2009年05月02日

アメブロPV水増し?議論にみるPVの定義、ぶっちゃけ無い!から

ま、私は、アメーバブログさんとは、競合しているサービスの事業責任を負っている者なので、今日の話は、そこは割り引いて聞いてください。

最近、アメーバブログのPVについて、グーグルアナリティクス等での測定結果との間に著しいGAPがあることについて、アメブロPV水増し?議論(私が名づけて「水アメ」議論)が、ブログ界隈で盛り上がっています。
アメブロの水増しPV数は「華麗なる広告詐欺」|web2.0 (^O^)v
5年間もアメブロを使い続けていると、愛着も出てくる。
昔から、アメブロが水増しPV数をしていた事は周知の事実なのだが、今回の問題は、
新しいネット広告詐欺
という問題がクローズアップされている点。
アメーバブログのPV数水増し話について -切込隊長BLOG
記事中は茶化して書いていますけど、広告業界的には結構問題なんじゃないでしょうかね。というか、CAは広告業界なのだから、そのあたりのことは良く分かっていなければいけないと思うんですが。
しかしながら、これ、ミもフタもないことを言わせて貰うと、そもそもネット業界全体で統一されたページビュー(PV)の厳密な定義って、現状ないんですよ、ぶっちゃっけ・・・。

例えば、超重いウェブページを見ている場面を想像してください。

ページが表示される途中で「読み込み中止」ボタンを押して、ネットサーフィンをやめてしまいました。そのとき、上から半分くらいのページは表示されていますが、そっから下は表示されていませんでした。

これ、1ページビューになるのでしょうか、ならないのでしょうか。実は、ネット業界全体で、グレーのままとされてる「不都合な真実」でないかと思います。

さすがに、バナー広告など、直接にオカネに絡むので広告インプレッションの測定方法については、JIAA(インターネット広告推進協議会)で定めたガイドラインは、一応ありますが、このガイドラインをよく読んでもらえば分かるとおり、クローラーへの対策(ガイドライン中では「ロボット対策」)の詳細仕様など肝心な部分については、ほとんど具体的な実装レベルが何も書かれていないのです。

(インプレション(imp)とページビュー(PV)の違いについて、よく知らないという方は、コチラ


つまり、広告の表示に関する指標(imp&PV)に関しては、広告主の視点でみて、客観性を持って厳密に測定できるようなカタチで、その表示品質を、複数の媒体社をまたいで、同じレベルで、きちんとした保証をすることが出来ていないというのが、正直な業界の現状ではないか、と思います。

(NetratingsのPV/UU数値は、まあ、そういう意味では、客観性はあり、一番、信頼に足るものとされています。)

しかし、どうせ「クリック」して、飛んでくるサイト訪問者数というのは広告主の受け側のウェブサーバで、きちんと分かるので、そもそも、そこを厳密に問題意識を持って、聞いてくる広告主は、ほとんど居ないのが現状です。
(こういう状況だから、業界全体ではバナーのimp単価の下落が止まらないのかもしれません。そういう意味では、もちろん、このままでイイとは思えない、由々しき問題です。)

っちゅうわけで、いくら「水増し」と批判を浴びても、『これが我が社としてPVと考える数値なのだ!』と言い切ってしまえば、そこで「それを言っちゃあ、オシマイよ」と、社外の第三者は、誰も突っ込めないのが現状です。

そもそもが、そういう状況なので、私は擁護するつもりも特にありませんが、「詐欺」とかいう言い方で批判される現状は、アメーバブログにとっては、酷な状況かなという気もします・・・。

だって、そもそも、事前に業界全体で合意されたPVの客観的かつ厳密な定義が存在しないのですから。

もちろんサイバーエージェントさん内では、社内的なPVログの測定基準はあるのでしょうから、是非、その定義を明確に社外に周知したらいいと思います。もしクローラーを含んでいたとしても、「それはPVじゃない!」と決め付ける権利は、現状では、誰にもないわけですから。ただ、それをどう思うかは、社外の人が判断すればいいことです。

メディア・リテラシーの高い本ブログの読者の皆様に置かれましては、良いか悪いかは別にして、現状では、ページビューというのは、ぶっちゃけ、所詮その程度の指標なのだ、というご理解を賜りますよう、よろしくお願いします。

おそらくこのブログの読者の方々は「存在もしないサンタ」に夢を膨らませるようなナイーブな方たちではないのでしょうから。

悪貨が良貨を駆逐しないように、JIAAのような業界団体で厳密な共通定義をすべきでないか、と私は思っております。
(が、各社の思惑があるのか、なかなか議論が進みませんなぁ)


このエントリーをこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アメブロPV水増し?議論にみるPVの定義、ぶっちゃけ無い!から

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. Google ad PlannerでのPV数やUU数の信頼性について  [ Web屋のネタ帳 ]   2009年05月24日 09:11
Google ad plannerという、要するに「あのサイトは月間なんPV数...
2. アメブロのPV数の件など  [ smashmedia ]   2009年05月28日 23:33
相当出遅れたのですが、コメントで「書いて」って言われたので書きます。根がサボり症...
3. さまざまなPV  [ nabokov7; rehash ]   2009年05月30日 16:08
ここのところ、アメブロのPVや google ad planner の件で「ページビューって意外に大雑把な指標なんですよ」「PVの定義、ぶっちゃけ無い!」「ですよねー」...といった話が知られるようになってきたようだ。 PVなんて定義次第でなんとでもなるとか、アメブロの「PV」って...
4. 2009-06-19  [ インターネットの中の人 ]   2009年06月19日 23:55
【アメブロPV水増し問題】ちょっと考えればわかるのに 今更ながらアメブロのPV水増し問題の件。 アメブロのアクセス解析がBotも読み込んでてPVが異常に高くてそんなの詐欺だとかなんだとかそんな話。 原因は下記が簡単に説明してくれている。 http://blog.futureismild.net/
5. ブログ「Web屋のネタ帳」が月間100億PVを突破しました  [ Web屋のネタ帳 ]   2009年08月10日 08:36
サイバーエージェント社のブログサービス「アメーバブログ」が月間100億PV(ペ...
6. 話題の「アメーバなう」はTwitterと違い、成功する予感  [ [の] のまのしわざ ]   2009年12月11日 17:13
今話題のアメーバなう。Twitterのパクリと言われていますけど、本当にそうなの...

コメント一覧

1. Posted by 通りすがり   2009年05月02日 09:52
業界での一致したPV定義があった方が良いと思う。短期的に損をする会社があるかもしれないが、長期的に見ると業界全体の利益になるはず。第三者から見てズルッコ出来ない透明性の高い評価基準がある方が、新しい顧客もADを発注しやすくなりますしね。

短期的にズルして利益を上げていても、情報があっと言う間に拡散する今の社会じゃ、長期的な収益を上げることは難しいと思える。

たとえば、新聞の押し紙とか。
2. Posted by あんけい   2009年05月06日 14:33
日本語版は無いのですが、WAA(Web Analytics Association)という団体が、解析関係の指標定義を発表している中にPVも含まれてます。

これのPage ViewsのNoteの部分に下記のような記述があります。決して、これが全てということではありませんが、ご参考まで。

Content, such as XML feeds (RSS or Atom) and emails, that can be delivered to both web
browsers and non-browser clients are not typically counted as page views because the request
or receipt of the content does not always correspond to the content being displayed.

http://www.webanalyticsassociation.org/en/cmt/?5
3. Posted by 通りすがり   2009年05月16日 11:16
> 「いくら “水増し” と批判を浴びても、『これが我が社としてPVと考える数値なのだ!』と言い切ってしまえば、そこで「それを言っちゃあ、オシマイよ」と、社外の第三者は、誰も突っ込めないのが現状」

→ 「いくら"これが我が社としてPVと考える数値なのだ!"と反論しようとも、『まわりから見れば明らかに水増しなのだ!』と言い切ってしまえば、そこで「みんなが言うんじゃしょうがないよね」と、社内の当事者は、何も言えなくなるのが現状」
4. Posted by tabbata   2009年05月16日 13:39
「誰も突っ込めないのが現状」というのは、ちょっと書き方が誤解を招きそうでしたね。

自社基準のPVで発表する自由もあるし、それに対して、そんな本質的に意味のない数字を発表すな!と突っ込む自由は常にあります。

で、それを見ている第三者は、そもそも、PVって基準自体が何のためにあるのか?の観点に立ち返って、判断すればいいのでないでしょうかね。

でも、業界全体で基準が統一されてないと、コミュニケーションのコストがかかりすぎるから、やはり統一することが必要でしょうね。


> > 「いくら “水増し” と批判を浴びても、『これが我が社としてPVと考える数値なのだ!』と言い切ってしまえば、そこで「それを言っちゃあ、オシマイよ」と、社外の第三者は、誰も突っ込めないのが現状」
>
> → 「いくら"これが我が社としてPVと考える数値なのだ!"と反論しようとも、『まわりから見れば明らかに水増しなのだ!』と言い切ってしまえば、そこで「みんなが言うんじゃしょうがないよね」と、社内の当事者は、何も言えなくなるのが現状」
5. Posted by SHU   2009年05月18日 14:31
> 良いか悪いかは別にして、現状では、ページビューというのは、ぶっちゃけ、所詮その程度の指標なのだ

まっ、そういうことですね。そういう意味ではテレビ視聴率(特に365日調査やっているわけではないローカル地区)や雑誌の公称部数も同じようなものです。あくまで「目安」でしかないんですよ。なのに視聴率や公称部数やPVが広告価値の判断材料として使われているのは、どうにもナンセンスです。

買い手(広告主)側が、売り手(媒体)側が提示する指標ばかりに頼らずに、もっと独自の指標で広告価値を判断する努力も必要ですね。

6. Posted by 意味わからん   2009年05月18日 23:51
2 >で、それを見ている第三者は、そもそも、PVって基準自体が何のためにあるのか?の観点に立ち返って、判断すればいいのでないでしょうかね。

 いや、単に何を基準にして算定しているのかを各社が明らかにすればよいだけなんですが。それをしないで「で、それを見ている第三者は、そもそも、PVって基準自体が何のためにあるのか?の観点に立ち返って、判断すればいいのでないでしょうかね
」なんて逃げを打っちゃったら、この業界成り立ちませんですよ。
7. Posted by PV   2009年05月22日 23:03
最後に悪が勝つって定義なら
国民総ドロボウになっちゃいますからね・・・
アフリカのどこかの国みたいに
8. Posted by ivaedocvunf   2009年12月02日 13:51
ivaedocvunf@gmail.com

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ