2009年06月18日

「税金は値切れる」 国家というシステムのバグを突くには? 【書評】貧乏はお金持ちby橘玲

ここ3年ほど、歯のインプラントの手術やらなんやらで、医療費が結構かかったこともあって、年度末に税務署で確定申告をしている。

30過ぎるまでは、ずっと確定申告をしたことがなかった。だから、初めて還付金が振り込まれたとき

「このオカネは、どこから沸いてきたのだろう?」

と不思議な気持ちになったものだ。本来的にいえば、自分が「払い過ぎた」税金を取り戻したのに過ぎないのだが・・・。

ついつい、サラリーマンをやっていると、納税者意識が薄くなるのだが、「税金とは交渉次第で値切れるものなのだ」という、ある意味、信じられない現実を突きつけられる本の一節があったので、紹介したい。

この本の著者の橘玲さんは、国家や制度のもたらすシステムの「バグ」を突いてHackするような視点を、鮮やかに描き出すことにコダワリ続けている、私の大好きな書き手だ。ストーリーテリングの美味さもあって、私は、橘玲さんの本は、ほとんど全部読んでいる。

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する
著者:橘 玲
販売元:講談社
発売日:2009-06-04
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
内容紹介
会社に左右されず独立した人生を歩むには? サラリーマンは国からも企業からも搾取され、使い捨てられる運命しかない。経済的独立を果たすために「一人法人」化し、全てのメリットを享受せよと説く画期的書

「正社員になることが幸福だ」という昨今の風潮に違和感があって、もうひとつの (オルタナティブな)生き方を実践的な知識とともに提案してみたい、というのが本書を書いたきっかけです。ファイナンス(会計や税務・資金調達)は企業のためだけのものではなく、個人の人生設計にも役に立ちます。グローバル化という現実をイデオロギーで否定してもなんの意味もありません。いま必要とされているのは、一人ひ とりがサバイバルするための知識と技術ではないでしょうか。
橘玲

内容(「BOOK」データベースより)
2009年、社畜たちの「自由への逃走」が始まる―。税金ゼロで利益を最大化!社会的弱者が合法的に国家から搾取する方法。

私が衝撃を受けたのはこのくだりだ。

節税と脱税のあいまいな境界

人気マンガ家 西原理恵子の事務所にある日、税務署がやってきた。そんな書き出しのマンガ「脱税できるかな」(できるかなV3 (SPA! comics)所収)は、税務調査の実態を白日のもとに晒した衝撃作だ。

-中略-

サイバラの経営する「有限会社とりあたま」は設立以来7年間ほとんど税金を払ってこなかった。領収書の金額にゼロをふたつ加え、存在しないアシスタントを常時30名以上使っていることにして経費を水増ししてきたからだ。

当然、税務調査では実体のない経費を否認され、延滞税のほかに重加算税も加えられ、過去5年間にさかのぼって、総計1億円の追徴課税を告げられる。それを聞いてサイバラは叫ぶ。

「誰が払うかそんな金」

マンガに描かれるサイバラの対抗策はどれも荒唐無稽なものだ。たとえばフリーカメラマンの夫に、ベトナム、タイ、インドなど数百万円の取材費を支払う(市販の領収書に金額を書いただけ)。

領収証に書かれたアシスタントが全員存在しないことを問い詰められると、じつは自分はマンガが描けず、ゴーストライターを使っているから実名は明かせないのだと抗弁する。

常識では認められるはずのないものばかりだが、こうした徹底抗戦を続けていると、なぜか税務署は追徴額を半分の5000万円に減額してくれる。

-中略-

ここから話はさらに不可思議な展開を辿る。

税務署が強制執行をちらつかせれば、サイバラは裁判で徹底的に争うと宣言する。このようにして、両者の主張は完全に対立し、膠着状態に陥るのだが、双方の緊張感が極限にまで高まったときに、税務署が突然、「ぶっちゃけた話、いくらなら払うおつもりですか?」と言い出したのだ。

それに対して、サイバラは、10分の1の1000万円を提示する。すると驚いたことに、あれほどまでに強気だった税務署側は、1500万円の追徴課税で妥協してしまったのである。

-中略-

1年間の"交渉"の結果、確たる理由があるわけでもないのに、税金が八割も棒引きされてしまったのだ。

だが、話はそれだけでは終わらない。

-中略-

そればかりか、税理士は、翌年以降の税務署とのトラブルを避けるために「(会社を)つぶしちゃいましょう」とまでアドバイスする。転居して所轄が異なれば情報は共有されず、「前科のないまっさらな会社」でスタートできるのだ。
それが、正しいことかどうかは別にして、「日本国民、みんなが公平にルールに従って税金を納めている」なんていうのは、幻想なのだ、ということがよく分かるだろう。

そもそも医療費控除ひとつにしたって、「面倒臭いから」とか「申告の仕方がよくワカランし・・・」、と控除をしなかった人に対して「あなた、税金を収めすぎですよ!」と税務署が、気を利かして税金を再計算して、勝手に自分の口座に振り込んでくれるわけではない。

超基本的なことだが、「税務署(日本国)vsアナタ」という「ゲームのルール」に基づいて「プレイするか、どうか」という気構えの問題がそこに横たわっているのだ。

あなたは、日本国という存在を、自分がプレイしている人生という「ゲーム」の対面に位置するプレイヤーとして、意識したことがあるだろうか?

結局、国なんていうのも、人間が作ったシステムの一種類に過ぎないので、ハッキリ言って「穴だらけ」「バグだらけ」である。自分にとって都合の悪い決定を押し付けられそうなら、戦えばよいし、利用できる部分では最大限に利用したらよい。物理的な存在としての日本列島のように、所与の「環境」として、国家を捉えるのは、止めたほうがよいということが、本書を読めばよく分かる・・。

例えば、ほとんどの人が「最高裁で有罪が確定しました」と言えば、「きっと、アイツが真犯人だったのね・・・」と思うだろうが、最近の足利事件で、DNA再鑑定の結果、冤罪だったことが判明したことを見ても分かるように、そんなのは、ナイーブな思い込みだ。

裁判所の判決だから、普遍的な真理が含まれているのだろう、ということなど、微塵もなく、あくまで日本国という想像上のシステムが「便宜上、そういう判断をした」ということに過ぎないのであって、実態としては、生身の裁判官なりが、ただ役所シゴトの一つとして判断したことに過ぎないのである。

そういうグダグダな組織である国家という組織・システムに対抗するために、橘玲が説くのは、「株主=自分1人かつ社員=自分1人」という極小の法人、橘がいうところの「マイクロ法人」を設立して、「合法的に国家から搾取する方法」を実行することである。

国家は、法律や行政上の前例に基づいて運営されている、ある種のシステムだ。

だから、国家と対抗し、国家を利用するためには、あなたも、法律を最大限に利用し、生身の個人としてでなく、バーチャルな「システム」として、国家と対峙することが肝要だ。

そのための「乗り物」として、マイクロ法人という仕組みが登場してくる。マイクロ法人は株主も社員のアナタ一人なのだから、あくまで「法律上、書類上のみに存在する」想像上の産物に過ぎないとも言えなくもない。

しかしながら、マイクロ法人を設立すると、不思議なことが次々と起こる。

例えば、一個人のままだったアナタが、金融機関の窓口に行き、「無担保でオカネを貸してください」と言っても、断られるか、かなり高利の金利を要求されるに違いない・・・。

しかし、マイクロ法人を設立したうえで、善良な中小企業の「代表取締役」としてのアナタが、金融機関に融資を依頼すれば、全く違ったトビラが開くのだ・・。

下記のリンクを見て欲しい・・。

新規創業の為の融資制度一覧


上記のリンク先を見れば分かるように、信用保証協会を通じた、区役所の創業支援制度に基づいた融資なら、公的な資金に基づいて、利子が補給され、本人の実質的な負担は、1000万円を無担保で借りても、年利0.3%(世田谷区の場合)で年間3万円の利息に留まったりもするのだ。

これは、本書によれば、ビジネスプランが審査されたりするわけでなく、要件を満たしさえしていれば、申請すれば実質的には殆ど通るそうである。

年利0.3%ということであれば、この融資制度で調達したお金で、そのまま銀行の定期預金にしたり、国債を買ったりしても、充分に利ザヤが抜けてしまう、有り得ないほどの低金利である・・・。

この低金利は、実質的には誰が負担しているのか?

もちろん、納税者である我々である。役所の商工課の人たちは、議会が決めた予算に従って、事務を執行しているだけだ。

こういう自治体による低利での融資制度があることを知らずに、いわゆる商工ローン等から高利で資金を調達した結果、首が回らなくなって自殺した、中小企業のオーナーも、これまでに無数にいたかもしれない・・。

「そんな、彼らの死を、もたらしたのは何だろうか?」

私が手短に断じれば、「無知」ではないだろうか。

中小企業の悲哀を嘆くようなお涙頂戴のストーリーに背を向け、橘氏の本は、一貫して、国家という制度・システムのバグを突くことで、より自由に生きよう!と背筋がヒンヤリするようなリアリティを持ちながら、ポジティブに訴えてきたのだと思う。

「無知」から脱却し、国家というシステムのバグを突くことで、より自由に生きよう!

PS:
例えば、ソニーやマツダ、三菱商事や三井物産など日本を代表する大企業ですら、納得できない税金の徴収には、不服を申し立てて、国と争っている。(この移転価格税制というのは、国境を越える大企業と、国家とのせめぎ合いの最前線でもある・・。)

現行のシステムで払う必要がないとされている税金を、払う義務はないし、不服があれば申し立てればよいのだ。

「申告漏れ=脱税=悪人」というイメージで、野村サチヨみたいな有名人を捕まえ、一罰百戒をブチかますことで、納税規律を何とか保っている、現行の所得税・法人税中心の徴税制度は、持続可能か、きっと疑わしくなっていくだろう。

【私が好きな橘玲氏の著作一覧】
貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する
著者:橘 玲
販売元:講談社
発売日:2009-06-04
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


↓もはやクラシックス
「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社プラスアルファ文庫)「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社プラスアルファ文庫)
著者:橘 玲
販売元:講談社
発売日:2004-08
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


海外投資と節税に関して・・武富士の御曹司の節税?を巡るくだりが白眉
黄金の扉を開ける賢者の海外投資術黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
著者:橘 玲
販売元:ダイヤモンド社
発売日:2008-03-07
おすすめ度:4.5
クチコミを見る



このエントリーをこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「税金は値切れる」 国家というシステムのバグを突くには? 【書評】貧乏はお金持ちby橘玲

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. きになるきじ ほんじつ 橘玲  [ お勉強しなきゃBlog ]   2009年06月21日 13:52
知識は最大の防御? 「税金は値切れる」 国家というシステムのバグを突くには? 【書評】貧乏はお金持ちby橘玲 この話の是非はともかくとして 覚えておいてもよい知識だとおもう。 橘玲さんの本には、国民健康保険料も値切れるという例も紹介されているようです。 買っ...
2. hoge化する小飼弾、あるいは権威の未来  [ 404 Blog Not Found ]   2009年06月22日 21:00
あるいは、世界はなぜフラットでなくなるのか。 ネットの炎上は人類進化の必然で、健やかなる新時代を拓く鍵かもしれない - 分裂勘違い君劇場この宇宙の歴史が熱力学の第二法則によって熱平衡へ向かって進むように運命付けられているのにも似て、人類の歴史は、個々人の「偉...
3. [Books]貧乏はお金持ち  [ 株式会社 エコブランド ]   2009年07月24日 18:07
マイクロ法人という、現代社会において自由に生きるための「雇われない生き方」を指南した本です。起業に興味があったり、サラリーマン生活に閉塞感を抱える人にとっては必読だと思います。 貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する橘 玲講談社 ( 2009...

コメント一覧

1. Posted by とおりすがり   2009年06月21日 00:14
2 なんていうか、失礼な言い方だとは思うけれど、と世の中の仕組みをとっても知らなかった人なんですね。

行政が縦割りで、あなたのいう「バグ」だらけなのは昔からです。好ましくない法律ができそうになると一生懸命ロビー活動や陳情にいくのは、古典的な国との戦いといえるでしょう。

また、行政と司法の区別がついてないような表現も見受けられますし、「無知」と断定する下りは乱暴ですね。
2. Posted by ほげ   2009年06月21日 01:47
とおりすがりが「自分は知ってたよえっへん」とか書き逃げしてもなあ、と思った
3. Posted by       2009年06月21日 02:24
「世の中の仕組み」には詳しいが、
「世の中」の事には疎い。
それが>>1
4. Posted by     2009年06月21日 04:55
コメント1で笑ってしまった
5. Posted by バグ   2009年06月21日 08:35
>>1の書き方はどうかと思うが、まあ言わんとすることは分かる。最近の郵便料金不正もホリエモンもなんとかファンドもかんぽの宿も、およそ経済関係のスキャンダルは「バグ」を突付いてしくじったものが大半のような。

たしかに行政等のバグを突付くのは手っ取く儲けるには早そう。だけれど、突付きそこねると塀の中に落ちかねない諸刃の剣。

国に金を払いたくないといえば、巨大掲示板の元オーナーも有名だけど、西原さんも含めて、彼らはかなりのリスクをしょってやってるはず。その意味では常人には安易にまねできるこっちゃないような気も・・・

「裁判も辞さない。徹底抗戦します!!」
「どうぞどうぞ」
「え?うそ。ポカーン」

みたいな。
6. Posted by p   2009年06月21日 09:02
 日本の憲法には「納税は国民の義務」という条文がありまして、例によってお上に従うのが大好きな日本人は、これをありがたく遵守しています。一方、アメリカ合衆国憲法には「議会は税を課し徴収することができる」としかありません。

 欧米諸国において憲法とは、国民の権利と国家の義務を規定したものなのです。日本はまるっきり逆。国民に納税しろと命じるずうずうしい憲法は世界的に見てもまれな例です。

 スペインの憲法には「納税の義務」が記されていますが、税は平等であるべしとか、財産を没収するようなものであってはならぬなど、国家に対する義務も併記されています。日本では納税しないと憲法違反となじられますが、役人が税金を湯水のごとくムダ遣いしても憲法違反にはならず、はなはだ不公平です。

 一方的に国民に納税を要求する取り立て屋のような憲法があるのは、日本・韓国・中国くらいものですから、こんな恥ずかしい憲法はもう、即刻改正しなければいけません。

−パオロ・マッツァリーノ『反社会学講座』
7. Posted by teddy   2009年06月21日 12:23
良いエントリーです。関心しました。
>>1 のような浅薄な突っ込みはゴミです。無視しましょう。
8. Posted by たばた   2009年06月21日 13:22
コメントありがとうございます。私の言いたいことは、下記のツブヤキのような感じでしょうか。

『私はシステムとしての日本国というのは、はっきりいって、どうでもよいが、日本食の一部と、日本人のほとんど、および、日本語に基づく娯楽物の一部には、非常に愛着があります・・・』
http://twitter.com/tabbata/status/2252205097

『ちなみに、私の政治的信条は、リバタリアンです。読んでもらえば分かるとおもいます。 』
http://twitter.com/tabbata/status/2252187419
9. Posted by sugari   2009年06月21日 14:35
なんか人気マンガの核心部分をパクった本と、それを丸パクリしたblogかあ。。。。
10. Posted by なす   2009年06月21日 14:39
信じられないエントリーですね。ここに書いてあることは「節税」ではなく「脱税」の話だと思います。
自分から見ると「脱税なんて簡単だしお金も(以前のように減らないから相対的に)増えていいことばっかしだから皆やろうぜ!」としか見えません。
「税務署(日本国)vsアナタ」という構図を描きたくなるのはわかりますがその「アナタ」というのは日本国のお世話になっているのが理解できないのでしょうか。
所謂「税金の無駄遣い」というのに不満があるのでしたら選挙で行動を起こすべきではないでしょうか。

もし確定申告による「節税」の話をされていたならその文意を察することはできませんでした。その場合は謝罪させていただきます。
11. Posted by 赤ワイン   2009年06月21日 15:56
>6
欧米ってやつが万能じゃないって理解してるかな?
なにをもって恥ずかしいと断定するのかね。
12. Posted by とおりすがり   2009年06月21日 19:35
9に同意。
13. Posted by いぬさん   2009年06月21日 21:35
果たして、争うだけの体力(精神力)がある個人が
世の中にどれだけいるだろうか?。

果たして、争うだけの時間がある個人が
世の中にどれだけいるだろうか?。

国家は、その気になると数十年でも
裁判し続ける力がありますよ。
(空港建設、ダム建設、大規模堤防建設
どれも数十年単位の闘争です。)
それで、実質勝利するほうがどちらなのか?。
裁判に勝っても個人の人生の大部分の時間と金と
労力を注ぐんですねぇ。

グレーゾーンは、行政にもあります。
(裁量領域)
でもねぇ。やりすぎたら
どうなるか?。
力加減が微妙ですねぇ。
14. Posted by 寄生虫公務員の厚遇を見直そう   2009年06月21日 22:34
民間が弱っているというのに
自分らの給与は下げさせない
寄生虫公務員が発狂するような記事だなw
民間従事者・事業者はもっと賢くなって、公務員の待遇に厳しい目を向け
そして本書のような知恵を会得し、実行に移し豊かな生活を送るべきである。
15. Posted by 私はワープアですが   2009年06月22日 00:34
働かない公務員の給与はカットして欲しいですが
働いている公務員の給与は増やしてあげて欲しいです。
仕事も給与もしっかりが良いと思います。
「公」から始めて「民」まで全てそうなって欲しい。
16. Posted by 冗談?   2009年06月22日 03:45
税金に関して無知な人は確かに多い
無知だと損するのは本当
節税テクは大切

でもこのエントリーはひどい

書評として衝撃を受けたのはわかるけど、コレじゃ「抜け穴があるから脱税しようよ」ってな結論にしか読めない

こういう奴がいるから余計な手続きや手間や手数料が増える

「ライブドアでメディア事業部長」やってる立場の人が書いたとは思えない
まさかライブドアの偉い人は皆こういう考えなのか?それとも肩書騙ってる?

無知は良くないって書いてる本人が無知ダヨ

不服申立ては難癖ではないよ

コピーできるから音楽CD路上で売って小遣いにしようってのとどう違うの?

コメント3,7,14,とか学生かな

これなにかの冗談なの?
17. Posted by MM   2009年06月22日 08:46
でも、NHK受信料や年金は払わなくてもいいよね、と思っているんでしょう?>>10, 16
18. Posted by まいん   2009年06月22日 10:11
> 書評として衝撃を受けたのはわかるけど、コレじゃ「抜け穴があるから脱税しようよ」ってな結論にしか読めない

そうとして捉えられないあなたが狭量。
19. Posted by ぬちゅぬちゅ   2009年06月22日 13:35
バカばっかだな。
そんなんだからお前ら貧乏なんだよ(げらげら
20. Posted by     2009年06月22日 19:25
穴だらけの書評に的外れな突っ込み入れてる場合かよ。働け、お前ら。
21. Posted by  by   2009年06月23日 02:39
4 昔、知人の会社で同じようなことがあったの思い出しました。(なつかしい)

で、はやり、税額については交渉。
税務署も倒産させるとその会社からの収益(?)が0になるので、
満額か0(倒産)かみたいな、無茶なことはしないようですから、
税務署も真面目に働いてるってことですかね。

制度に不備があるのはしょうがないと思うんですけど、
日本は十分機能してるような気もしなくなくなくないですよね。
22. Posted by ななし   2009年06月23日 11:52
ライブドアの中の人みたいなんでコメントさせてください。
このブログに該当するURL、引用文を明記してトラックバックを送ってもエラーになり届きません。

ブログのシステムが変わってからこのような現象になってますが一向に改善される気配もないんですが、どうなんでしょうか?

JUGEMやseesaaからだとトラックバックエラーが多いように思えるのですが、これは仕様なのでしょうか?
23. Posted by おもしろいね。でも…。   2009年08月30日 17:48
法定速度で車を運転している人がどれだけいるだろうか?

不思議な事に、法定速度で運転していると、かえって円滑な交通の妨げになることが多い。だから一般的には、法定速度を少々超えて(つまり交通違反)運転してもそれをとがめられる事はほとんどない。噂では警察が速度計測するいわゆるネズミ捕りでは15キロオーバー以上の速度を見ていると言う。


要は裁量。もっと言えば運次第。

税務署の話も同じ穴。

費用対効果、見せしめその他もろもろの当局側の事情で結果が変わるだけのこと。たまたま掲記の結果になっただけであって、日本中どこでも同じ結果になるとは限らない。

半額になろうが10分の一になろうが 脱税(の疑い?)で追徴されている事に変わりはない。会社変えようが何しようが、その税理士は目が付けられているから、その顧問も変えないとダメだろう。

必ずマークされるだろう。

だからといって顧問契約解除すると、こんな税理士だから間違いなく当局へ「売る」でしょうな。

結局、同じ穴のムジナで行くとこまで行くしかなくなる。
それがホリエモンや村上だ。

検察や国税がその気になれば不当だろうとなんだろうとデッチ上げて逮捕す・訴追すれば、それで社会的信用が失墜し、ダメージを与える事はいともたやすい。

「へえーそうなんだ。」程度に留めておく事が良い。
決して、実践しない事だな。





24. Posted by the northface outlet   2010年11月28日 03:25
ブログのシステムが変わってからこのような現象になってますが一向に改善される気配もないんですが、どうなんでしょうか?

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ