フリーミアム

2010年02月28日

「生保のカラクリ」全文を無料で読んで知ろう「お金に愛情を込め過ぎるのは、バカのやることだ!」 はてなブックマーク - 「生保のカラクリ」全文を無料で読んで知ろう「お金に愛情を込め過ぎるのは、バカのやることだ!」

まずは、「愛する人のために・・・」という字幕で始まる最大手生命保険会社のCMをご欄頂きたい。

保険には、ダイヤモンドの輝きもなければ、パソコンの便利さもありません。

けれど、目に見えぬこの商品には、人間の血が通っています。
人間の未来への切ない望みが込められています。

愛情をお金で贖うことはできません。
けれど、お金に愛情を込めることは出来ます。
という谷川俊太郎の言葉で、誠に美しい家族愛の物語が展開されるCMのわけだが、ハッキリ言って、僕はこのCMを見る度に、「嘘つけ!」とジンマシンが出る思いだ。

その理由を説明したいので、まず、下記のデータを見て欲しい。
国民一人当たりが加入している平均の保険金額
  ドイツ:200万円
  イギリス:260万円
  アメリカ:580万円
  日本:1600万円
(1ドル100円での換算:「生命保険のカラクリ」35Pより)
日本人が、いかに高額の生命保険に入り過ぎてているか、よく分かるだろう。

さっきのCMの理屈で言うならば、日本人って、なんて、家族愛に溢れた美しい心の持ち主が多い国民なのでしょうか!

「家族愛オリンピック」や、「家族愛ワールドカップ」なんてのがあったら、日本人はブッチギリで金メダル独占!になるんだろう。だって、お金に込めている愛情の量が世界一なんだもの!

tabbata at 02:26コメント(1)トラックバック(0) 

2009年11月21日

「無料」だからこそ「最高品質」になりえる<無料>の逆説 【書評】フリー <無料からお金を生み出す新戦略> はてなブックマーク - 「無料」だからこそ「最高品質」になりえる<無料>の逆説 【書評】フリー <無料からお金を生み出す新戦略>

「安かろう。悪かろう」という言葉がある。一般人の生活実感に深く根ざした言葉である。

「値段が安い」ものは「品質が悪い」、(あるいは、悪くても仕方がない)という、身も蓋もない、当たり前の事象を切り取った言い回しであり、「安かろう。悪かろう」については、いろんな場面で「ま、そりゃ、そうだよな。安かろう・悪かろうだよなぁ」という経験を皆さんも、味わったことがあるだろう。

しかし、今現在「安かろう。悪かろう」が全く当てはまらない「経済圏」がどんどん広がっている。どこの世界の話なのか、私のブログの読者の方なら、言わずもがなだろう。それは、インターネットを主な舞台にしたメディア、ITサービスの領域である。

free

しかも、そこに広がっているのは、単に「安い」どころではない。究極の「安かろう」である「無料」の世界なのだ。世界最高レベルの検索エンジンや、容量無制限のメールサービス、最も項目数の多い百科事典などが、いまや全て「無料」なわけである。

この無料経済の王者といえば、グーグルだ。グーグルを批判する声は、色々あるのだろうが、不思議とグーグルの検索結果について、「タダだから、(その品質)が悪かろう」という声は聞いたことがない。これは、旧来の常識に照らして考えると、けっこう奇妙なことにも思える。

特にネット上に顕著だが、現在では、世界で、「最高レベル」の品質のサービスを受けるのに必要なコストが「無料」になっている、という、一昔前には考えられなかった状況が広がりつつある。

この「無料なのに、かえって高品質という逆説」が成立するナゾを解き明かす本こそが、ネット業界人マストのバズワードとなった「ロングテール」理論の提唱者であるクリス・アンダーソンの新著である「フリー <無料からお金を生み出す新戦略>」だ。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
著者:クリス・アンダーソン
販売元:日本放送出版協会
発売日:2009-11-21
クチコミを見る


内容紹介
「世界的ベストセラー『ロングテール』の著者が描く21世紀の経済モデル」
「〈フリーミアム〉という新しいビジネスモデルを提唱し、ビット世界の無料経済に正面から取り組んだニューヨーク・タイムズ・ベストセラー」

なぜ、一番人気のあるコンテンツを有料にしてはいけないのか?
なぜ、ビット経済では95パーセントをタダにしてもビジネスが可能なのか?

あなたがどの業界にいようとも、〈無料〉との競争が待っている。
それは可能性の問題ではなく、時間の問題だ。
そのときあなたは、創造的にも破壊的にもなり得る
このフリーという過激な価格を味方につけることができるだろうか?

●無料のルール
1.デジタルのものは、遅かれ早かれ無料になる
2.アトムも無料になりたがるが、力強い足取りではない
3.フリーは止まらない
4.フリーからもお金儲けはできる
5.市場を再評価する
6.ゼロにする
7.遅かれ早かれフリーと競いあうことになる
8.ムダを受け入れよう
9.フリーは別のものの価値を高める
10.稀少なものではなく、潤沢なものを管理しよう


ワイアード誌編集長が放つ最新作。世界25か国で刊行!


tabbata at 22:16コメント(0)トラックバック(1) 

2009年11月13日

FREEMIUM HACKS!! (フリーミアムを攻略せよ) Featuring『 フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略』 はてなブックマーク - FREEMIUM HACKS!! (フリーミアムを攻略せよ) Featuring『 フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略』

ご無沙汰しておりますが、こちらのイベントで話します。

ネットビズは無料を超えられるか? 無料の鐘を鳴らすのは貴方!!

ライフハッカー[日本版]が〈無料〉をテーマにしたイベントを開催!!

新たな地平を開拓するフリー(自由)+プレミアム(特別)なシンポジウムにライフハッカー読者から限定10名様を招待いたします。


FREEMIUM HACKS!! (フリーミアムを攻略せよ)
Featuring『 フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略』
監修・解説=小林弘人
2009年11月20日(金)@青山学院アスタジオ
セカイカメラで有名な頓智ドットのCOOの方も、参加されるようです。

イベントの主題である本「フリー」についても献本を頂いたので、今まさしく読んでいます。

非常に興味深い、「問い」が散りばめられた本です。
やはり、クリス・アンダーソンは、広く世の中に訴えかける問題提起・仮説構築のセンスが抜群だな、と感心させられます。

「ロングテール」に続いて、この「無料経済」というタームも、メディア・ネット業界人にとってはマストな概念のコンセプトになりそうです。

中でもこの「フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略」の後半に登場する「お金によるインセンティブが支配しない世界では、何が、人間の行動を支配するようになるのか?」は、私が漠然とずっと気になるなあ、と思っていた問いでもあります。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
著者:クリス・アンダーソン
販売元:日本放送出版協会
発売日:2009-11-21
クチコミを見る


10名限定のようですが、イベントでお会い出来れば・・と思います。

tabbata at 12:41コメント(2)トラックバック(0) 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ