フリーマガジン

2009年11月21日

「無料」だからこそ「最高品質」になりえる<無料>の逆説 【書評】フリー <無料からお金を生み出す新戦略> はてなブックマーク - 「無料」だからこそ「最高品質」になりえる<無料>の逆説 【書評】フリー <無料からお金を生み出す新戦略>

「安かろう。悪かろう」という言葉がある。一般人の生活実感に深く根ざした言葉である。

「値段が安い」ものは「品質が悪い」、(あるいは、悪くても仕方がない)という、身も蓋もない、当たり前の事象を切り取った言い回しであり、「安かろう。悪かろう」については、いろんな場面で「ま、そりゃ、そうだよな。安かろう・悪かろうだよなぁ」という経験を皆さんも、味わったことがあるだろう。

しかし、今現在「安かろう。悪かろう」が全く当てはまらない「経済圏」がどんどん広がっている。どこの世界の話なのか、私のブログの読者の方なら、言わずもがなだろう。それは、インターネットを主な舞台にしたメディア、ITサービスの領域である。

free

しかも、そこに広がっているのは、単に「安い」どころではない。究極の「安かろう」である「無料」の世界なのだ。世界最高レベルの検索エンジンや、容量無制限のメールサービス、最も項目数の多い百科事典などが、いまや全て「無料」なわけである。

この無料経済の王者といえば、グーグルだ。グーグルを批判する声は、色々あるのだろうが、不思議とグーグルの検索結果について、「タダだから、(その品質)が悪かろう」という声は聞いたことがない。これは、旧来の常識に照らして考えると、けっこう奇妙なことにも思える。

特にネット上に顕著だが、現在では、世界で、「最高レベル」の品質のサービスを受けるのに必要なコストが「無料」になっている、という、一昔前には考えられなかった状況が広がりつつある。

この「無料なのに、かえって高品質という逆説」が成立するナゾを解き明かす本こそが、ネット業界人マストのバズワードとなった「ロングテール」理論の提唱者であるクリス・アンダーソンの新著である「フリー <無料からお金を生み出す新戦略>」だ。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
著者:クリス・アンダーソン
販売元:日本放送出版協会
発売日:2009-11-21
クチコミを見る


内容紹介
「世界的ベストセラー『ロングテール』の著者が描く21世紀の経済モデル」
「〈フリーミアム〉という新しいビジネスモデルを提唱し、ビット世界の無料経済に正面から取り組んだニューヨーク・タイムズ・ベストセラー」

なぜ、一番人気のあるコンテンツを有料にしてはいけないのか?
なぜ、ビット経済では95パーセントをタダにしてもビジネスが可能なのか?

あなたがどの業界にいようとも、〈無料〉との競争が待っている。
それは可能性の問題ではなく、時間の問題だ。
そのときあなたは、創造的にも破壊的にもなり得る
このフリーという過激な価格を味方につけることができるだろうか?

●無料のルール
1.デジタルのものは、遅かれ早かれ無料になる
2.アトムも無料になりたがるが、力強い足取りではない
3.フリーは止まらない
4.フリーからもお金儲けはできる
5.市場を再評価する
6.ゼロにする
7.遅かれ早かれフリーと競いあうことになる
8.ムダを受け入れよう
9.フリーは別のものの価値を高める
10.稀少なものではなく、潤沢なものを管理しよう


ワイアード誌編集長が放つ最新作。世界25か国で刊行!


tabbata at 22:16コメント(0)トラックバック(1) 

2009年02月21日

"「R25」のつくりかた" のつくりかた はてなブックマーク - "「R25」のつくりかた" のつくりかた

R25の創刊前のエピソードが一杯つまった"「R25」のつくりかた" という本が出版された。

この本は、僕にとっては、昔付き合っていた彼女の日記のような存在である。いま読んでると、当時のことが思い出されて、甘酸っぱい気持ちになるw。

著者は創刊前から、今に至るまで、R25を一貫してリードされて来られた藤井大輔さんだ。

「R25」のつくりかた (日経プレミアシリーズ)「R25」のつくりかた (日経プレミアシリーズ)
著者:藤井 大輔
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-02
クチコミを見る


tabbata at 09:40コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月21日

R25の創刊メンバーとして「ex:japon(エクスプレス・ジャポン)」の創刊に一言いっておくか はてなブックマーク - R25の創刊メンバーとして「ex:japon(エクスプレス・ジャポン)」の創刊に一言いっておくか

昨日、リクルートがex:japon(エクスプレス・ジャポン)という、R25より新聞ライクなフリーマガジンを出した、と聞いたので、R25の立ち上げ発起人として、あえて、のエールを一言いわせてもらえば・・・ワンテンポ、遅かったかも・・・と。

(以下は、現物を見てない奴のいうたわごとです・・。東急沿線に住んでないので入手できてません。)

exjapon


tabbata at 01:26コメント(0)トラックバック(0) 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ