英会話

2009年05月13日

東京で生活しながら英会話力を最大限に高める方法を求む はてなブックマーク - 東京で生活しながら英会話力を最大限に高める方法を求む

訓練給付金対象のGABAの75回レッスンが、あと数レッスンで終わります・・。

・ネットからの予約システムが、とてもよく出来ていて日程調整しやすい

・会社から大変近い(徒歩1分)

・講師も、ネットからプロフィール見つつ、自由に指名できるので、話の合う人を気兼ねなく選べる

などあって、概ね、私の満足度は高かったです。何よりいいことは、大枚をはたいたこともあって、英語を話す機会を捉える積極性が格段に向上したように思います。(それに、自分が言ったことで、欧米人が笑う顔を見れるのはいいですね。キャバクラでモテた気になってる勘違いオトコみたいなもんかもしれませんが・・)

具体的には、カンファレンスで、欧米人のプレゼンの後に、英語で質問する、といったくらいから、築地なんかで困っている外人がいたら、「May I help you」(笑)で話しかけてみる、とか、そういう積極性が出てきたました。「カネかけたから、元を取ったる!」精神です。

いつも、2人くらいの講師を氏名していて、(片方は、スウェーデン人の上品な政府高官の息子でケンブリッジに留学してたようなコスモポリタン、片方はアラブ系アメリカ人で、数学科卒の株キチガイのデイトレーダー)、その二人とは、かなりツーカーなので、初対面の人が、客観的にみて、どうか?という観点からチェックをしてもらいました。

黒人で元海兵隊のようなゴッツい講師と初対面し、チェックをしてもらいました。

・冠詞が抜ける(a/the)
・時制の不一致
・話す語順が不自然
・RとL、SとSh あたりの発音の区別がダメ

上記のようなレベルの割りに、ボキャブラリーは多い
(え、こいつこんな難しい単語使うの?みたいな単語がときおり混じる、そうです・・。具体的には「adjacent」など・・これ、そんな感心されるような単語かなぁ、語彙力以外が低いから相対的にそう見えるんだろうな・・きっと)

ま、いつも言われていることですね。別の講師のアセスメントのときに「オマエは、ときどき早口過ぎる。電話口でトレーダーが怒鳴っているような。」と言われたときは、苦笑したなあ。それは日本語でもそうなんだよ、と言いましたが。

一対一で短時間、対面で話す状況なら、あんたは、何をいってるかは大体、理解できるからいいけど、特に、不特定多数のネイティブの前で長時間、話すようなシチュエーションでは、上記のような英語では、聞いてる側の「頭を疲れさせる」ので、次第に、聞く興味を失ってしまう、ということだそうです。

文法的な小さなミスの集積が、「曖昧さ」「意味の揺れ」を招くので、クリアーかつ効果的に言いたい事を伝えるには、やはり、上記のようなミスを「概ね、通じるからいいじゃん!」で、居直っていてはいかん、と力説されました。(ま、継続のための営業ポジショントークですからねぇ。)

そんなんネイティブじゃないから、仕方ないヤン・・。一生、治らんよ!と居直りたいところですが、しかしながら、コンプレックスを付かれるので、「ごもっとも!」な部分もありますなあ、と帰り道に考え込んでしまいました。

GABAはどれくらいのレッスンをマトメ買いするか、にもよるんですが、1レッスンだいたい6000円弱〜7000円程度です。

ろくに通わないスポーツジムに月1万2000円とか払うくらいなら、通わないと、レッスンポイントが減るわけじゃないし、週一で通ったら、月2万5000円くらいだから、「頭と口のスポーツジム」と思って、通い続けようかなぁ、、とか、もや〜ん、、と迷ってます。

東京で生活しながら英会話力を最大限に高める方法ってなんですかねえ・・・。

いい方法を知ってる、という方、お知らせください。

tabbata at 08:41コメント(5)トラックバック(0) 

2009年04月13日

「キンタマが潰れるほど、ツラい仕事をさせる上司」を表す英単語 はてなブックマーク - 「キンタマが潰れるほど、ツラい仕事をさせる上司」を表す英単語

英語力アップのためにも、最新ネット事情を入手するためにも、英語のブログ、CGMサイトの一般ユーザーからのコメントなどを出来るだけ沢山、読むようにしています。

そうすると、ある種のスラングっちゅうか、切れば血が出るようなライブ感あふれるフレーズに遭遇することがあります。でも、マジメなテキストや教科書には絶対に載ってないような表現です。

先日、あるUSのCGMサイトで超有名ネット企業のCEOのことを指して
「He is a really ballbuster.」という文章がありました。私は、意味が分からず、「ハテ?」と目が留まってしまいました。。

Ballといえば、要するに野球のボールとか、つまり球体のことですね。

Bustというのは「破裂する」という意味です・・。単語的には両方ともそんなにムズかしくない。

ballbuster??ボールを破裂させる奴?うーん、なんだろ、カンシャク持ちの瞬間湯沸かし器みたいなCEOということかな?でも、どうにも文脈に収まりが悪い・・と思い、英辞郎を引いてみたら、出てきた内容に、大爆笑しました。
Ballbuster
《名-1》〈卑俗〉〔きんたまがつぶれるほど〕つらい[過酷な]仕事(をさせる人),《名-2》〈卑俗〉威嚇的な女性
つまり、Ballbusterとは、「キンタマが潰れるほど、ツラい仕事をさせる、人使いの荒い上司」のことを表すスラング英単語だったのですね・・。

その発想は、無かったわ〜〜。あえて日本語に直訳すると「タマ潰し」w。2番目の意味として「威嚇的な女性」という意味もありますから、これで女性のボスだったら、完璧にハマるフレーズですね。


こういう感じで、私を大爆笑させた英語フレーズが、もう一つあります。
When the shit hits the fan,
です。

これ、どういう意味か分かりますか?


直訳すると、「ウンコ(Shit)がファン(fan:扇風機)に当たった(hit)とき」というのが、この「When the shit hits the fan」の意味するところになります。実際には、どういう場面で使われる表現なのでしょう・・・?

tabbata at 05:45コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月31日

30歳過ぎから英会話・・・ マンツーマンレッスンは練習試合だ はてなブックマーク - 30歳過ぎから英会話・・・ マンツーマンレッスンは練習試合だ

私は、去年の7月から、週1〜2回ぐらいのペースでマンツーマン英会話(GABA)に通っている。

1年以内に全75レッスン(1レッスン40分単位)通うコースで、57万円。(教育訓練給付金対象なので、修了後に10万円バック予定) GABAに通うかどうか、迷っているころに丁度、下記のエントリーを読み、「ホントにその通りだよなぁ」と思っていた。今でも、下記のエントリーには、概ね同意する。

30歳からのビジネス英語 英会話学校に通うなんてやめなさい-Casual Thoughts
同年代の友人で私と同じように英語力の強化に必要性を感じ、英会話学校に通っている人間が最近すごく増えている。が、ぶっちゃけ、英会話学校に通うことによってビジネス英語が身についたという話は殆ど聞かない。また、今の職場には英語が私よりずっと流暢な人が沢山いるが、英会話学校への通学がきっかけとなって話せるようになったという人は殆どみない。

しかし、今、通ってみたことを後悔する気持ちは全くない。非常に、迷いながらも、決心して、通いだしてよかったと思う。そろそろ私のGABA通いも終盤戦なので、私なりにマンツーマン英会話の功罪について、書いてみたい。

tabbata at 01:53コメント(0)トラックバック(0) 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ