iPad

2010年08月13日

アナログ盤がCDに移行したときに起こったこと・・・=VOGUE・GQのストア型アプリリリース はてなブックマーク - アナログ盤がCDに移行したときに起こったこと・・・=VOGUE・GQのストア型アプリリリース

すでに、コンデナストに入社して3カ月。5月末のiPad版デジタル雑誌発売から2カ月です。

iPad版のほうも、まだまだ第一歩を踏み出したばかり。改善点すべき点はやまほどあるのですが、アクセス解析に基づく読者の実行動データの分析で、問題点は、つかめてきました。

やはり考えれば考えるほど、「ウェブ」と「雑誌」って、哲学・思想のレベルで、良い悪いは別にして、違うメディアだなあ、と、痛感しております。

ウェブ=ディレクトリのような階層構造
雑誌=シーケンシャルな直線構造

なんですよね。

アナログレコードがCDになったときに、まだるっこしい展開だと、ピピっと次の曲にすぐに飛ばされてしまうので、サビ頭の構成の曲がポップソングで、一気に増えました。

ことほどさように、鑑賞コンテンツと、流通メディアとの関係は、相互に影響しあうものなんです。

まだまだ正解は分かりませんが、トライ&エラーを積み重ねていくだけです。

さて、そんな中で、VOGUE・GQのストア型アプリをリリースしました。
5月末にiPad版を出して以来のバージョンアップです。

320x480-75



























以下、4点が追加された機能です。

1.ストア化
一つのアプリに統合したので、今後iPad/iPhone上で
新しい号をDLするたびにアイコンが増えていくことがありません

2.ライブラリ機能
購入した月号の一覧表示が可能になりました。

3.サムネイル表示
ひたすらフリックして、ページを繰るしかなかったのが、
サムネイルをスライドし、より直感的な閲覧が可能になりました

4.ブックマーク機能
購入アイテムのお気に入りページを登録・管理できます
---
ブックカテゴリで、VN 30位・GQ 25位と徐々に順位もあがってきました。
皆さん、ぜひDLしてみてください! 意見があればよろしく!

320x480-75


tabbata at 18:23コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月29日

【告知】〜iPad登場後の出版社のデジタル戦略を考える〜 iPadにいち早く対応したコンデナストの真意と今後の展望 はてなブックマーク - 【告知】〜iPad登場後の出版社のデジタル戦略を考える〜 iPadにいち早く対応したコンデナストの真意と今後の展望

もはやこのブログもただの告知ツールになってますが、6月半ばに表題の件で、アカデミーヒルズにて、News2Uの神原さんがホスト役になっているセミナーにて、話をさせて貰います。
〜iPad登場後の出版社のデジタル戦略を考える〜
iPadにいち早く対応したコンデナストの真意と今後の展望

日時 2010年06月16日 (水) 19:00〜21:00

講座内容

2010年5月28日。ついに日本でもiPadが発売になりました。
書籍/雑誌の販売は、96年をピークに減少しているなか、デジタル化の波が押し寄せています。Amazonのキンドル、そしてこのiPadと、出版業界を取り巻く環境が、いま大きく変化しています。
この変化を、新しいビジネスチャンスととらえるのか、それとも既存のモデルの延長線上にい続けるのか。出版業界の動向に目が離せません。

米国でのiPad発表と同時に、iPad対応の雑誌「wired」を発表し、一早く電子雑誌の世界に名乗り上げたコンデナスト社。当講座では、コンデナストの日本におけるデジタル戦略全般を統括する田端カントリーマネージャーにご登壇いただき、コンデナスト社のデジタル戦略についてご紹介いただきます。

田端氏は、リクルートで「R-25」の創刊に関わった後、ライブドアのメディア事業部を統括。独自の戦略でニュースやブログなどのコンテンツに取り組み、また事業再生を推進。この5月1日にコンデネット・ジェーピーのカントリーマネージャーに就任されました。
出版、そして大手ポータルでの経験をベースに、どのような形でデジタル化を推進していくのか。また、改めて出版業界に戻った理由や既存の出版業界の課題などについても率直なご意見をご披露いただく予定です。

出版ビジネスはもちろん、既存のビジネスモデルからの転換を迫られている業界にいらっしゃる方、iPadで実現できる最新のクリエイティブやその可能性について関心のあるビジネスパーソンにおすすめの講座です。

講義項目(予定)
・コンデナストの紹介
・コンデナスト・ジャパンのデジタル戦略
・iPadへの取り組みの紹介
・日米での出版業界のビジネスモデルの違いについて
・質疑応答

(プレゼン60分、対談40分、質疑応答20分)
お申し込みはコチラ!

tabbata at 19:50コメント(0)トラックバック(0) 

田端信太郎、初の単著が発売 MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
MEDIA MAKERS
―社会が動く
「影響力」の正体~
メディアに踊らされずに、
メディアで人を踊らせる方法


Tabata Shintaro@facebook
記事検索
私のオススメ本 ベスト集


LDリーダー購読者数推移


ブックマーク数推移グラフ

  • ライブドアブログ