月14日

ハーレーの社員に自分は「バイクを作っている」と思っているバカは一人もいない

あなたは、ホームセンターの工具売り場に勤めています。

とある中年男性が、電動ドリルを買いに来ました。

あなたは、レジで代金を受け取り、その中年男性は、電動ドリルを持って帰っていきました。

あなたは、何を売っていると思いますか? あるいは、その中年男性は、何を欲しがっていたのでしょうか。

「そんなの『電動ドリル』に決まってるじゃないか」という人は、下記の文章を読んで、もっと考え直したほうがいいかもしれません。
kojiroby.tumblrより-

大勢の人たちがハーレーダビッドソンで働いている。耳寄りな事実を紹介しよう。彼らの中には、自分は「モーターサイクルをつくっている」と思っているバカはひとりもいない。

もし「モーターサイクル」でないと言うなら、それは何だ?

「経験」ではどうだ?

”ハーレーの大物ボス”はこんな説明をする。
「われわれが売っているのは、43歳の会計士が黒いレザーのライダースーツに身を包み、小さな町々を走り抜け、周りの人たちに恐怖を与える、そんな力だ」

何だって?

「経験」だよ「経験」、わからずや!

もっと具体的に言えば、ハーレーが「反逆のライフスタイル」と表現している経験のことだ。


ハーレーダビッドソンのCEOだったリッチ・ティアリンクは「会社の定義」(つまり、我々は何を売っているのか?問題)について、ウォールストリートと押し問答を何度も繰り広げたそうです。

リッチ・ティアリンクいわく
「何度も何度も言い聞かせなければならなかった・・・」
「わが社が『バイクメーカー』ではなく『ライフスタイル企業』だと分からせるために」

このエピソードは、私の心の導師(グル)である、トム・ピーターズのこの本に出てきます。
トム・ピーターズのマニフェスト(1) デザイン魂 (トム・ピーターズのマニフェスト 1)トム・ピーターズのマニフェスト(1) デザイン魂 (トム・ピーターズのマニフェスト 1)
著者:トム・ピーターズ
販売元:ランダムハウス講談社
発売日:2005-09-10
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


冒頭の質問に戻ると、その中年男性は、例えば「電動ドリル」ではなく、息子と一緒に日曜大工をすることで「親子の心が触れ合う体験」を求めいたのかもしれませんね・・・。

あなたは、何を売っていますか?
あなたの働く会社は、何を売っていますか?

ハーレーダビッドソン経営再生への道―トップダウンから全員参加型経営へ (Harvard Business School Press)ハーレーダビッドソン経営再生への道―トップダウンから全員参加型経営へ (Harvard Business School Press)
著者:リッチ ティアリンク
販売元:翔泳社
発売日:2001-08
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

巨象に勝ったハーレーダビッドソンジャパンの信念巨象に勝ったハーレーダビッドソンジャパンの信念
著者:奥井 俊史
販売元:丸善
発売日:2008-01-26
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



このエントリーをこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ハーレーの社員に自分は「バイクを作っている」と思っているバカは一人もいない

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. ハーレーの社員は何を作っているのか  [ 天気晴れ - ITと趣味のブログ ]   2009年03月15日 20:41
ハーレーダビッドソンの社員が作っているのは、モーターサイクルではない!では、何を作っているというのか。
2. [仕事観]藤村正宏的にいえば『「モノ」を売るな!「体験」を売れ!』  [ ロックンロールに蟀谷を ]   2009年03月16日 11:49
TABLOG:ハーレーの社員に自分は「バイクを作っている」と思っているバカは一人もいない - livedoor Blog(ブログ) 要は「モノ」を売るな!「体験」を売れ!ってことですね。 2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!―エクスペリエンス・マーケティングがあなたの
3. ハーレーの心意気  [ 名称未設定 ]   2009年03月17日 01:15
…で、これを福祉に当てはめるとどうなるだろう?  この上なく価値のあるシゴトに思
4. [書籍][ネット]トム・ピーターズのマニフェスト本が手に入りにくい  [ sugarballの日記 ]   2009年03月25日 23:10
先日、こちらのエントリでハーレーダビッドソンの名言が紹介されました。 TABLOG:ハーレーの社員に自分は「バイクを作っている」と思っているバカは一人もいない - livedoor Blog(ブログ) 大勢の人たちがハーレーダビッドソンで働いている。耳寄りな事実を紹介しよう。彼

コメント一覧

1. Posted by 774   2009年03月15日 23:20
はぁ〜。
2. Posted by any   2009年03月16日 13:11
穴だろ。
3. Posted by     2009年03月16日 14:52
分かりやすい説明をしたつもりで
逆にわかりにくくなって、
しかも本質を外れてる典型例。
4. Posted by y   2009年03月16日 15:52
ハーレーが(他とは一線を画す)特別なモーターサイクルであり、それを手にする顧客満足を売っているというのは何となくわかります。
電動ドリルといえども「この一品」というものがあるはずで
で、それを手にする満足を売るぐらいのプライドを持てということでしょう。
5. Posted by たお   2009年03月16日 16:08
4 それも少し違うと思う。
ホームセンターはハーレーと違ってライフスタイルを売るところではないが、逆にいろんなライフスタイルを求めるお客さんが集まる場所だ。
具体的にいうと、お客さんがその電動ドリルで具体的に何がしたいのか?がわかれば、より適切な商品を薦めることができる、ということだろ。
6. Posted by y   2009年03月16日 16:25
ハーレー幹部氏のイイタイコトを推測してました。
7. Posted by 0   2009年03月16日 18:35
コピペ乙
8. Posted by 余計なものを売るな   2009年03月16日 19:07
仕事で電動ドリルを使うんだけど、ホームセンターには行かない方がいいってことか。
付加価値はいいから安くしといてよ。消耗品だし。
9. Posted by     2009年03月16日 20:32
趣味で電動ドリルオナニーをするんだけど、ホームセンターには行かない方がいいってことか。
10. Posted by アルコーン   2009年03月16日 21:10
思い上がるな
バイク屋はバイク売ってろ
11. Posted by     2009年03月16日 21:20
うるさいだけでバカみたいに高いバイクを作っておいて
何が「経験をつくってる」だww

寝言は寝て言え
12. Posted by     2009年03月16日 21:45
米11
ハーレーは「安くていいバイク」を作るのを自分からやめたんだよ情弱
でかくてうるさくて走ってるだけで注目されるバイクを好む人間向けに作ってるんだからそもそもお前のような奴は「客」じゃねーんだよ

好き嫌いはともかく寝言言ってるのはお前の方だカス
13. Posted by ため息   2009年03月16日 22:41
超マイナーなヘヴィメタバンドの音楽性の良さとやらを、喫茶店で延々と友人から聞かされた20歳の冬を思い出した
14. Posted by ホンダ厨   2009年03月16日 23:05
ハーレー?
ああ、あの時代遅れのカスバイクね。
乗っている奴が自動的にDQNと証明される、性能も見かけもダメダメのバイクに価値はねーよ。

真のバイクに乗りたいなら日本のバイクに乗れ。
もうアメリカ製は駄目だ。技術がない。
15. Posted by 通りすがり   2009年03月17日 00:01
もしかして原文ではexperience?<経験
だとしたら「体験」と訳すべきじゃないかな?
16. Posted by     2009年03月17日 05:12
アメリカンジョークと同じで日本語に訳すと駄目だな
17. Posted by     2009年03月17日 21:01
見かけがダメダメだ?
こいつを見てから言うんだな
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090316_humburger_bike/
18. Posted by     2009年03月17日 23:10
考え直した結果
どうみても電動ドリルを買いに来たんだとおもた

>親子の心が触れ合う体験
はぁ・・・コイツこそ決め付けで視野が狭いと思うけど
妄想癖でもあるのか
電動ドリルもってレジに並んでるお客に対して
「子供と分かち合うならこんなのもありますよ」
ってテレビゲームでも紹介して気持ち悪がられてろ
19. Posted by 5だが   2009年03月18日 15:28
“より適切な商品”ってのは“その人に一番ピッタリな電動ドリル”って意味だ。
20. Posted by     2009年03月18日 15:53
米12

ハーレー好きが馬鹿に見られるから
泣き叫ぶのは他所でやってね^^
21. Posted by     2009年03月18日 23:50
日本のバイクメーカー4社に純正部品を納入してる
少しだけ有名なメーカーがあるんだ。
その純正部品は、車体の外観を決めたり
性能に影響したりもする部品なんだ。

とある米国で一番でかい2輪メーカーが
「うちの部品も作ってくれよ」って見積りを依頼してきたんだ。
そこのメーカーは性能を捨てて外観だけを売りに
信じられないような値段を日本人にふっかけてるメーカーなんだけど
見積り出した途端に尻尾巻いて逃げたんだ。
見積り内容はいたって誠実。

イタリアで一番有名なメーカーも逃げた。

日本がどれだけ誠実にモノつくってるか少しでもわかってほしい。
みんな誇り持ってるんだよ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ