英語力UP

2013年06月10日

誰かに厳しい質問をすることはKYで失礼なのか?〜BBC HARDTALKスティーブン・サッカ−との会話から。 はてなブックマーク - 誰かに厳しい質問をすることはKYで失礼なのか?〜BBC HARDTALKスティーブン・サッカ−との会話から。

橋下市長の慰安婦問題を巡る件でのやり取りや、オリンピック誘致を巡る猪瀬知事の失言を追及する記者会見でのやり取り、そしてプーチンにKY?な質問をぶつけたことが話題となったTBSの記者のように、報道しようとする取材の主体者の行い、それ事態までもが、報道メディアのアジェンダになることが増えてきた。

つまり、報道された内容だけでなく、そのような報道を生み出すまでの、メディアと取材対象者とのやり取りそのものが、ニュース・メディアの世界で主なテーマになりつつあるようだ。

 

インターネットの登場によって、時間軸の長さや紙面の限界がなくなったこともあって、記者会見全体が、質問する側の立ち居振る舞いも含めて「見える化」されるようになってきたことがその主な要因だと思う。基本的に私はこのように、報道メディア側自体も批判され、検証されるようになること自体は大変にいいことだと思っている。

しかし、例えば、愛国的だということで、人気のある政治家に対し、厳しい質問を行う記者の存在自体が、ソーシャル・メディアなどで「あいつはKYだ。ブサヨだ。」と猛烈に批判されるような事態が近いうちに起こるのではないか、とやや危惧も感じる。なぜなら、取材過程や記者会見での質問プロセスが可視化され、場合によってはアンフェアな批判にさらされることで、報道メディアを萎縮させることは決して社会全体のためにならないからだ。

報道メディアが取材対象者に、ある意味では厳しい質問をハードに行うことは、プロ野球のバッターが、ピッチャーの投げた球に対して、フルスイングするような、職業的な「義務」であり、当然の努力なのだ、ということを忘れてはいけない。いくら熱狂的な阪神ファンといえども、甲子園で阪神のピッチャーから、逆転のタイムリーヒットをかっ飛ばしたからといって、打った選手を口汚く野次ることが褒められたことでないのは、誰にでも分かるだろう。別にバッターもピッチャーが憎くてフルスイングをするわけではないのだ。

野球でバッターが投げられた球を渾身のフルスイングでぶっ叩くように、あるいは、ボクサー同士がノーガードで撃ちあうように、厳しい意見のぶつけあいが行われる様を英語ではHARD HITという。日本語で、喧々諤々・丁々発止の激論というところだろうか。

そして、この文字通りのHARD HITな議論を見せよう、という意図で放送されているBBCの看板インタビュー番組に「HARD TALK」がある。筆者のお気に入りの番組だ。スティーブン・サッカーというキャスターが質問を各界の有名人や政治家になげかけるのだが、見ているこちらが、ある意味では「失礼ではないか?」とヒヤヒヤするような質問をズケズケと単刀直入にぶつけ、30分という短時間だが、非常にHARD HITで高密度な議論が見られる。


英語で厳しくネチネチと詰問されることを、グリルで肉が焼かれるように「料理されるという意味で
grillingというけど、スティーブンは、まさしく、これぞgrillingだ、という感じの強面インタビュアーぶりなのである。



tabbata at 05:49コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月01日

「英語のシャワー」どころでなく「英語の滝」に打たれてみる 〜村上春樹好きのための英語学習法 はてなブックマーク - 「英語のシャワー」どころでなく「英語の滝」に打たれてみる 〜村上春樹好きのための英語学習法

いつの間にやら、1年間のGABA通いも終了した。正確ではないが、それなりに通じるようになったと思っている。

最後に俺の英語に関する感想をマネージャー格の講師に聞いたら、一番よいところは「You can speak with confidence.」と言っていた。

それ、confidence じゃなくて、loudnessつまり、俺の声がデカイだけじゃないの?と思ったが、まあ、ヨシとしよう。

語学みたいなものは放っておくとすぐに鈍ってしまう、ある種の「脳の筋トレ」みたいなものなので、何か、続けてやろう、と考えていた。

ここしばらく、世の中が「1Q84だ!」と盛り上がっていた。しかし、私は常に逆張り精神、へそ曲がりスピリットの男。

まあ、あんなものは、後から読めばいいと、「1Q84」には、手を伸ばさず、最愛の村上作品である「ねじまき鳥」を本棚から手にとって、読み返していた。(この本は、結婚して「夫婦」というものを実体験してから読むと、非常に身につまされる。以前には、読めなかった行間が読めてくるのだ。)

そこで、ピンと来たのだ。(頭に電球がついた。)

tabbata at 11:13コメント(2)トラックバック(1) 

2009年06月12日

「Keep in touch」という言葉とTwitterの隆盛〜Tokyo2.0に感じる はてなブックマーク - 「Keep in touch」という言葉とTwitterの隆盛〜Tokyo2.0に感じる

月曜の夜に、Tokyo2.0というイベントに、Geeks on a planeというツアーでやってきた、Joyce Kimさんというサンフランシスコ在住の女性ネットベンチャー経営者と一緒に、行ってきました。

photo(2)


これが、素朴に、とても、面白いイベントでした。

元々のキッカケは、Daumの国際部長のときに、私と、カンファレンスで知り合い、その後、今やDaumの子会社であるLycosのCEOになられたJungwook Limさんから、「今度、僕の友達で、Soompiというネットベンチャーをやっている女性が、日本に行って、日本のインターネット業界事情について、詳しく知りたいということなので、打ち合わせしてもらえないか?」というメールがきたことです。

以前に一度、Jungwookさんが東京に来られたときに、ネット業界の現状や、ブログを軸にしたCGMでの収益化などについて、1時間半ほど、みっちり語ったことを記憶に残されていたようです。

Joyce Kimさんは、ハーバードを出で、コロンビアのロースクールに行き、ついこないだまで、アメリカで弁護士をやっていたような才媛なのですが、1時間半ほどみっちり、彼女から繰り出される矢継ぎ早の質問に答えました。

tabbata at 00:46コメント(0)トラックバック(0) 

2009年05月22日

「自動車2.0」は走った分だけ課金、石油を使い続けるのは奴隷制を続けるのと同じだ! はてなブックマーク - 「自動車2.0」は走った分だけ課金、石油を使い続けるのは奴隷制を続けるのと同じだ!

昨日も紹介したTEDの動画の中でも、これまでに見た中で、ベストだと思ったスピーチ動画と、その日本語要約を紹介します。 世界級のエリートが、どれくらいのストーリー展開力とアピール力と、行動力を持ちながら、高い理想の実現に向け、突き進んでいるのか、ということがよく分かると思います。 このShai Agassi氏(SAPの元幹部でイスラエル人)。今はBetterPlaceという電気自動車のインフラ提供会社のCEOのスピーチです。 電気自動車の推進について、単なるエンジン、動力源の置き換えに留まらない変革を自動車業界や、世界の経済にもたらすのだ、と政治家も顔負けのアピールぶりで、熱く理想を訴えます。 Talks Shai Agassi's bold plan for electric cars 公式ページの動画本体へのリンク 彼のスピーチの最も肝の部分を私なりに、要約すると以下のようになります。 自動車2.0では、自動車が携帯電話のような存在になる。走った分だけ、課金され、本体はもっと安くなるのだ。 電気マイルが新しいコモディティになる。しかも、「ムーアの法則」に従い、どんどん安くなっていく。 2020年には1マイル走る電力を2セントで提供する。そうなれば石油会社は太刀打ちできない。 モラルと経済、どちらを取るか?のトレードオフに悩んだときは、奴隷制廃止の歴史を思い起こそう。 石油依存の今日の経済は、当時の奴隷制に依存した経済と同じ状況だ。200年前は、労働力の25%が、奴隷制という背徳的なシステムからもたらされていた。 そのため、奴隷制廃止は経済に大打撃を与えるのではないか、ひどく懸念されたが、奴隷制度廃止の直後に、産業革命が勃興し、むしろ奴隷制廃止が次の100年の繁栄のトリガーになったともいえるのだ。 だから、数十年かけてシフトするのでなく、この数年のうちに石油から電気へ。所有から利用へ、と自動車産業の構造を変えよう。 emaile
奴隷制を、スピーチ最後のメタファーに持ってきて、ストーリーを展開するあたり、論理の飛躍があるのですが、欧米のインテリには、これは拍手を拒否できない、凄く刺さるアピール方法でしょうね。 奴隷制の廃止と、産業革命の勃興の因果関係は、実際のところは、奴隷制を廃止したから、機械での労働力が必要になり、産業革命が起こった、なんていうほど分かりやすいストーリーではないように思うんですが、まあ、「分かりやすい」という意味では、「あっぱれ」なまでに見事のアジテーション演説です。 以下は、私が翻訳したスピーチの骨子です。例によって跳躍的な超訳が含まれてますので、間違ってたらすみません。(印象に残ったので、細かく訳したところと、ズバっと無視したところの差が激しいですw。) 日産のカルロスゴーンが言ったという、 「ハイブリッド車は、人魚姫(マーメイド)のような存在だ。魚が必要なときには、女性になる。女性が必要なときには魚になる。」という例え話も、グッドですね。 ちょっとファンタジーがあって、洒落たメタファーなのですが・・・。 女性が必要なときって?性欲かい?それ? 魚が必要なときって?食欲かい?それ? みたいな、ツッコミ心をくすぐる、えらいベタな欲求に裏打ちされた比喩ですから、妙な説得力を感じました。 私のような下品な人間だと、ついつい 「ハイブリッド車は、人魚姫(マーメイド)のような存在だ。ムラっと来ても、セックスするわけにもいかないし、腹が減っても食べることも出来ない。」 と言いそうになってしまいます・・。 さすがゴーン。競合のトヨタやホンダが、注力するハイブリッド車を批判するにも、ユーモアと、ポリティカリーコレクトであることを忘れていませんね!(日産はハイブリッドではなく、一足飛びに100%ピュアな電気自動車にカジを切っています。) それにしても、自動車業界はどうなっていくのでしょうかね。電気自動車化で本体がコンポーネント化されて安くなったら、日本の自動車産業全体が、GMのようになってしまうのでしょうかねぇ・・・。ここがやられると、日本の「モノづくり」は終わった・・という感じだと思いますがね。。

tabbata at 08:11コメント(0)トラックバック(0) 

2009年05月21日

TED.comは、最高レベルの英語学習コンテンツでは? はてなブックマーク - TED.comは、最高レベルの英語学習コンテンツでは?

すでに、いろんなところで紹介されているのですが、TED.comというサイトがあります。Technology,Entertainment,Designの頭文字をとって、TEDだそうです。

TEDは、世界の超一流の人物が、年に1回集まり、開かれるカンファレンスです。

その講演ビデオが、ネット上に無料で公開されているのですが、この動画が、「英語学習の教材としての要件を確保」しながら、「2009年の今、話を聞くべき人物の、話を聞くべきアイデア」を紹介しているという二つの要素を高い次元で両立させています。

これが、いろんな意味で「最高」レベルの英語学習コンテンツのように思えてきました。「話す人物」も最高レベル。「話される内容」も最高レベル。講演後のスピーチに対する「取り扱い」も・・・。

tabbata at 09:15コメント(4)トラックバック(3) 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ