コンデナスト

2010年05月29日

【告知】〜iPad登場後の出版社のデジタル戦略を考える〜 iPadにいち早く対応したコンデナストの真意と今後の展望 はてなブックマーク - 【告知】〜iPad登場後の出版社のデジタル戦略を考える〜 iPadにいち早く対応したコンデナストの真意と今後の展望

もはやこのブログもただの告知ツールになってますが、6月半ばに表題の件で、アカデミーヒルズにて、News2Uの神原さんがホスト役になっているセミナーにて、話をさせて貰います。
〜iPad登場後の出版社のデジタル戦略を考える〜
iPadにいち早く対応したコンデナストの真意と今後の展望

日時 2010年06月16日 (水) 19:00〜21:00

講座内容

2010年5月28日。ついに日本でもiPadが発売になりました。
書籍/雑誌の販売は、96年をピークに減少しているなか、デジタル化の波が押し寄せています。Amazonのキンドル、そしてこのiPadと、出版業界を取り巻く環境が、いま大きく変化しています。
この変化を、新しいビジネスチャンスととらえるのか、それとも既存のモデルの延長線上にい続けるのか。出版業界の動向に目が離せません。

米国でのiPad発表と同時に、iPad対応の雑誌「wired」を発表し、一早く電子雑誌の世界に名乗り上げたコンデナスト社。当講座では、コンデナストの日本におけるデジタル戦略全般を統括する田端カントリーマネージャーにご登壇いただき、コンデナスト社のデジタル戦略についてご紹介いただきます。

田端氏は、リクルートで「R-25」の創刊に関わった後、ライブドアのメディア事業部を統括。独自の戦略でニュースやブログなどのコンテンツに取り組み、また事業再生を推進。この5月1日にコンデネット・ジェーピーのカントリーマネージャーに就任されました。
出版、そして大手ポータルでの経験をベースに、どのような形でデジタル化を推進していくのか。また、改めて出版業界に戻った理由や既存の出版業界の課題などについても率直なご意見をご披露いただく予定です。

出版ビジネスはもちろん、既存のビジネスモデルからの転換を迫られている業界にいらっしゃる方、iPadで実現できる最新のクリエイティブやその可能性について関心のあるビジネスパーソンにおすすめの講座です。

講義項目(予定)
・コンデナストの紹介
・コンデナスト・ジャパンのデジタル戦略
・iPadへの取り組みの紹介
・日米での出版業界のビジネスモデルの違いについて
・質疑応答

(プレゼン60分、対談40分、質疑応答20分)
お申し込みはコチラ!

tabbata at 19:50コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月09日

田端インタビュー@AERA =「R25」、LD立役者 電子書籍に挑戦 ファッション誌変えるのは全身ユニクロ男 はてなブックマーク - 田端インタビュー@AERA =「R25」、LD立役者 電子書籍に挑戦 ファッション誌変えるのは全身ユニクロ男

2週間ほど旅行に行っておりましてご無沙汰でした。
ところで、明日 5月10日は、コンデナストに正式入社しての初出社にあたります。

そんな記念すべき日に、ちょうど、AERA大鹿さんにインタビュー頂いた私の記事が掲載されるようです。(私もインタビュー後は原稿見せてもらってませんから、下記の最新号告知で掲載しりました。)

「R25」、LD立役者 電子書籍に挑戦 ファッション誌変えるのは全身ユニクロ男

aera

編集部 大鹿靖明

東京・恵比寿のリキッドルームは、アンダーグラウンドなミュージシャンが出演するライブハウスとして知られる。だが、4月13日の夜、ここでスポットライトを浴びた男は、ロッカーではなかった。

田端信太郎。34歳。ライブドアのブログメディア事業開発室長である。

178センチのがっしりした体躯の彼が吐き出す言葉は、往年のパンクロッカーのように刺激的で挑発的だった。

「既存メディアは中高年が書いて中高年が読む老人メディアになっています。報道ステーションの古館さんの隣で他人事風に模範解答のコメントをしてもいかがかと思いまして。ガチンコの本音の正論をたたかわせられないか、と」

田端ら斯界の有名人3人が登壇するイベントだった。田端がここで紹介したのは、「ブロゴス」というライブドアがつくったブログの言論空間についてだった。「読むべきブログ、見つかる 分かる」とうたい、菅直人副総理や池田信夫・上武大大学院教授ら約200人のブログの中から、ライブドアの編集担当者が厳選したものが日々掲載されている。「論座」「諸君!」など雑誌の休刊が相次ぐなか、開設されてまだ半年のブロゴスは月間500万ページビューに達した。

ブログの大多数は私的な生活をつづったものだ。しかし、専門家が趣味で開設したブログは、凡百の解説記事を凌駕するものがある。そこで膨大なブログを選別する編集者をおいてみた。砂の中から金を拾う作業である。

「新聞を読み比べるよりクオリティーが高い、とご評価いただいています。都心にオフィスを構え、人を雇っているマスメディアが、採算度外視で趣味でやっている人と、これからどう戦っていけばいいのか」

サーフィンを愛する田端は、メディアの新しい波の先端に立ち続けてきた。高校時代からマックをいじる一方、「ロッキング・オン」や「ブルータス」など、大の雑誌好きだった。慶応大卒業後、NTTデータをへて2001年にリクルートに入り、社内の企画コンペで彼が提案したのが、後のフリーマガジン「R25」になったーー。

【元記事】


「全身ユニクロ男」のは、まぁ、そういうときもあるよ、というくらいなんですけがね(笑)・・・。どうか今後とも宜しくお願いします。

大鹿さんは、下記の本などを書かれている、ライブドア・ウォッチャーとして最高峰のAERAの名物記者さんですね。
ヒルズ黙示録・最終章 (朝日新書)

ヒルズ黙示録・最終章 (朝日新書)
著者:大鹿 靖明
販売元:朝日新聞社
発売日:2006-11
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


ヒルズ黙示録 検証・ライブドア (朝日文庫)ヒルズ黙示録 検証・ライブドア (朝日文庫)
著者:大鹿 靖明
販売元:朝日新聞出版
発売日:2008-09-05
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


tabbata at 19:43コメント(1)トラックバック(0) 

2010年04月10日

「世界で最も有名な求人広告」を知っていますか? はてなブックマーク - 「世界で最も有名な求人広告」を知っていますか?

ところで、皆さん、「世界で最も有名な求人広告」ってなんだか知ってますか?

それは、第一次大戦中に、南極大陸の横断隊を英国が組織しようとし、隊長のシャクルトンが自ら、文案を考えて、ロンドンの新聞に掲載した以下の求人広告だとされています。
Men Wanted:
For hazardous journey. Small wages, bitter cold, long months of complete darkness, constant danger, safe return doubtful. Honour and recognition in case of success.

求む男子:
危険な旅。僅かな報酬、極寒、暗闇の長い日々、不断の危険、安全な帰還の保証無し。 成功の際には名誉と賞賛を得る。
どうでしょう?。この簡潔ながらも、仕事の中身、やり甲斐をビシっと伝えるという意味で、非常によく出来た求人広告ですよね。

この短い文章に心を動かされたのか、5000人が応募し、200倍の倍率となった選考を経て、25人が合格したそうです。そして、その後のシャクルトン隊の劇的な運命は、映画や本に何度もなっています

心意気としては、シャクルトン隊長のような心境で、引き続き、VOGUE.COM(コンデナスト・デジタル)でDigital広告営業を募集中です。「スケダチ」の高広さんからも以下のようなコメントをTwitter上で頂きました!

takahiro

田端と一緒に、仕事をしたい方、新しいメディアを立ち上げるという探検の旅に出たい方を募集中です。

今回、Digital広告営業を募集する背景
コンデナストはVOGUE、GQといった優良なブランドとコンテンツを数多く持つ雑誌出版会社です。インターネットの普及やiPhoneに代表されるスマートフォン、さらにiPadの登場によりこれまでの雑誌ビジネスが大きな転機を向かえています。既存のWEBサイトや、新しいデジタルプラットフォームに対応するだけでなく、雑誌とデジタルを融合させた新しいプレミアムオンラインメディアの立ち上げ等も視野に入れた、Digital広告ビジネスを推進していく、若手営業スタッフを募集します。


tabbata at 12:19コメント(3)トラックバック(0) 

2008年11月17日

田端 信太郎/Tabata Shintaro のプロフィールです はてなブックマーク - 田端 信太郎/Tabata Shintaro のプロフィールです

Shintaro Tabata's profile in English is here!@LinkedIn
tabata_avatar
田端信太郎 TABATA SHINTARO 1975年10月25日 石川県小松市生まれ 36歳。

【経歴】

2010年5月 コンデ・ネット・ジェイピー(コンデナスト・デジタル) 入社 カントリーマネージャー就任。VOGUE.COMなどのネットビジネス、およびiPad向けのVOGUE/GQなどのデジタルマガジンの事業開発を統括。株式会社ライブドア ブログメディア事業開発室長は引き続き、非常勤にて拝命

2005年4月 株式会社ライブドアに入社
企画グループマネジャーとして、ライブドアニュース、スポーツなどのコンテンツの統括を経て 2007年4月に執行役員 就任 2008年4月に執行役員 メディア事業部長に就任。ポータル、ニュース、ブログなど広告を主な収入源にするメディア事業部を統括。 ライブドア事件後の事業ビジョンの再定義しながら、ポータルやブログ事業の黒字化のために、広告メディアとしてのポジショニング確立と、不採算部門のリストラも担当。

経営再生後は、多数の著名政治家、評論家、有名ブロガーらのブログを集約したオピニオンサイトである「BLOGOS」、ブログを活用したターゲット・セグメント・メディアとして、「Techwave」や「MarketHack」を立ち上げるなど、ブログを活用した新規開発プロジェクトなどをリード。

2001年 株式会社リクルートに入社 
次世代事業開発室にてベンチャー企業への投資・提携・スクリーニング活動、および全社のネット事業推進の前提となる戦略立案、事業提携や投資案件に関してのスクリーニングや、既存投資先企業へのモニタリング業務も行う。 その後、フリーマガジン「R25」の源流となるプロジェクトを自ら社内の新規事業提案コンテスト(RING)で起案し、準グランプリを受賞。創刊に向けて、ビジネスプラン策定・媒体コンセプトの策定、広告代理店との折衝を行い、R25創刊後は、広告営業責任者として、ナショナルクライアント開拓の営業活動を行う。 リクルート社内の新規事業提案コンテスト(RING)において、R25以外にも、医療機関を対象にしたマッチングサービス、 アクティブシニアを対象にしたライフスタイルサービスも提案、2002年〜4年まで3年連続で新規事業提案コンテスト(RING)に入賞。

1999年 株式会社NTTデータに入社
産業システム事業本部 メディア企画営業担当にてBS・CSデジタル放送の事業者(スカパー、キー局系BS各局)に対して、ペイパービューやデジタルテレビ向け双方向サービスのシステム提案。その後、各局から受注。NTTグループと、各キー局での共同出資による、事業会社の設立にあたってのビジネスプラン作成なども行う。

1999年3月 慶應義塾大学 経済学部卒業以前の 大学時代には、株式会社コスモインタラクティブにて、SONY VAIOや日経BP、MTVJAPANのウェブサイトなどの制作を業務委託で担当。 

==講演/パネルディスカッションなど Public Speaking活動の紹介==
  • マスメディアン主催 〜次世代ネット広告がもたらす「破壊」と「創造」〜何が、ライブドアの「再生」をもたらしたのか?〜

  • 2011年度 民主党 兵庫県連 青年局 主催 「ソーシャルメディアと政治」勉強会
  • 2011年度開講 東京大学大学院 情報学環 小林弘人氏開講 実践メディア産業論 ゲスト講師
===============

著書:博報堂ケトル嶋氏が主催した特別講座 「編集の学校」での講義内容を収録した書籍として以下があります。

ブランド「メディア」のつくり方―人が動く ものが売れる編集術ブランド「メディア」のつくり方―人が動く ものが売れる編集術
誠文堂新光社(2010-10)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

また、隔月刊の雑誌リバティーンズ 「世界とカルチャーはITでまわる」にて連載対談中。
リバティーンズ マガジン No.1リバティーンズ マガジン No.1
著者:坂本 美雨
太田出版(2010-05-11)
おすすめ度:2.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
リバティーンズ マガジン No.2リバティーンズ マガジン No.2
著者:岡田 利規
太田出版(2010-07-10)
おすすめ度:1.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
リバティーンズ マガジン No.3リバティーンズ マガジン No.3
著者:坂本 美雨
太田出版(2010-09-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


tabbata at 14:57コメント(2)トラックバック(0) 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ