フレームワーク

2009年08月06日

クロスメディアでの広告媒体配分はゴルフ場でのクラブ選択だ! はてなブックマーク - クロスメディアでの広告媒体配分はゴルフ場でのクラブ選択だ!

adtech tokyoに向け、夏の復習エントリーを載せたいと思います。

アホなことばかり、Twitetrで書いていると、Speakerとしての適格性が疑われても困りますから(笑)

ちなみに、私のスピーカーコードは「SP100359」です。このコードでadtech tokyoに登録を申し込むと、参加料が20%割引になりますから、ぜひお使いください。)


さて、最近、「クロスメディア」という言葉が、広告キャンペーンの手法として、持て囃されるようになって久しいです。

でも、単に売れなくなったマス広告を売るための「抱き合わせ販売」を「クロスメディア」と称し、目新しさのパウダーを振りかけて、陳腐な提案内容を正当化するだけ・・・みたいなプランニングも多いように思います。

広告会社や、広告宣伝部にお勤めのアナタは、なぜ、そもそも、複数の広告ビークルやタッチポイントをポートフォリオ的にMixすることが、キャンペーンの費用対効果を向上させるのか、そもそも論から説明できますか?

たとえば、トータルで、3億円のキャンペーン予算があるとします。2億円をテレビに配分し、5000万円を新聞に、5000万円をネットに配分、というような予算配分が、何ゆえ、そのような比率で、その金額での予算配分に決定されるべきなのか?その必然性をロジカルに説明できますか?

私なりに、脳内で組み立てたモデルに基づく説明をご紹介したいと思います。長文ですが、どうぞよろしく。

(__ここ以下は、以前のエントリーの再掲載です。____)

グーグルやヤフーのような検索連動広告は、費用対効果がいいため急激に伸びている。その逆に、新聞や雑誌は、費用対効果が悪い、と最近、よく言われています。

しかし、ちょっと待ってください。そんなに検索連動広告の費用対効果がいいなら、何ゆえ、広告主は、自社の広告予算の全額を検索連動に割り当てたりしないのでしょうか?

例えば、トヨタは、なぜ、全広告予算を、グーグルのアドワーズに割り当てないのでしょうか?

テレビ局や、広告代理店とのこれまでの付き合いが云々、みたいなことを抜きにして、上記の問いに、ロジカルに答えることは、案外カンタンではないように思います。

tabbata at 08:09コメント(2)トラックバック(2) 

2009年06月08日

組織図を描くのは、アートな感性と、サイエンスな設計の融合だ! はてなブックマーク - 組織図を描くのは、アートな感性と、サイエンスな設計の融合だ!

この日曜日に読み返していた3冊の本は以下の通り。

SANY0037


こんな本を読みながら、何を考えてるかといいますと・・・・。
そろそろ、弊社でも、10月始まりの新年度に向けて、新年度の予算策定と組織設計をイメージするべき時期にも、なってまいりました。

毎回思うのですが、組織設計と人事異動というのは、アートとサイエンスの融合した、何ともいえないシビれる経営判断だと思います。

しかしながら、当然に「サイエンス」の側面もあるわけですから、きちんと、フレームワークを知っておくことも大事なわけです。

組織設計に関して、何となく・・・で、決めていると、哲学・ストーリーのない組織改変が頻発することになります。そんな朝令暮改をやっていると、現場の社員からみたときに、マネジメントが無能なことがバレバレになってしまいますから、細心の注意を払いつつ、大胆に考えねばなりません。

まず、組織骨格のパターンとして、現状、多いものに3つがあります
 ・機能部制
 ・事業部制
 (事業部のことをディビジョンと呼称する会社もある・・)
 ・マトリックス組織
です。

いま、いろんな会社で多いのは、事業部制だと思いますが、そもそも、事業制とは、どういう組織論のフレームや必然性に基づいて、編み出されたものか、部下から聞かれたときに、アナタは説明できますでしょうか?

tabbata at 07:59コメント(2)トラックバック(0) 

2009年05月09日

あなたのチームは、モノトーンか?レインボウカラーか? はてなブックマーク - あなたのチームは、モノトーンか?レインボウカラーか?

ウチの会社にはいろんなタイプの役員・社員がおります。
その一端をご紹介。この写真は、ゴージャスな美女とレンズに収まる、livedoorの営業担当執行役員の高岳です。

From “そんじょそこらの美女じゃない”@タカオカフミノリ_好友録

写真が凄いですね。スゴ過ぎて、笑ってしまいましたw。

この未曾有の「100年に1度の大不況」の真っ只中に、BRIOやLEONなどの表紙でも、こうは行きませんよね!チョイワルどころではない、激ワルのオーラが滲んでます!。

私が、高岳に初めて会ったときは、彼が事業再生・ターンアラウンドに特化した、とある外資のコンサルティングファームのコンサルタントとして、livedoorにやってきた時でした。

livedoorの事業再生プランを練り、株主にレポートするために、幹部の連中が要するに「イケてるかどうか」も含めて、検分をされるということで、経歴書を提出のうえ、個別に幹部がヒアリングされる場がありました。私も呼ばれたのですが、鋭い眼光から、厳しい質問をサラリと発する姿になかなか、緊張したものです。

その姿の一端は、もちろん、今も仕事をしている中では時々感じることはあります。が、それは、あくまで一方向から見た姿に過ぎなかった!!人間というのは、時と場所で全然違った顔になる、ということがよく分かるのが、冒頭の写真ですね〜。

かように、弊社には、いろんな人間がおります。最近、感じるのは、出身地の地域や、人間の性格というのは、結構、向いている仕事の役割を考えるうえでも、「案外、バカにしたもんじゃないな」ということ、「多様性というのは大事だ」という当たり前のことです。

私はすぐに2×2のマトリックスをホワイトボードに書くのですが、私なりに、印象をまとめると、↓なります。(ま、あくまでヨタ話なんて、マジメに突っ込まないでくださいね・・。)

tiiki_matrix



tabbata at 09:32コメント(0)トラックバック(0) 

2009年05月03日

マーケティングにおける「不変」かつ「普遍」の22法則 はてなブックマーク - マーケティングにおける「不変」かつ「普遍」の22法則

いいモノorサービスを作れば、売れる。」 これは真実だと思いますか?

私は常に成り立つ真実だとは全く思いません。


「いいモノを作れば、売れる」という、実際に「モノ作り」の担い手である職人的エンジニア層がしばしば持ちがちな考えは、非モテの男子が「俺も、頑張ってイイ男になれば、意中の彼女が振り向いてくれるはず!」と考えているのと似ています。

「いいモノを作れば、売れる」という考えは、私に言わせれば。経験則に裏打ちされた事実というよりも、よく言えば「信念」、中立的に言って「希望的観測」、悪く言えば「妄想」だと思います。

ネット上では、「マーケティング」=「テレビCMをガンガン打つって、消費者を目くらますイメージを刷り込むこと」=「旧来型のマスメディアに頼るダサい行為」のような雰囲気の存在するように時々、感じます。

しかしながら、テクノロジーオリエンテッドなネットベンチャーで、ウェブサービスを立ち上げるにあたっても、「マーケティング」の側面を無視することは自殺行為ですし、マーケティング=テレビCMを打つことでは、全くありませんから!

実戦においては、別に小難しく抽象的なマーケティング論を学ぶ必要はありません。幾つかの本質的な原理・原則さえ、押さえておけば、それで充分です。その幾つかの本質的な原理・原則を、「22の法則」としてまとめられたものが本書です。実務家によってまとめられ、実戦で有効性が証明されてきた「22の法則」が惜しげもなく、紹介されます。

本書の原著が書かれたのは93年。すでに15年以上が経過してますが、ここに書かれた「22の法則」は、文字通り「法則」の名に相応しく、その有効性は、微塵も変わっていません。原題である「The 22 Immutable Laws of Marketing」(直訳:マーケティング、不変の22の法則)の「Immutabe; (形) 不変の〜」という言葉に相応しい「不変」の法則ぶりです。

本書の内容は。時代が変わっても、対象とするマーケットの地域や商材などが、どのように変化しても、ほとんど常に「正しい」という意味で、「不変」かつ「普遍」のマーケティングにおける法則集だと思います。

もし、たった一冊だけ、マーケティングに関する本を、新入社員やエンジニアの方に奨めるとしたら、私はこの「売れるもマーケ、当たるもマーケ マーケティング22の法則」を奨める、そんな本です。

もちろん、この本の通りにやったから成功するとは保証できません。しかし、この22の法則に逆らうことをもしやっていたとしたら・・・、まず、間違いなく「失敗する」でしょうね。

特に1番〜7番までの法則の「正しさ」は、もはや圧倒的です。

売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則
著者:アル ライズ
販売元:東急エージェンシー出版部
発売日:1994-01
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


この22法則を、下記に日本語と英語の両言語で、全部紹介してみます。英語での原文も、韻を踏むところなんかが、とても気が利いた表現になっています。そのまま単語帳カードに転記して、毎日、暗唱したくなる。そしたら、英語とマーケティングと一石二鳥でブラッシュアップできる!そんな感じの22法則です。

こういうフレーズが、英語でのビジネス会議中とかに、パっと口をついて出ると、ネイティブも「おぬし、やるな」という感じるのではないでしょうか。

tabbata at 02:28コメント(1)トラックバック(0) 

2009年04月25日

ダメ会社の不振事業によく見られる50の症状 @V字回復の経営【書評】 はてなブックマーク - ダメ会社の不振事業によく見られる50の症状 @V字回復の経営【書評】

今日は、私にとって「金字塔」かつ「バイブル」的なビジネス書を読み返し、再度、頭にINPUTし直している。

GEのジャック・ウェルチが書いた「ウイニング勝利の経営」も、素晴らしい本なのだが、日本語で書かれたビジネス書の中で、この「V字回復の経営」ほどに「実践的」かつ「実戦的」なものを知らない

とくに危機的な状況に陥った事業の建て直しに取り組む事業責任者の方が、この本を読んでないようでは、それだけで真剣味に疑問符を付けられてもおかしくない、そんな本なのだ。

ちょうど1年ほど前に、この本に出会ったとき、手にとって数ページをめくり、読みだしだけで、興奮にツバをゴクリと飲みこんだものだ。私は、あまり本に書き込みをしながら読む習慣はないのだが、この本については、ラインマーカーが、そこかしこに引かれることとなった。

そして、去年の夏に、ライブドアのメディア事業部の幹部合宿を行った際には、事前の課題図書として、開発エンジニア陣まで含め、この本を配り、各人に「質問アンケート」を渡し、それに答えて貰いつつ、読んでもらうことにまでなった。問題意識を共有し、合宿当日に、深く突っ込んだ議論を高密度で行うために、非常に有用だったことは、言うまでも無い。

V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)
著者:三枝 匡
販売元:日本経済新聞社
発売日:2006-04
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

出版社 / 著者からの内容紹介「2年で黒字化できなければ、退任します」――。自ら退路を断つことで社員の甘えを殺し、皆を巻き込む「戦略」で一気呵成に勝ち戦へ転じる。「V字回復」という言葉を流行らせたベストセラーをいよいよ文庫化。

内容(「BOOK」データベースより)
「2年で黒字化できなければ、退任します」―。戦略的なアプローチと覚悟(高い志)を武器に不振事業再建に取り組む黒岩莞太は、社内の甘えを断ち切り、業績を回復させることができるか。実際に行われた組織変革を題材に、迫真のストーリーで企業再生のカギを説いたベストセラー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
三枝 匡
1967年一橋大学経営学部卒業後、三井石油化学を経てボストン・コンサルティング・グループ勤務。75年スタンフォード大学でMBA取得後、30代から経営の実践に転じ、赤字会社再建やベンチャー投資など三社の代表取締役を歴任。86年、株式会社三枝匡事務所を設立。上場会社ないし同等規模の企業を対象に不振の事業部・子会社の再建支援を行うターンアラウンドスペシャリストとして活動する他、数社の社外取締役や監査役なども務めていた。現在、株式会社ミスミグループ本社(東証一部上場)代表取締役・CEO。一橋大学大学院客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
その後は、イントラのブログで、全社員に紹介し、『一般社員で「V字回復の経営」を読みたい人は、私がポケットマネーで書籍代を持ちます!!』とまで、言い切って社内に紹介し、実際に何人もの社員が、この本を読んでくれた。

tabbata at 21:05コメント(2)トラックバック(5) 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ