格差社会

2009年04月30日

日本が没落しても、ネットが「場所」を無力化し、東京は清潔なバンコクになる はてなブックマーク - 日本が没落しても、ネットが「場所」を無力化し、東京は清潔なバンコクになる

余りに、ずっと、モヤっと意識の根底にあったことが、身も蓋もなく、言われているので、いっちょ絡んでみたい。
海外で勉強して働こう -On Off and Beyond:
これまでずっとなるべく言わないようにしていたのだが、もう平たく/明快に言うことにしました。
1)日本はもう立ち直れないと思う。
だから、
2)海外で勉強してそのまま海外で働く道を真剣に考えてみて欲しい。

海外で勉強も、仕事もしてもいない自分だが、「リスクシナリオ」として、こういうシナリオにも備えて準備しないといけないな!と、ずっと思っていた。

私がオススメするカンタン、グローバル経済適性チェック

1)皆さん、自分の年収を米ドル建てで計算してください。(1ドル100円の概算でOK)

2)いろんな会社のポストごとの年収や仕事内容が分かるCGMサイト「Glassdoor」で年収の相場を見るなり、海外の求人サイトで自分が応募できそうな仕事で、貰えそうな年収を調べてください。

1)で調べたドル建て年収が、2)を上回れた人、いらっしゃいますか?

tabbata at 07:24コメント(0)トラックバック(0) 

2008年12月18日

宝くじは「無知への罰金」じゃないでしょうか はてなブックマーク - 宝くじは「無知への罰金」じゃないでしょうか

西銀座チャンスセンターの前をタクシーで、通りかかかったら、年末ジャンボの宝くじに長蛇の列が出来ていた。

一度、忘年会の景品用に、あそこで並んで宝くじを買ったことがあるのだが、あまりに長時間待たされるから、倒れて気分が悪くなる御老人も出てしまうなど、平日の昼間から、数百人規模の大人が、こんなもんを買うために、並んでるのか、とかなりカルチャーショックを受けた。

確率的に計算すれば、期待値が、50%にも行かないような商品 140円の価値しかないのに、300円の値段がするものを、年末の忙しいときに、わざわざ、何十分も、並んで買うというのは、私には、信じられない狂気の沙汰に思える。

さらに言えば、宝くじを買うのは一発逆転を狙う低所得の人が多いらしいから、はっきり言ってあれは、「低所得者を狙い打ちする税金」「確率の計算ができない無知な人を狙い打ちする罰金」的な面もかなりあると思うのだが、そういう側面からの報道は、全く報道されませんな・・・。

まあ、買う人の勝手ですし、自由な社会では、他者の愚行権というものが尊重されるべきだと私は思うので。これはあくまで私の感想ですが。

年末に銀座で、あの長蛇の列を見るたびに、世の中は、自分と同じ価値観の人だけで、動いているわけじゃないのだな〜、と痛感させられる風物詩です。自分マーケティングは反省!

しかも、こんなネットビジネスまであるのですね。あの行列を見て、「ヒマだなー」と思ってただけの自分はまだまだですね。、こういう商売を考え付くぐらいのセンスを持たねば・・。

tabbata at 08:48コメント(0)トラックバック(0) 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ