adtech

2009年09月08日

「ブログ・マネタイズ・セッション」@adtech tokyoの詳細な紹介記事 はてなブックマーク - 「ブログ・マネタイズ・セッション」@adtech tokyoの詳細な紹介記事

私がスピーカーとして参加させてもらった、アドテック東京でのブログマネタイジングのセッションについて、これ以上、詳しくかつ正確な記事はない!と断言できる、レポート記事が上がりました。

CNetの鳴海さんの冴え渡る筆が、会場で行われたスリリングな議論を再現しています!当事者の私が言うのだから、間違いなしです!

ご興味のある方はぜひ!
yarase

tabbata at 21:09コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月02日

今日はadtech tokyo!14時30分〜の「ブログマネタイジング」で話します。 はてなブックマーク - 今日はadtech tokyo!14時30分〜の「ブログマネタイジング」で話します。

logo_adtech_tokyo

会場にいらっしゃる方、聞きにきて頂ければ幸いです。

tabbata at 08:28コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月06日

クロスメディアでの広告媒体配分はゴルフ場でのクラブ選択だ! はてなブックマーク - クロスメディアでの広告媒体配分はゴルフ場でのクラブ選択だ!

adtech tokyoに向け、夏の復習エントリーを載せたいと思います。

アホなことばかり、Twitetrで書いていると、Speakerとしての適格性が疑われても困りますから(笑)

ちなみに、私のスピーカーコードは「SP100359」です。このコードでadtech tokyoに登録を申し込むと、参加料が20%割引になりますから、ぜひお使いください。)


さて、最近、「クロスメディア」という言葉が、広告キャンペーンの手法として、持て囃されるようになって久しいです。

でも、単に売れなくなったマス広告を売るための「抱き合わせ販売」を「クロスメディア」と称し、目新しさのパウダーを振りかけて、陳腐な提案内容を正当化するだけ・・・みたいなプランニングも多いように思います。

広告会社や、広告宣伝部にお勤めのアナタは、なぜ、そもそも、複数の広告ビークルやタッチポイントをポートフォリオ的にMixすることが、キャンペーンの費用対効果を向上させるのか、そもそも論から説明できますか?

たとえば、トータルで、3億円のキャンペーン予算があるとします。2億円をテレビに配分し、5000万円を新聞に、5000万円をネットに配分、というような予算配分が、何ゆえ、そのような比率で、その金額での予算配分に決定されるべきなのか?その必然性をロジカルに説明できますか?

私なりに、脳内で組み立てたモデルに基づく説明をご紹介したいと思います。長文ですが、どうぞよろしく。

(__ここ以下は、以前のエントリーの再掲載です。____)

グーグルやヤフーのような検索連動広告は、費用対効果がいいため急激に伸びている。その逆に、新聞や雑誌は、費用対効果が悪い、と最近、よく言われています。

しかし、ちょっと待ってください。そんなに検索連動広告の費用対効果がいいなら、何ゆえ、広告主は、自社の広告予算の全額を検索連動に割り当てたりしないのでしょうか?

例えば、トヨタは、なぜ、全広告予算を、グーグルのアドワーズに割り当てないのでしょうか?

テレビ局や、広告代理店とのこれまでの付き合いが云々、みたいなことを抜きにして、上記の問いに、ロジカルに答えることは、案外カンタンではないように思います。

tabbata at 08:09コメント(2)トラックバック(2) 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ