勝間和代

2009年09月15日

勝間さんが、Twitter上で、私のブログ記事を紹介してくれました はてなブックマーク - 勝間さんが、Twitter上で、私のブログ記事を紹介してくれました

昨日の私のブログ記事「勝間和代でなく、高城剛を目指すべきかも 〜「サバイバル時代の海外旅行術」を読んで思う」を、なんと勝間さん自らがTwitterで紹介してくれました。


kazuyo


記念にもう一個、高城剛の「サバイバル時代の海外旅行術」から、私のググっときた一節を抜書きしておきます。169Pよりの引用です。
ブログが花開く21世紀の新しいメディア社会は、いわば自らをメディア化することが、次へと繋がる最良の道でもあるのだと思います。

会社などの巨大組織がその拠点を動かすのは物理的にも時間的にも無理がありますが、個人はいつでもどこでも動ける時代です。次の時代を生き抜くために、巨大組織がすぐにできないことを個人がやればいいのです。

個々人の目指すゴールのひとつは、生活の豊かにする、日々を楽しく過ごすことだと思います。それは人生の「質」を高めることを意味します。そのためのコミュニケーション能力や経験値の向上、危機管理能力があり、それらを試され、同時に向上させるきっかけとなるのがまさに旅なのです。

したがって旅の達人になるということは、人生の達人になるということを意味するのです。
どうでしょうか。ブログを書きまくりながら、旅に出てみたいもんだねぇ・・。

深夜特急でも読みつつ寝ることにしますw。

サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)
著者:高城剛
販売元:光文社
発売日:2009-08-18
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


この本は、まさしく「ブログ×世界旅行」ですね。まだ読んでないけど・・。

わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?
著者:伊藤春香(はあちゅう)
販売元:ポプラ社
発売日:2009-08-22
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


tabbata at 00:58コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月01日

「英語のシャワー」どころでなく「英語の滝」に打たれてみる 〜村上春樹好きのための英語学習法 はてなブックマーク - 「英語のシャワー」どころでなく「英語の滝」に打たれてみる 〜村上春樹好きのための英語学習法

いつの間にやら、1年間のGABA通いも終了した。正確ではないが、それなりに通じるようになったと思っている。

最後に俺の英語に関する感想をマネージャー格の講師に聞いたら、一番よいところは「You can speak with confidence.」と言っていた。

それ、confidence じゃなくて、loudnessつまり、俺の声がデカイだけじゃないの?と思ったが、まあ、ヨシとしよう。

語学みたいなものは放っておくとすぐに鈍ってしまう、ある種の「脳の筋トレ」みたいなものなので、何か、続けてやろう、と考えていた。

ここしばらく、世の中が「1Q84だ!」と盛り上がっていた。しかし、私は常に逆張り精神、へそ曲がりスピリットの男。

まあ、あんなものは、後から読めばいいと、「1Q84」には、手を伸ばさず、最愛の村上作品である「ねじまき鳥」を本棚から手にとって、読み返していた。(この本は、結婚して「夫婦」というものを実体験してから読むと、非常に身につまされる。以前には、読めなかった行間が読めてくるのだ。)

そこで、ピンと来たのだ。(頭に電球がついた。)

tabbata at 11:13コメント(2)トラックバック(1) 

2009年06月06日

6月3日のツブヤキ はてなブックマーク - 6月3日のツブヤキ

試しに、Twitterでの私の発言を1日1記事にまとめてブログにもポストしてみます。
面白いと、思うかたは、拍手ボタンでお知らせ願います。

tabbata at 08:40コメント(3)トラックバック(0) 

2009年06月03日

通勤方法に関する勝間和代的なライフハック時間術 はてなブックマーク - 通勤方法に関する勝間和代的なライフハック時間術

本日は、新宿オフィスに直行のため、前から思っていた通勤経路をトライした。

私は豊洲に住んでるので、これまでだと、

自宅⇒徒歩6分⇒豊洲駅⇒有楽町線⇒市ヶ谷で乗り換え⇒都営新宿線⇒新宿三丁目⇒徒歩5分⇒新宿オフィス

という経路だった。ドアツードアで約40分強である。

ただし、これは二つの問題点がある。

 ・イーモバイルやiPhoneユーザーなのに、地下鉄だと圏外なので使えない
 ・座れる可能性があまり高くない。特に都営新宿線

要するに、通勤時間に出来ることは、本を読むか、iPhoneで英会話を聞くくらいである

そこで、今日は、全く別の「あえて時間のかかる」通勤ルートをトライしてみた。

tabbata at 09:54コメント(2)トラックバック(0) 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ