WIRED

2012年02月01日

スマホ・ブームにはアプリと、最適化ウェブの二正面作戦で臨め はてなブックマーク - スマホ・ブームにはアプリと、最適化ウェブの二正面作戦で臨め

宣伝会議の1月1日発売号に寄稿させて頂いたのですが、もう書店の店頭からも消えたろう、ということでOKをもらったので、そちらの内容をブログにも転載します。 かなり基本で「当たり前」な内容なのですが、お目汚しを。
======================

スマホ・ブームにはアプリと、最適化ウェブの二正面作戦で臨め
今年はスマートフォンがギーク層でなく、普通の中高年や女性を含むマス層に向けブレイクした、スマートフォンのマス普及元年と言ってよい年だった。年初には「SmartPhone」というどこか縁遠かった存在が、年末には「スマホ」(流行語)という日常的で身近な存在に変わったのである。

そして、スマホの普及に伴い、「アプリ」も注目を集めている。現在、数十万本以上のアプリがiPhoneに投入されているという。筆者の所属するコンデナストのような大手メディア企業のみならず、マクドナルドやピザーラといった広告主自身も次々と、スマホ向けのアプリを投入している。

このような「アプリ」ブームをどう考えるべきだろうか。一過性のブームなのだろうか。それとも大きな構造トレンドなのか。筆者は、スマホのアプリを巡っては、より大きな視点から俯瞰してとらえる認識が欠かせないと思っている。ただいま、デジタルメディアの世界では、二つの大きな「世界観」の間でのバトルが進行中であり、「アプリ」という存在は、その戦いに影響を与えている「新勢力」という認識だ。

ウェブは死んだ?/Web is dead的なネット利用が浸透中
『WIRED』 US版2010年9月号に「ウェブは死んだ」(Web is dead)という刺激的な特集が掲載された。その内容の一部を引用すると(傍線による強調は筆者)。

「朝起きて、あなたはベッドサイドのiPadで電子メールをチェックする。それで1アプリ利用だ。

朝食をとりながら、フェイスブックやツイッター、「ニューヨーク・タイムズ」のデジタル版を見る。3アプリ追加。
通勤途中でスマートフォンのポッドキャストを聴いて、1アプリ。仕事中はRSSを使い、SkypeやIM(インスタント・メッセンジャー)で話をし、さらにアプリを利用する。

帰宅してから、夕食を作りながらPandraを聴き、食後はXbox Liveでゲームをし、Netfl ix の動画配信サービスで映画を見る。

このようにあなたは一日中インターネットを使っているが、ウェブは利用していない。そうしているのはあなただけではない。」    

 500x_wiredlong2WIRED 2010年9月号より引用


tabbata at 07:30コメント(0)トラックバック(0) 

2011年06月04日

WIRED日本版のウェブサイト:「WIRED.jp」がプレオープンしました はてなブックマーク - WIRED日本版のウェブサイト:「WIRED.jp」がプレオープンしました

去年の秋口から、日本版『WIRED』のオープンに向けて、もろもろ準備を進めてきましたが、ようやく、ウェブサイト「WIRED.jp」を昨日、OPENさせることができました。

wired

10日には、雑誌としての日本版『WIRED』も、発売になります。

WIRED (ワイアード) VOL.1 (GQ JAPAN2011年7月号増刊)
WIRED (ワイアード) VOL.1 (GQ JAPAN2011年7月号増刊)
クチコミを見る


思えば、私がこういったインターネット、デジタルメディアの業界に身を置く引き金となったのは、1994年、まだ大学に入ったばかりのころ、日吉の図書館で、なぜか、創刊まもないコバヘンさんが編集長をなさっていた『WIRED』に出会い、まさしく、「感電」したような衝撃を受けたことが強烈な原体験でした。私は、WIREDにかぶれ、まさしく、GET WIREDするために、秋葉原でMacintosh LC630と14.4Kbpsのモデムを買い、BEKKOAMEとISP契約をしたのでした・・・。 その後は、ネットにどっぷり、と浸かり、私の生活の優先順位は様変わりしたものでした。

そんな身としては、今回のWIRED復活のプロセスに関われたことを大変に誇りに思っています。
まだまだ、旅は始まったばかりですが、どうか、皆様、宜しくお願いします。



tabbata at 15:00コメント(0)トラックバック(0) 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ